GJ > 競馬ニュース > 「年間賞金王」はエフフォーリア! 2位にコントレイル、3位シャフリヤール…2022年を担う3歳馬活躍のシーズン
NEW

JRA「年間賞金王」はエフフォーリア! 2位にコントレイル、3位シャフリヤール…2022年を担う3歳馬活躍のシーズン

の画像1
年間賞金王に輝いたエフフォーリアと横山武史騎手

 29日、日本中央競馬会(JRA)は2021年の競馬開催を終えて各種リーディングを発表した。

 リーディングホース(年間獲得賞金)では皐月賞、天皇賞・秋、有馬記念とG1・3勝を挙げたエフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が1位に。獲得賞金7億1934万7000円は2011年のオルフェーヴルに次ぐ歴代2位だった。2位にはジャパンCで有終の美を飾ったをコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。

※順位、獲得賞金(本賞金+付加賞)、競走馬名、主な勝ち鞍
1、7億1934万7000円 エフフォーリア 皐月賞、天皇賞・秋、有馬記念
2、3億9918万4000円 コントレイル ジャパンC
3、3億5873万1000円 シャフリヤール 日本ダービー
4、3億5359万8000円 グランアレグリア ヴィクトリアマイル、マイルCS
5、2億8635万9000円 タイトルホルダー 菊花賞
6、2億8535万0000円 シュネルマイスター NHKマイルC
7、2億4990万4000円 ディープボンド 阪神大賞典
8、2億2829万4000円 クロノジェネシス 宝塚記念
9、2億1810万8000円 ピクシーナイト スプリンターズS
10、2億0786万3000円 レシステンシア セントウルS
11、2億0722万8000円 アカイトリノムスメ 秋華賞
12、2億0717万4000円 ステラヴェローチェ 神戸新聞杯
13、2億0276万9000円 ソダシ 桜花賞
14、1億9531万8000円 オーソリティ アルゼンチン共和国杯
15、1億8621万6000円 レイパパレ 大阪杯
16、1億7072万8000円 ワールドプレミア 天皇賞・春
17、1億6231万9000円 テーオーケインズ チャンピオンズC
18、1億6177万7000円 アカイイト エリザベス女王杯
19、1億6103万1000円 ユーバーレーベン オークス
20、1億6024万2000円 ダノンキングリー 安田記念

(JRAのホームページより)

JRA「年間賞金王」はエフフォーリア! 2位にコントレイル、3位シャフリヤール…2022年を担う3歳馬活躍のシーズンのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬