GJ > 競馬ニュース > 有馬記念 蛯名正義「騎乗」あるか!?
NEW

JRA有馬記念(G1)蛯名正義「騎乗」あるか!? グローリーヴェイズ回避で「滑り込みセーフ」“最後”に残された「復縁」のチャンス?

【この記事のキーワード】, ,

JRA有馬記念(G1)蛯名正義「騎乗」あるか!? グローリーヴェイズ回避で「滑り込みセーフ」最後に残された「復縁」のチャンス?の画像1

 蛯名正義騎手が調教師試験に合格し、来年2月で騎手を引退することが発表された。

 そんな蛯名騎手にとっても、思い出深いであろうレースが暮れの大一番・有馬記念(G1)だ。

 2001年にはマンハッタンカフェで勝利した蛯名騎手。この年はアメリカ同時多発テロが発生し、マンハッタンカフェとアメリカンボス、アメリカ絡みの2頭で決着したことで世相馬券だと話題となった年でもある。

 2007年にはマツリダゴッホで優勝。競走中止となったセントライト記念(G2)以外は4戦3勝の中山巧者が9番人気の低評価を覆した、こちらも印象深い有馬記念だ。

 また、有馬記念の蛯名騎手といえば、その「枠順」が大きな話題ともなった。2014年からテレビでの生中継が実施された有馬記念枠順抽選会。1年目は抽選順が最後となり、大外16番。2年目は逆に抽選順が最初であったが、「1/16」で16番枠を引いてしまっている。

 3度目の正直と挑んだ2016年。この年は最後に残された2つの枠を同時に抽選する形であったが、残された枠は「2番」と「16番」。最後に残ったのはゴールドアクター騎乗の吉田隼人騎手と、マリアライト騎乗の蛯名騎手であった。

 残された「16番枠」に、まだ抽選を行っていない蛯名騎手。場内は騒めき、テレビの前の誰しもが「まさか……」と心の中で呟いたはずだ。しかし、それは現実のものとなる。

 蛯名騎手が開いたクジは「16番」。有馬記念で不利とされる外、しかも大外を3年連続で引いてしまったのは、あまりにも有名な話だ。

 そんな蛯名騎手は、今年の有馬記念でサンアップルトンに騎乗予定。しかし、現在のところ除外対象で、ジョッキー生活最後の騎乗は叶いそうにない。

JRA有馬記念(G1)蛯名正義「騎乗」あるか!? グローリーヴェイズ回避で「滑り込みセーフ」最後に残された「復縁」のチャンス?の画像2

 先日、出否の決まっていなかったグローリーヴェイズの回避が決定し、滑り込みで出走権利を勝ち取りそうなのがラストドラフト(牡4歳、美浦・戸田博文厩舎)だ。

 前走は戸崎圭太騎手が騎乗していたが、ミッキースワローへの騎乗がすでに決定。ラストドラフトの鞍上は、まだ決まっていない。

 戸田厩舎といえば、過去に最も賞金を稼いだ代表馬がフェノーメノ。蛯名騎手が主戦を務めた馬である。この状況に、有馬記念の「名物・男」蛯名騎手の騎乗が期待されるのだが……。

「以前は戸田厩舎の管理馬に多く騎乗していた蛯名騎手ですが、2014年以降は一切の騎乗がありません。新馬、未勝利と2戦連続で騎乗したソールインパクト(ともに2着)で揉めたのが原因とされているようです。蛯名騎手も来年2月に騎手を引退しますし、話が本当であれば最後はラストドラフトの騎乗依頼で復縁してほしいですけどね……」(競馬記者)

 確かに、2014年11月2日天皇賞・秋(G1)以降、戸田厩舎の管理馬へ騎乗していない蛯名騎手。ジョッキー最後の有馬記念となるだけに、このシナリオが“最終草稿”であることを願いたいものだ。

JRA有馬記念(G1)蛯名正義「騎乗」あるか!? グローリーヴェイズ回避で「滑り込みセーフ」“最後”に残された「復縁」のチャンス?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客