GJ > 競馬ニュース > シゲルピンクルビー「桜花賞直行組」より高い壁!?
NEW

JRAシゲルピンクルビー「桜花賞直行組」より高い壁!? 女王ソダシ、サトノレイナス打倒に立ちはだかるラインクラフトの偉業

【この記事のキーワード】,

JRAシゲルピンクルビー「桜花賞直行組」より高い壁!? 女王ソダシ、サトノレイナス打倒に立ちはだかるラインクラフトの偉業の画像1

 14日、阪神競馬場で行われたフィリーズレビュー(G2)は、和田竜二騎乗の8番人気シゲルピンクルビーが優勝。好スタートから中団内目を進み、直線は馬場の真ん中に持ち出されると鋭い伸び。先に抜け出した2番人気の「九州産の星」ヨカヨカをゴール寸前でクビ差捕らえた。3着には後方から猛然と追い込んだ11番人気のミニーアイルが入り、この3頭が桜花賞(G1)の優先出走権を手にした。

 良馬場で1:20.7の勝ちタイムは、過去10年のフィリーズレビューで最も速く、回復したとはいえ当日昼過ぎまで稍重馬場であった事を考慮すると優秀な時計である。つまり今年のフィリーズレビューは例年とは「一味違う」と考えて差し支えないだろう。

 レース体系が整備され、外厩も当たり前の時代となった近年。有力馬は最高格であるG1レースにあらゆるローテーションから参戦してくる。

 昨年の阪神JF(G1)を制した「白い女王ソダシ」と2着のサトノレイナスは早々に「桜花賞直行」を発表した。3着ユーバーレーベンはフラワーカップ(G3)からの始動を予定、4着メイケイエールは先日のチューリップ賞(G2)で年明け初戦を飾った。5着ヨカヨカはフィリーズレビュー組。有力馬のローテーションの多彩さだけでも既に桜花賞は百花繚乱である。

 しかしながら何故か、「フィリーズレビュー優勝馬」は本番で不振が続いており、フィリーズレビューと桜花賞を連勝した馬は2005年のラインクラフトまで遡らなければならない。

 その間08年にレジネッタ、17年にレーヌミノルがフィリーズレビューでの「敗戦」をステップに桜花賞馬に輝いているが、勝ち馬が15連敗中な上、本番で馬券圏内に突入したのも12年3着アイムユアーズのみというのは寂しい。

 アイムユアーズは11年の阪神JF2着馬。ラインクラフト同様、前年の世代最強決定戦でトップクラスの実力を証明し、1番人気に支持された中でフィリーズレビューを勝っている。

 このタイプにはもう1頭07年アストンマーチャンがいるが、桜花賞で2番人気に支持されながらダイワスカーレット、ウオッカという規格外の牝馬2頭に苦汁を飲まされた。なお、アストンマーチャンはその秋にスプリンターズSを制するような超快速娘であり、当時ダイワスカーレット以上の人気でも全く不思議の無かった実力馬だ。

 このように、フィリーズレビューと桜花賞の連勝は、実力馬をもってしても一筋縄ではいかない歴史がある。ややもすれば、本番に直行するソダシ、サトノレイナス以上に高い壁かも知れないのが「ラインクラフトの再現」である。

JRAシゲルピンクルビー「桜花賞直行組」より高い壁!? 女王ソダシ、サトノレイナス打倒に立ちはだかるラインクラフトの偉業の画像2

 また、順当に行けばこのまま継続騎乗であろう和田竜騎手は意外にもこれまで牝馬でのG1勝利がない。モズカッチャン(オークス)、クロコスミア(エリザベス女王杯)、ラブカンプー(スプリンターズS)、そしてシゲルピンクダイヤ(桜花賞)と、あと一歩のところで栄冠を逃しているのは気掛かりだが、逆に言えばそろそろ順番という考え方も出来る。

 2年前、姉のシゲルピンクダイヤとコンビを組んだ桜花賞で2着に敗れた和田騎手。悔しさを知る男が妹のシゲルピンクルビーで姉の無念を晴らしたその先に、桜色の宝石は輝いている。

JRAシゲルピンクルビー「桜花賞直行組」より高い壁!? 女王ソダシ、サトノレイナス打倒に立ちはだかるラインクラフトの偉業のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内