GJ > 競馬ニュース > 武豊「忖度なし」乗り替わりに...
NEW

JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響かの画像1

 現在25勝を挙げ、調教師リーディングで全国2位の位置に付けている、栗東の友道康夫厩舎。次週、13日に東京競馬場で行われる芝の中距離重賞、第38回エプソムC(G3)には、管理馬のアドマイヤビルゴマイラプソディが出走を予定している。

 アドマイヤビルゴは2017年のセレクトセールで6億2640万円(税込)で落札された超高額馬。前走の大阪杯(G1)では9着に敗れたが、友道師は重馬場が影響したと話しており、良馬場での巻き返しが期待される。マイラプソディは昨年の神戸新聞杯(G2)で鼻出血を発症した後、今回が休み明け3戦目。そろそろ本領発揮と行きたいところだ。

 上位人気になることも予想される両馬。ここで結果を出して夏競馬、あるいは秋のG1戦線に向けて弾みを付けたいところだろう。

 だが一方で、この友道厩舎の2頭出しに、一部では疑問の声も上がっているという。

 アドマイヤビルゴといえば、故・近藤利一オーナーが「この馬にはユタカを乗せてくれ」と遺言を残したことで有名な馬。武豊騎手と近藤オーナーのコンビは2007年を最後に10年以上ものあいだ疎遠となっていたが、アドマイヤビルゴをきっかけについに雪解け。武豊騎手にとっても思い入れの強い1頭であると思われる。

 一方、マイラプソディは武豊騎手が懇意にしているキーファーズの所有馬。昨年のクラシックでは大きな期待を寄せていた存在でもある。また、キーファーズ代表の松島正昭氏は「武豊騎手で凱旋門賞を勝つのが夢」と公言しているように熱烈な武豊ファンだ。武豊騎手にとっても特別なオーナーであると思われ、所有馬には優先的に騎乗している。

 このようにアドマイヤビルゴとマイラプソディは、共に武豊騎手と浅からぬ縁がある馬なのだ。にもかかわらず、“忖度なし”の2頭出しで武豊騎手が「選択」せざるを得ない状況を作り出してしまった。

 2頭が同じレースに出走することについて、ネットの掲示板では「なんで同じレースにぶつけたのか」「両方とも武さんで見たかった」「踏み絵でも踏ませる気か」といったコメントも見られた。

「気になるのは、武豊騎手と友道厩舎がやや疎遠になっているかもしれないことですね。武豊騎手は今年、3月20日に右足甲を骨折し休養に入る前までは、友道厩舎の馬には12回騎乗していました。

しかし、5月1日に復帰以降は、まだ1度しか騎乗していません。菊花賞(G1)を制したパートナーのワールドプレミアも春の天皇賞(G1)で福永祐一騎手へ乗り替わりになりました」(競馬記者)

JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響かの画像2

 今回、武豊騎手がエプソムCで騎乗を予定しているのはマイラプソディだという。

 5月の復帰以降に1度騎乗した友道厩舎の馬というのも、都大路S(L)でのマイラプソディである。同馬は友道厩舎の馬というよりも、キーファーズの所有馬だから乗ったという感じも強い。そうなれば、武豊騎手は復帰以降、友道厩舎と疎遠になりつつあるのではないかという疑惑も浮かんでくる。

 果たして真相はいかに。武豊騎手と友道厩舎、そしてアドマイヤビルゴとマイラプソディの今後を見守りたい。(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【皐月賞(G1)予想】距離不安のあるジャンタルマンタルは消し! 76年ぶりの牝馬Vを期待してレガレイラを本線に
  2. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  3. 皐月賞(G1)「J.モレイラ全開」でコスモキュランダ厳戒態勢!? 重賞「勝率100%」で3連勝…温厚なマジックマンが「大レースの鬼」と化している理由
  4. アーモンドアイの近親が「豪脚一閃」でデビュー戦快勝! この血統でも「単勝万馬券」の超人気薄、「レース前に気づけていれば」の声も
  5. 【皐月賞】ジャンタルマンタルは距離不安!? レガレイラはゲート難? 若さが目立つシンエンペラー「3強」に不安要素が露呈…ライバルたちも上位進出チャンスあり【現場マル秘情報】
  6. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  7. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?
  8. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  9. 【皐月賞】とにかく「切れる馬」を狙え!レガレイラではなくディープインパクトの再来が面白い…アノ馬の2着付けで勝負
  10. 【皐月賞】桃井はるこの本命馬は牝馬レガレイラではない!? 穴党クイーンのイチオシは?【モモーイの超!大穴でグッジョブ!】