GJ > 競馬ニュース > 「三冠馬の全妹」が待望のオープン入り!
NEW

JRAチーム・アーモンドアイが絶賛する「三冠馬の全妹」が待望のオープン入り! C.ルメール「大きいところを狙える」姉にはなかった名牝の”トレンド”とは

JRAチーム・アーモンドアイが絶賛する「三冠馬の全妹」が待望のオープン入り! C.ルメール「大きいところを狙える」姉にはなかった名牝のトレンドとはの画像1

 23日、中山競馬場で行われた初富士S(3勝クラス)は、1番人気のドナアトラエンテ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。全姉に三冠馬ジェンティルドンナを持つ超良血馬が、待望のオープン入りを果たした。

 14頭立ての芝1800mのレース。大外8枠14番からスタートを決めたドナアトラエンテは、内からハナを主張したオスカールビーとショウナンバビアナを行かせる形の3番手をキープ。レースは大逃げとなったオスカールビーを追いかける形で消耗戦となったが、ゴール前で先頭に躍り出ると、最後はニシノカツナリの追撃を封じてゴールした。

「レース後、騎乗したC.ルメール騎手が『いいスタートでびっくりした』と言えば、国枝栄調教師も『スタートがすべて。良くなってきたよね』と課題のスタートを決められたことが非常に大きかったと思います。

13番人気だったオスカールビーが5着に粘ったように、あわや大逃げが決まるところでしたが、しっかりと動いて前を捕える力強い競馬。ディープインパクト産駒なので重い馬場がどうかと思いましたが、ここでは力が違いましたね」(競馬記者)

 三冠馬ジェンティルドンナの妹として、デビュー戦を単勝1.8倍の人気に応えて快勝したドナアトラエンテだったが、順調さを欠いてクラシックは未出走。キャリア9戦で【4.4.1.0】と未だ馬券圏内を外さないまま、5歳シーズンの始動戦にようやくのオープン入りを果たした。

 国枝調教師が「体が増えて、走る気になっているのはいいよね」と称賛した通り、デビュー戦は418キロだったが、この日は自己最高の468キロ。デビューから50キロも馬体を増やす驚異的な成長力は、姉にはなかった強みだ。

「近年は一昨年の年度代表馬リスグラシューや、G1・4勝のラッキーライラック、昨年グランプリ春秋制覇を成し遂げたクロノジェネシスなど、デビュー当初から大きく馬体を増やして活躍する牝馬が増えています。ドナアトラエンテも血統的なスケールは十分ですし、これら名牝のトレンドに続くかもしれませんね」(同)

 主戦のルメール騎手が「大きいところを狙えるかも」と言えば、国枝調教師も「重賞の1つや2つは取りたい」と、歴史的名牝アーモンドアイを手掛けた名コンビの期待が日に日に高まっているドナアトラエンテ。偉大なる姉の背中を追いかける妹に、いよいよ晴れの大舞台が近づきつつあるようだ。

JRAチーム・アーモンドアイが絶賛する「三冠馬の全妹」が待望のオープン入り! C.ルメール「大きいところを狙える」姉にはなかった名牝の”トレンド”とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客