GJ > 競馬ニュース > 名マイラー・ダイワメジャー
NEW

マイルチャンピオンシップの記憶~歴史に残る名マイラー・ダイワメジャーとアンカツの連覇~

【この記事のキーワード】, ,
daiwameja-.jpg

 数あるJRAのG1レースの中でマイルチャンピオンシップほど多彩な路線の馬が勝利しているレースはないだろう。3200mの天皇賞・春で2着に好走したトーセンラー、2000mの天皇賞・秋を優勝したカンパニー、ダート戦しか勝利実績のなかったアグネスデジタル、スプリンターズステークスを優勝したタイキシャトルやデュランダルなどその実績は多種多彩。マイルチャンピオンシップは各路線で活躍した馬が集結する珍しいレースでもある。

 過去にマイルチャンピオンシップを連覇したのはニホンピロウイナー、ダイタクヘリオス、タイキシャトル、デュランダル、ダイワメジャーの5頭。中でもダイワメジャーはマイルチャンピオンシップ2勝のほか、天皇賞・秋、安田記念、皐月賞とG1レースを5勝、さらに2年連続有馬記念3着、ドバイデューティーフリー3着と国内外のあらゆる条件で活躍し、2年連続でJRA賞の最優秀短距離馬に選ばれた歴史に残る名マイラーだ。

 ダイワメジャーは当時日本競馬を席捲していたサンデーサイレンス産駒で、3歳時は10番人気という低評価で皐月賞を優勝。その時の鞍上は短期免許で来日していたミルコ・デムーロというのも興味深い。しかし同馬は喘鳴症という喉の病気を抱え本来の能力を発揮できない状態にあった。その後当時で成功確率1~2割程度の手術を受けるため3歳暮れに休養に入り、翌4月の復帰戦であるダービー卿CT(G3)を見事勝利。しかしその後はあと一歩の成績が続き5戦して2着3回。特にマイルチャンピオンシップは勝ち馬と同タイムハナ差の2着と惜しい競馬だったが、関係者は復活に自信を深めた。

 そんな同馬を一変させたのがアンカツの愛称で知られる安藤勝己騎手だ。2003年に地方競馬からJRAへ移籍したアンカツは、2004年の日本ダービーをキングカメハメハで優勝するなど絶頂期にいた。そして2006年4月のマイラーズカップ(G2)でダイワメジャーと初コンビを組んで1年ぶりの重賞勝利。そして秋の毎日王冠、天皇賞を連勝して臨んだ第23回マイルチャンピオンシップは、ダンスインザムード、ハットトリック、テレグノシス、ロジック、コートマスターピースといったG1ホースの中で堂々の1番人気に支持され、2着ダンスインザムードをおさえて前年2着の悔しさを晴らす初勝利。

「最後にダンスインザムードが来たけど負ける気はしなかった。本当に強い競馬だったよ」

 と鞍上のアンカツは語り、最強マイラーの地位を不動のものとした。その後年末の有馬記念に出走し3着、翌年はドバイで行われた国際競走のドバイデューティフリーに出走、上位人気で勝利が期待されたが結果はアドマイヤムーンの3着。

マイルチャンピオンシップの記憶~歴史に残る名マイラー・ダイワメジャーとアンカツの連覇~のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安