GJ > 競馬ニュース > シルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
NEW

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソードの画像1

 30日、中京競馬場で行われるシルクロードS(G3)に出走予定のメイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)は、池添謙一騎手とのコンビで復活勝利を狙う。

 高松宮記念(G1)の前哨戦となる重賞は、昨年に続いて今年も中京競馬場が舞台となる。過去10年で、10番人気以下の人気薄が3着以内に入ったケースが8回あり、1番人気の勝利は2勝のみ。ハンデ戦らしく、波乱含みのレースになっている。

 その一戦で、1番人気が予想されるメイケイエールは重賞3勝、G1でも4着2回と相手関係的にも力が抜けている存在だが、チューリップ賞(G2)を制して以降は3連敗中だ。

 前進気勢の強いメイケイエールに騎乗した騎手は、これまで暴走気味のレースに手を焼いてきた。横山典弘騎手、池添騎手が戒告処分を受けるなど、ちぐはぐな競馬が続いている。

 しかし前走のスプリンターズS(G1)では、折り合いを欠きながらも4着と好走。7番人気の低評価を覆し、改めて力があることを証明した。

 今回も注目を集めるメイケイエールだが、前走のスプリンターズSが初コンビとなった池添騎手の騎乗するきっかけが、さすが「持っている」と言いたくなる経緯だった。

 池添騎手が、その「持っている男」ぶりを振り返ったのは、『netkeibaTV』で配信されている『謙聞録-kenbunroku-』の動画内でのこと。

 当初、スプリンターズSで騎乗予定だったダイアトニックが、前哨戦となるキーンランドカップ(G3)を使った後に調子を落とし、陣営から回避するという電話があった池添騎手。その時、たまたま目の前にいた武英調教師にその経緯を話すと、主戦の武豊騎手が凱旋門賞(仏G1)で乗れなかったこともあり、「メイケイエール乗ってもらえますか」と直接オファー。ダイアトニック回避の電話から、わずか5分後にはメイケイエールの騎乗が決まったとのことだった。

 宝塚記念(G1)、有馬記念(G1)を計7勝、代打騎乗でのG1勝利をするなど、ファンの間でも「持っている」というイメージが強い池添騎手ならではのエピソードといえるだろう。

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソードの画像2
池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 スプリンターズS終了後、次走以降もメイケイエールに乗りたいかという質問に対し、「自分が乗りこなして、結果を出したい気持ちはすごく持っている」と、続投を志願した池添騎手も手応えを掴んだのかもしれない。
 
 桜花賞(G1)でのソングライン、スプリンターズSでのタイセイビジョン、エイティーンガールなど、暴走したメイケイエールの被害を受けた馬が、次走で好走するという不名誉な話題もネットで盛り上がった。

 約4ヶ月の休養を挟んだお転婆娘の復帰戦。「持っている男」池添騎手は、クセ馬を乗りこなす騎乗技術で久々の重賞勝利をプレゼントできるだろうか。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソードのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”