GJ > 競馬ニュース > 「癖馬職人」池添謙一が魅力のメイケイエールはここが試金石! 元JRA藤田伸二氏も“賛辞”の好相性でカレンモエとの牝馬対決【シルクロードS(G3)展望】
NEW

「癖馬職人」池添謙一が魅力のメイケイエールはここが試金石! 元JRA藤田伸二氏も“賛辞”の好相性でカレンモエとの牝馬対決【シルクロードS(G3)展望】

「癖馬職人」池添謙一が魅力のメイケイエールはここが試金石! 元JRA藤田伸二氏も賛辞の好相性でカレンモエとの牝馬対決【シルクロードS(G3)展望】の画像1
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 30日(日)、中京競馬場ではシルクロードS(G3)が行われる。春のスプリント王決定戦、高松宮記念(G1)と同じ舞台ということで、本番に直結する可能性があり注目度も高くなりそうだ。

 人気を集めるのはメイケイエールとカレンモエの牝馬2頭だろう。ただし、安定感には欠けるが一発の魅力にあふれるメイケイエールに対し、まさに正反対なのがカレンモエと、両馬の性質は大きく異なる。

 まずはメイケイエールから見ていこう。

 2歳~3歳春にかけて、1200m、1400m、1600mの各距離で重賞を勝利しているメイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)だが、爆発力を秘める一方で気性に大きな課題を抱えている。

 それは、とにかく前半から全力を出そうと行きたがってしまうところだ。これまで武豊騎手と横山典弘騎手という百戦錬磨のベテランジョッキーが騎乗してきたが、制御するのに手を焼いてきた。

 横山典騎手とのコンビで臨んだ昨春の桜花賞(G1)はシンガリ18着に敗退。距離を2ハロン短縮して臨んだキーンランドC(G3)は武騎手に手が戻ったが、やはり抑えが利かず7着と人気を裏切った。

 そこで白羽の矢が立ったのが“癖馬”の矯正に定評がある池添謙一騎手だった。

 7番人気まで評価を落として臨んだのはスプリンターズS(G1)。スタートで遅れると、外に逃避・斜行し、タイセイビジョンなどの進路を妨害。レース後には平地調教注意を受ける羽目になった。

 それでもその一戦でポテンシャルの高さは見せた。序盤に他馬に迷惑をかけた以降は池添騎手もなんとか制御に成功し、7番手で4コーナーへ。前の馬に有利な馬場と展開ながら、直線でしぶとく脚を伸ばし、大健闘といえる4着に入った。

 このときYouTubeでレースを生配信していた元JRA騎手の藤田伸二氏は、「いい意味で勝ちにいっていない。馬に勉強できるレースができたんじゃないかな」と、池添騎手の騎乗に賛辞を送っていた。藤田氏の言葉通りなら今回は人馬ともに前走の学びをここで生かしたいところだろう。

 池添騎手は1週前追い切りにも跨がり「雰囲気は良く、馬場入りの時は落ち着いていたし、他の馬が追い抜いていっても我関せずといった感じだった」と状態の良さを『日刊スポーツ』の取材で明かしている。池添騎手が施した“教育”の成果を見せることはできるだろうか。

 一方、メイケイエールにはない安定感を持っているのが父ロードカナロア、母カレンチャンという良血馬カレンモエ(牝6歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 20年9月に3勝クラスを突破。昇級後も重賞で常に人気を背負ってきたが、勝てないまま明けて6歳となった。これまでスプリントG3では3戦連続で2着。1着馬との差はクビ、ハナ、クビと、いずれも惜敗続き。前走セントウルSは初のG2だったが、3番人気で、自己ワーストとなる5着に敗れた。

 前走後は左肩に軽度な捻挫があり、スプリンターズSを見送っていたが、ここで戦列に復帰。集大成の6歳春へ向けて始動する。

 一頓挫あったが、秋に無理をさせなかったことはプラスに働きそうだ。20日の1週前追い切りは栗東坂路で49秒8-11秒9を計時。これはこの日の一番時計で、その充実ぶりが光る。

 今度こそ重賞初制覇を果たし、両親が相まみえたスプリントG1の大舞台にたどり着きたい。

「癖馬職人」池添謙一が魅力のメイケイエールはここが試金石! 元JRA藤田伸二氏も賛辞の好相性でカレンモエとの牝馬対決【シルクロードS(G3)展望】の画像2
ビアンフェ

 有力牝馬2頭に対抗するのが、快速セン馬のビアンフェ(セ5歳、栗東・中竹和也厩舎)だろう。

 この馬の魅力はなんといってもテンのスピードだ。12戦中7戦でハナを切っているように、ダッシュ力は現在のスプリント界でも1、2を争う。

 ただし、G1の大舞台ではこれまで苦い思いを2度経験している。2年前のスプリンターズSではゲートインに5分以上を要し、スタート後にはモズスーパーフレアに絡む大暴走で16着に大敗。その後は去勢効果もあってか、4歳初戦のオーシャンS(G3)で3着、続く函館SS(G3)を制したが、2年連続で参戦したスプリンターズSで再びゲートインに手間取ると、ハナを切れず7着に敗れた。

 2年連続の“失態”には、当然のごとく発走調教再審査を課せられたが、11月には無事に合格。シルクロードSを目標に調整されてきた。

 鞍上はもちろんデビューから手綱を取り続けている藤岡佑介騎手が務める。前走のスプリンターズSではモズスーパーフレアにハナを譲ったが、今回は忖度なしの大逃げを打つか。

 強烈な末脚を持つ牡馬2頭も侮れない。

 名牝ビリーヴの仔ジャンダルム(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、前走のスプリンターズSで4番人気に支持され、課題の発馬もクリアしたが、11着に終わった。今回はコンビ通算「2-0-1-1」と相性抜群の荻野極騎手に戻って巻き返しを期す。

 嵌まったときの差し脚は威力抜群のナランフレグ(牡6歳、美浦・宗像義忠厩舎)。中京では6戦して1勝だけだが、「1-3-1-1」で複勝率は83.3%と安定感がある。差し馬有利の展開になればこの馬も面白い存在だ。

 5歳牝馬の2頭にもチャンスがある。

 3歳春にファルコンS(G3)を制覇したシャインガーネット(牝5歳、美浦・栗田徹厩舎)は、それ以降、低迷していたが、前走のオーロC(L)で1年8か月ぶりの馬券圏内となる3着に好走し、復活の兆しを見せた。

 エーポス(牝5歳、栗東・北出成人厩舎)は、初スプリントの前走ラピスラズリS(L)を制し、20年のフィリーズレビュー(G2)以来、1年9か月ぶりの美酒を味わった。スプリント路線で完全復活を印象づけられるか。

 高松宮記念に向けて勝ち名乗りを受けるのは果たしてどの馬か。シルクロードSは30日15時35分に発走予定だ。

「癖馬職人」池添謙一が魅力のメイケイエールはここが試金石! 元JRA藤田伸二氏も“賛辞”の好相性でカレンモエとの牝馬対決【シルクロードS(G3)展望】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”