GJ > 競馬ニュース > 朝日杯FS「大荒れ」の予感…
NEW

JRA朝日杯FS(G1)「大荒れ」の予感……モントライゼ・レッドベルオーブ・ステラヴェローチェ・ショックアクションの不安要素と逆転の穴馬とは?

JRA朝日杯FS(G1)「大荒れ」の予感……モントライゼ・レッドベルオーブ・ステラヴェローチェ・ショックアクションの不安要素と逆転の穴馬とは?の画像1

 先週の阪神JF(G1)に続き、今週は朝日杯FS(G1)が行われる。昨年は断然人気のサリオスが優勝したが、今年はかなりの混戦模様で人気も割れている。

 この秋のG1レースは、チャンピオンズカップを除きすべて1番人気馬が勝利している。言い換えれば、芝のG1レースはすべて1番人気が勝利しているのだ。しかし今週の朝日杯FSは、そもそもどの馬が1番人気になるのかも読めないほどの混戦。しかも上位人気が予想される4頭の重賞勝ち馬には、それぞれ致命的な不安要素があるのだ。

 ここでは朝日杯FSに出走する4頭の重賞勝ち馬モントライゼ・レッドベルオーブ・ステラヴェローチェ・ショックアクションが持つ不安要素をまとめてみた。そして逆に浮上した注目馬も紹介しているので、ぜひ参考にしていただきたい。


■モントライゼ

 不安要素

・小倉2歳S出走
・マイル以上未経験

 過去10年で小倉2歳Sに出走して朝日杯FSを勝利した馬はいない。小倉2歳Sを勝利した馬であっても全敗である。このローテーションを選択した時点でマイナスというのは酷だが、阪神のマイルG1で勝利するためには、やはり中央場所やマイル路線で経験を積むのが良さそうだ。

 そしてデビュー以来1600m以上が未経験というのも厳しい。過去10年の優勝馬はすべてマイル以上の距離に出走したことがあり、1500m以上で勝利している。これまで1200m・1400m戦しか使っていないモントライゼには大きなマイナス要素だ。


■レッドベルオーブ

 不安要素

・藤原英昭厩舎
・2連続レコードの反動

 藤原英昭厩舎は、これまで日本ダービーなど数々のビッグレースを勝利してきたが、2歳G1レースは未勝利。しかも厩舎開業20年の歴史の中で、2歳G1レースへの出走がわずか6回しかないのだ。これは早い時期から仕上げず、成長を促しながらレースを使っていく厩舎スタイルが反映されていると思われる。逆に言えば、この時点でレッドベルオーブが目一杯の仕上げで出走してくるとは思えない。

 また同馬は前々走の未勝利戦で2歳コースレコードを記録。そして前走のデイリー杯2歳Sでも2歳コースレコードを記録と、2戦連続レコードタイムで走破している。能力の高さを証明していると言えるが、馬体的に未完成の段階でこの反動は気になるところだ。

JRA朝日杯FS(G1)「大荒れ」の予感……モントライゼ・レッドベルオーブ・ステラヴェローチェ・ショックアクションの不安要素と逆転の穴馬とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは