GJ > 競馬ニュース > 新馬戦Vはルーキー騎手にとって高すぎる“壁”?
NEW

JRAたった2人だけ! 新馬戦Vはルーキー騎手にとって高すぎる“壁”?「最後の砦」は10月復帰予定の新馬戦“未経験”のあの新人女性騎手?

【この記事のキーワード】, ,

JRAたった2人だけ! 新馬戦Vはルーキー騎手にとって高すぎる壁?「最後の砦」は10月復帰予定の新馬戦未経験のあの新人女性騎手?の画像1

 8月29日の小倉6Rで、3番人気のホワイトターフが勝利した。同馬に騎乗していた永島まなみ騎手は、今年デビューした新人女性ジョッキー。自身初となる新馬戦での1勝を記録した。

 6月からスタートした2歳の新馬戦も8月まで消化。ちょうど2ヶ月が経過した時点で、今年の新人騎手8人のうち、新馬戦を勝利したのは先述の永島騎手と小沢大仁騎手の2人のみ。ほか6人は新馬戦で未勝利のままだ。

 さらに新馬戦に騎乗する機会がまだないのは、西谷凜騎手と古川奈穂騎手。ケガで戦線離脱中の古川奈騎手は仕方ないにしても、“粒ぞろい”と評された今年のルーキーズたちは、総じて新馬戦という“壁”にブチ当たっている。

 かつて藤田菜七子騎手は、自身のデビュー年に新馬戦へ初騎乗する際に、「新馬は物見をしないようになど、気をつけなければならないことが多いですね」と答えている。この発言からも、経験の浅い新人騎手にとって難易度が高いレースといえる。

 とにかく、ジョッキーにとって気を使うことが多いのが新馬戦の特徴だ。競馬場のスタンド、大勢の人間、大音量の場内放送やファンファーレ。見るもの、聞くものすべてが珍しく、キョロキョロと物見する新馬を真面目にレースに参加させるには、騎手としてもそれ相応の経験が必要になる。

 勝利した永島騎手はレース後、「ゲートを出て促すとスッと反応してくれました。1頭になるとフワフワしましたけど、並ばれてからは集中していい手応えでした」とコメント。レースを経験したことがない新馬には、ゲートをスムーズに出ない馬や、ハナに立つと気を抜いて走るのを止めてしまう馬もおり、ある意味“手探り状態”で騎乗している様子が読み取れる。

 新馬戦で苦戦するルーキーズに対して、大の得意としているのが福永祐一騎手。今年の2歳新馬戦で最多の12勝をマークしている。次点は10勝の川田将雅騎手で、さらに6勝のC.ルメール騎手が続く。全国リーディングベスト3に名を連ねるトップジョッキーたちが、新馬戦でも多くの勝利を記録している点は偶然ではないだろう。

 新馬戦で勝ち星を挙げるには、有力新馬の騎乗依頼を集めることが必須条件。彼らトップジョッキーに依頼が集中するのは、新馬の扱い方を熟知しており、信頼できる確かな騎乗技術があるからにほかならない。

 手塩にかけて育てた大切な新馬をデビュー戦へ送り出す、調教師や馬主からの信頼を勝ち得るジョッキーになれるかどうか。そこには新人騎手とトップジョッキーの間にそびえ立つ、簡単には超えられない“壁”がある。

JRAたった2人だけ! 新馬戦Vはルーキー騎手にとって高すぎる壁?「最後の砦」は10月復帰予定の新馬戦未経験のあの新人女性騎手?の画像2

 新馬戦で苦戦する8人のルーキーズのなかで、「最後の砦」として期待したいのが、左肩の負傷で戦線離脱中の古川奈騎手だ。4月末の騎乗で左肩に違和感を覚え、5月11日には手術に踏み切った。10月中の復帰に向けて懸命にリハビリとトレーニングに励んでいる様子が公開されたばかり。

 初勝利から4週連続勝利を記録するなど、鮮烈なデビューを果たした古川奈騎手が、初体験となる新馬戦でどのような騎乗ぶりをみせるか、今から楽しみに待ちたい。

(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRAたった2人だけ! 新馬戦Vはルーキー騎手にとって高すぎる“壁”?「最後の砦」は10月復帰予定の新馬戦“未経験”のあの新人女性騎手?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス