GJ > 競馬ニュース > 大器ロン 野路菊Sレコード4馬身圧勝..
NEW

JRA武豊「今後が楽しみ」ソダシ、クロノジェネシス級評価!? 大器ロンの野路菊S(OP)レコード4馬身圧勝が意味するもの

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「今後が楽しみ」ソダシ、クロノジェネシス級評価!? 大器ロンの野路菊S(OP)レコード4馬身圧勝が意味するものの画像1

 25日、中京競馬場で行われた野路菊S(OP)は、2番人気のロン(牝2歳、栗東・石橋守厩舎)が優勝。武豊騎手が期待するシルバーステート産駒が、4馬身差のレコード更新でデビュー2連勝を飾った。

「いい競馬ができたね」

 数多の名馬を知るレジェンドも納得の圧勝劇だった。8頭立て、芝2000mのレース。好スタートを決めたロンはデビュー戦同様、ハナに立つ勢いだったが、武豊騎手は無理せず3番手から。「引っ掛かるかなと心配していたけど、抑えも利いた」と話す通り、向正面では一時中団までポジションを下げるなど、明らかに先を見越した騎乗だった。

「抜け出すときの脚も速かった」

 圧巻だったのは、最後の直線のパフォーマンスだ。外からスッと先頭集団に並びかけると、あっさりと先頭へ。武豊騎手が満を持して右ムチでゴーサインを送ると、あっという間に後続を突き放した。

「非常に強い競馬でした。来年のクラシックを強く意識できる内容も然ることながら、特筆すべきはロンが牝馬という点ではないでしょうか。

野路菊Sを牝馬が勝ったのは、2003年のツルマルシスター以来。当時はマイル戦でしたが、スタミナ面で劣ると言われるこの時期の牝馬が、牡馬相手に2000mのオープンを勝ったということは非常に意義があると思います。

野路菊Sは過去5年の勝ち馬が、後に重賞を制している出世レースとして有名ですが、今年のロンも重賞勝ちは十分に狙えると思いますね。今後が楽しみですよ」(競馬記者)

 記者が話す通り、この時期の中距離オープンで牝馬が結果を残すことは、大きな出世につながるかもしれない。

JRA武豊「今後が楽しみ」ソダシ、クロノジェネシス級評価!? 大器ロンの野路菊S(OP)レコード4馬身圧勝が意味するものの画像2
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 昨年は芝1800mの札幌2歳S(G3)で後の桜花賞馬ソダシと、オークス馬のユーバーレーベンがワンツーゴール。10月に行われるアイビーS(L)も芝1800mになった過去7年、牝馬で勝利したのは今秋に日本を代表して凱旋門賞(仏G1)に挑むクロノジェネシスと、2017年のオークス馬ソウルスターリングの2頭だけだ。

「武豊騎手とキーファーズといえば、一昨年にこのレースを勝ったマイラプソディが思い出されます。あの馬も5馬身差で圧勝し、勢いそのままに京都2歳S(G3)を連勝した際はクラシック候補と評されていました。

しかし、翌年の始動戦となった共同通信杯(G3)で1番人気を裏切ってしまうと、当時の期待が嘘のように連敗街道へ……。結局、リズムが戻ることがないまま、今なお復活勝利が待たれているところです。武豊騎手とキーファーズにはあの時の悔しさもあるでしょうし、『今度こそ』という思いは強いでしょうね」(別の記者)

「今日の競馬なら、いろいろ融通が利きそう。今後が楽しみですよ」

 レース後、そう総括した武豊らロン陣営が見据えるのは、1600mの桜花賞、2400mのオークス、そして2000mの秋華賞(いずれもG1)からなる牝馬三冠路線。2戦目で確かな進化を示した大器の躍進に注目だ。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA武豊「今後が楽しみ」ソダシ、クロノジェネシス級評価!? 大器ロンの野路菊S(OP)レコード4馬身圧勝が意味するもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  3. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  4. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  5. セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは“安田記念を見切った格下馬”の激走に要注意!
  6. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?
  7. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  8. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活
  9. タガノエルピーダ×M.デムーロ「新タッグ」でオークスヘ!「タイトルを獲得したいものと夢見ております」悲願の初G1制覇目指す名オーナーの希望となれるか
  10. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか