GJ > 競馬ニュース > ゴールドシップ厩務員「ウマ娘」に夢中!?
NEW

JRAゴールドシップ厩務員「ウマ娘」に夢中!?「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」リアルとゲームの両方で皐月賞(G1)制覇

【この記事のキーワード】,

JRAゴールドシップ厩務員「ウマ娘」に夢中!?「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」リアルとゲームの両方で皐月賞(G1)制覇の画像1

 先月24日にCygamesから「ウマ娘 プリティダービー」がリリースされた。

 同ゲームは実在した競走馬を擬人化したキャラクター「ウマ娘」を育成し、目標として掲げられているレース「トゥインクル・シリーズ」での勝利を目指す育成ゲームである。スペシャルウィーク、サイレンススズカ、トウカイテイオー、メジロマックイーン、オグリキャップなど往年のG1馬をはじめとした実在する競走馬たちを題材にしており、作中でも現実とフィクションが交差する作りとなっている。

 例えば同作でのメインキャラクターとして扱われているスペシャルウィークの育成について見てみると、目標レースは以下のようになっている。「きさらぎ賞で5着以内」→「日本ダービーで5着以内」→「菊花賞で3着以内」→「天皇賞(春)で3着以内」→「ジャパンCで2着以内」→「有馬記念で1着」。これと同馬の実際の成績を比較してみよう。

<スペシャルウィーク競走成績(きさらぎ賞以外GⅠのみ)>
・きさらぎ賞 1着
・日本ダービー 1着
・菊花賞 2着
・ジャパンC 3着
・天皇賞(春) 1着
・宝塚記念 2着
・天皇賞(秋) 1着
・ジャパンC 1着
・有馬記念 2着

 両者を見比べるとわかるように作中の育成目標は実際の競走馬の成績をもとに立てられているのだ。スペシャルウィークが成し遂げることのできなかった有馬記念勝利という目標に向けて「ウマ娘」を育成するという、ゲームファンだけでなく、競馬ファンからしても熱中できる内容となっている。

 そしてこのゲームに熱中しているのは競馬ファンやゲーマーだけではない。ゴールドシップの元担当厩務員として知られ、現在は桜花賞での出走を表明しているソダシの担当厩務員の今浪隆利氏のツイッターがリリース2日後 に更新された。

 そこには「今ウマ娘やってます むずかしい」と投稿されており、その数分後には「本物のゴルシよりむずかしい」とのツイートが投稿され、これには3万3千「いいね」がつくほどの盛り上がりを見せた。

 作中でも、実際のゴールドシップの気性の荒さが色濃く反映されている。

 例えば「こんな時は(トーセン)ジョーダンのやつにキメてえなぁ…挨拶代わりのラリアット…」という言葉でトレーナーを驚かせたり、1着でゴールした時にする両手をひょいと上げるポーズが、現役時に調教時に言うことを聞かずに後ろ足だけで立ち上がるポーズと酷似していたり、と暴れ馬具合は健在だ。

 極めつけに「1着のポーズ」をした後、トレーナーにドロップキックをかますなど、実際のゴールドシップの気分屋な面を知るファンは思わずニヤリとしてしまうだろう。かつて横山典弘騎手が「賢い馬です。試されている感じはしますね」と語っていたが、今浪厩務員をはじめとした多くのユーザーが今度はゲーム内で「試される」ことになり、ネット上では大変な盛り上がりを見せている。

 そしてこれらのツイートを見て、ゲームからゴールドシップを知ったプレイヤーたちも実際の数々のエピソードを知り、面白がるツイートが続々と投稿された。

 そんな遊び心溢れる演出だらけの「ウマ娘」となったゴールドシップ、長距離かつ追込という同ゲームの中でも高い難易度だと噂されている中、「本物のゴルシよりむずかしい」と嘆いていた約2時間後に今浪厩務員のツイートが再度投稿された。

 そこには「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」の文字が。リリースから2日後、世界で初めて現実とゲームの両方で皐月賞に勝利したプレイヤーが現れることとなった。

 多くのG1レースが開催され、毎週目が離せない春がもうそこまできている。競馬ファンの皆さんもレース予想の合間に、ゲームの世界でも「ウマ娘」たちと一緒にG1を勝利する夢を追ってみてはいかがだろうか。

JRAゴールドシップ厩務員「ウマ娘」に夢中!?「ゴルシで皐月賞勝ったぞ」リアルとゲームの両方で皐月賞(G1)制覇のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】