GJ > 競馬ニュース > テンハッピーローズ 福永祐一が懸念材料!?
NEW

JRAフェアリーS(G3)テンハッピーローズ「単勝1.5倍裏切り」福永祐一が懸念材料!? 「2走前」と「9年前」に共通する“失敗”とは……

JRAフェアリーS(G3)テンハッピーローズ「単勝1.5倍裏切り」福永祐一が懸念材料!? 「2走前」と「9年前」に共通する失敗とは……の画像1

 昨年、コントレイルとのコンビで牡馬クラシック三冠を制覇した福永祐一騎手。いまや押しも押されもせぬJRA屈指のジョッキーであることに疑いの余地はない。

 5日の京都金杯(G3)では、2番人気のピースワンパラディに騎乗。勝ったケイデンスコールに足をすくわれる形となったが、ライバルと目されたシュリをうまく内に閉じ込め、2着を確保した。

 3日間開催の今週末は、重賞2鞍に騎乗する。10日のシンザン記念(G3)でピクシーナイト、11日のフェアリーS(G3)ではテンハッピーローズ(牝3歳、栗東・高柳大輔厩舎)で今年初重賞Vを狙う。

 勝利に近いのは後者の方だろう。夏の小倉で新馬戦を快勝後、2戦目のサフラン賞(1勝クラス)では、サトノレイナスと0秒2差の2着に好走。続くアルテミスS(G3)は、田辺裕信騎手が騎乗し、ソダシ、ククナに次ぐ3着に食い込んだ。

 フェアリーSに出走予定の16頭の中で、重賞3着以内の実績があるのはテンハッピーローズだけ。戦ってきた相手関係を考えても頭一つ抜けた存在といえるだろう。ただし、今回と同じトリッキーな中山芝1600mで行われた2走前の福永騎手の手綱さばきを振り返っておかなければならない。

 この時は11頭立ての大外11番枠からの発走だったテンハッピーローズ。五分のスタートを切ったが、行き脚がつかず、後方から3~4番手の位置取りでレースを進めた。このとき終始、テンハッピーローズの後ろをマークするように進んでいたのが勝ったサトノレイナスだった。

 勝負を分けたのは2頭の4角でのコース取り。テンハッピーローズが4角で大外をぶん回したのに対し、直後にいたサトノレイナスはC.ルメール騎手が一瞬空いたスペースに潜り込み、2頭分内に進路を取った。その数秒後、直線を向いた時にはサトノレイナスがテンハッピーローズの2馬身前にいるというまさにルメール騎手の“神騎乗”だった。

「もし2頭の4角のコース取りが逆なら、もっと際どい勝負になっていたでしょう。逆転まであったかもしれません。福永騎手といえば、年末の阪神C(G2)でもインディチャンプに騎乗し、大外をぶん回し、圧倒的な単勝1.5の一番人気を裏切っています。

また、フェアリーSでも9年前(2012年)に1番人気のオメガハートランドに騎乗。終始外を回され、『クビ+ハナ+ハナ』の4着に敗れた苦い経験があります。福永騎手が人気を背負って負けるパターンは直線で前が壁になるシーンも目立ちますが、最近は大外ぶん回しで差し届かないという場面が意外と多いかもしれません」(競馬誌ライター)

 フルゲート16頭がそろった一戦で、福永騎手とテンハッピーローズはどのような競馬を見せてくれるだろうか。

JRAフェアリーS(G3)テンハッピーローズ「単勝1.5倍裏切り」福永祐一が懸念材料!? 「2走前」と「9年前」に共通する“失敗”とは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬