GJ > 競馬ニュース > 毎日王冠 サリオスは「過剰人気」!?
NEW

JRA毎日王冠(G2)サリオスは「過剰人気」!? 重賞2勝の固め打ちC.ルメールと新コンビで、オッズは「危険水域」突入か

【この記事のキーワード】,

JRA毎日王冠(G2)サリオスは「過剰人気」!? 重賞2勝の固め打ちC.ルメールと新コンビで、オッズは「危険水域」突入かの画像1

 4日、中山競馬場で行われたスプリンターズS(G1)はグランアレグリアが2連勝でG1・3勝目を挙げた。直線で14頭をごぼう抜きにする圧巻のパフォーマンスは、短距離界No.1を印象付けるものだった。

 その一方、同日の中山10R・茨城新聞杯(2勝クラス・芝1800m)はウインカーネリアン(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が優勝。皐月賞(G1)で4着に入った実力を発揮し、今後に弾みをつける結果となった。

 逃げてレースの主導権を握ったウインカーネリアン。1000mの通過タイムが60秒7と、マイペースに落とし込むことに成功した。4コーナーでグレイテストに並びかけられるも、直線は二の脚を繰り出し、もうひと伸びを見せて押し切り勝ち。2着馬に1馬身半差の勝利だったが、着差以上に強い内容と言えるだろう。

 三浦皇成騎手は「ゲートの中でうるさかったのですが、調教で癖をつかんでいたので、良いタイミングでスタートを切れました。ゲートに課題がありますが、力のある馬です」と能力を評価した。

JRA毎日王冠(G2)サリオスは「過剰人気」!? 重賞2勝の固め打ちC.ルメールと新コンビで、オッズは「危険水域」突入かの画像2

 今年の牡馬クラシック組が古馬混合戦を快勝したことで、より注目を集めるのは今週末の毎日王冠(G2)に出走するサリオスだ。

 皐月賞で2着、日本ダービー(G1)で2着と、サリオスがこれまで負けた相手はコントレイルのみ。“3歳牡馬No.2”が古馬の一線級相手にどんなレースを見せるか、多くのファンは楽しみにしているはずだ。

 今回は新コンビのC.ルメール騎手を鞍上に迎え、確勝を期していること間違いない。先週末は土日で重賞2勝を挙げた名手とのコンビ結成も、注目度を上げている要因となっている。

 だが、今年の牡馬クラシック組が低レベルという意見があることを忘れてはならない。

「実は、皐月賞、日本ダービーの出走馬で古馬混合の芝レースを勝ったのはウインカーネリアンが初めてです。これまでに他の馬が5頭出走するも、いずれも人気を裏切って敗れています。

ウインカーネリアンがついに勝ちましたが、中山芝1800mは最も得意としている条件です。しかし、前走は札幌芝2000mで1番人気ながら5着に敗れています。皐月賞4着の実績馬なので、得意条件の2勝クラスは勝って当然。依然として、世代レベルが低い印象は拭いきれませんね」(競馬記者)

 皐月賞15着のラインベックがダートに転向して結果を残しているが、今年のクラシック組は芝レースで苦戦を強いられている。

JRA毎日王冠(G2)サリオスは「過剰人気」!? 重賞2勝の固め打ちC.ルメールと新コンビで、オッズは「危険水域」突入かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは