GJ > 競馬ニュース > 【セントライト記念(G2)展望】
NEW

JRA【セントライト記念(G2)展望】菊花賞(G1)前哨戦は三つ巴!? 皐月賞(G1)2着タイトルホルダーVS良血オーソクレース&ルペルカーリア

JRA【セントライト記念(G2)展望】菊花賞(G1)前哨戦は三つ巴!? 皐月賞(G1)2着タイトルホルダーVS良血オーソクレース&ルペルカーリアの画像1
タイトルホルダー 撮影:Ruriko.I

 20日(月)、中山競馬場ではセントライト記念(G2)が行われる。菊花賞(G1)に向けた重要なトライアルレースは、三つ巴の様相を呈している。

 実績的にやや抜けているのはタイトルホルダー(牡3歳、美浦・栗田徹厩舎)だろう。

 メロディーレーンの弟としてデビュー時から注目を集め、新馬勝ちを収めると2戦目の東京スポーツ杯2歳S(G3)でダノンザキッドの2着に好走。年末のホープフルS(G1)こそ4着に敗れたが、3歳初戦の弥生賞(G2)を逃げ切って重賞初制覇を飾った。

 春のクラシック2戦はどちらも8番人気の伏兵扱いながら、皐月賞(G1)では2着に好走。日本ダービー(G1)では逃げることができず6着に終わった。

 鞍上はクラシック2戦で手綱を取った田辺裕信騎手から弥生賞以来となる横山武史騎手に乗り替わる。お手馬のエフフォーリアが菊花賞をスキップして天皇賞・秋(G1)に向かうため、菊花賞までのコンビ継続も決定している。

 1週前にはその横山武騎手を背に美浦南Wで6ハロン84秒7-ラスト11秒4をマーク。しまい重視の追い切りに同騎手も「動きも良かった」と手応えを感じた様子だ。

 姉メロディーレーンが2年前の菊花賞で5着に食い込んでいるように、母系はスタミナ豊富。ここを勝てば、脇役から主役候補に躍り出る可能性も十分あるだろう。

JRA【セントライト記念(G2)展望】菊花賞(G1)前哨戦は三つ巴!? 皐月賞(G1)2着タイトルホルダーVS良血オーソクレース&ルペルカーリアの画像2

 そのタイトルホルダーに先着した経験があるオーソクレース(牡3歳、美浦・久保田貴士厩舎)が9か月ぶりの実戦復帰を果たす。

 ダノンザキッドが勝った昨年末のホープフルS。2頭はともに先行したが、オーソクレースが2着、タイトルホルダーは0秒3遅れての4着だった。

 ところが春は状態が整わず、登録があった皐月賞を回避。その後、右後肢の脛骨骨折が判明し、休養に入っていた。

 当初は復帰に半年ほどの時間を要する見込みだったが、術後の経過は順調で、8月中旬には美浦トレセンに帰厩。じっくりと乗り込まれた。1週前には3頭併せで気合を注入され、態勢は整いつつある。

 母がG1・2勝馬のマリアライトという良血馬が、春の悔しさを晴らせるか。

JRA【セントライト記念(G2)展望】菊花賞(G1)前哨戦は三つ巴!? 皐月賞(G1)2着タイトルホルダーVS良血オーソクレース&ルペルカーリアのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内