GJ > 競馬ニュース > 波乱起こした藤沢和雄師にファンの怒りが飛び火!? 三連単「30万円超」のダイヤモンドS(G3)引退間際の路線変更発言に「早く言ってよ」の恨み節
NEW

JRA波乱起こした藤沢和雄師にファンの怒りが飛び火!? 三連単「30万円超」のダイヤモンドS(G3)引退間際の路線変更発言に「早く言ってよ」の恨み節

JRA波乱起こした藤沢和雄師にファンの怒りが飛び火!? 三連単「30万円超」のダイヤモンドS(G3)引退間際の路線変更発言に「早く言ってよ」の恨み節の画像1
ランフォザローゼス

 19日、東京競馬場で行われたダイヤモンドS(G3)は、2番人気のテーオーロイヤルが快勝。4連勝で重賞初制覇を飾り、天皇賞・春(G1)に名乗りを上げた。

 一方、“三強”を形成した1番人気レクセランスと3番人気ヴェローチェオロは直線で伸びを欠き、そろって馬券圏外に敗れた。

 そんななか、波乱の立役者となったのが、ランフォザローゼス(セ6歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。後方から末脚を伸ばし、2着に食い込み、三連単31万7940円という高配当をもたらした。

 単勝オッズ57.5倍は、14頭立ての11番人気。4歳春の青葉賞(G2)2着を最後に14戦連続で5着以下という戦績も手伝って関係し、ほぼノーマークの伏兵に近かった。応援馬券を買っていたファンは、“美味しい馬券”にありつけたかもしれない。

「(今月末で引退する)藤沢和師にとって、府中最後の重賞レースということでランフォザローゼスの単複は買っていました。本当に馬券に絡むとは思っていませんでしたが(笑)。休み明け3戦目で、前々で粘り込んでくれたら掲示板くらいはあるかなと……。まさか後方から長くいい脚を使うとは思っていませんでした」(競馬誌ライター)

 実際、Twitterなどでもランフォザローゼスの応援馬券を買っていたとみられるファンから「藤沢先生ありがとう!」、「明日も来週も買い続けます!」など、感謝のツイートも多数見られた。

 一方で、「陣営がランフォザローゼスにステイヤーの資質があったことを見抜けなかったのなら、これ以上もったいないことはない」と、藤沢和厩舎の過去のレース選択に不満を見せた意見もあった。

「長距離レースをほとんど使わない厩舎ですからね。今回あえてダイヤモンドSを使ってきたことで、気にはなっていました。青葉賞で2着、ダービーでも悪くない走り(7着)でしたから。一気の距離延長がプラスに出たのは厩舎の好判断といえるかもしれません。ただ、もう少し早く長いところを使っていればというファンの気持ちもわからなくはないです」(別の競馬誌ライター)

 レース後には藤沢師が「長い距離が合っているようだ。かつて青葉賞2着の実績もあるからね」とコメントすると、鞍上を務めた田中勝春騎手も「長い距離の方が良いと思っていました」と、2人の意見は「長距離適性あり」で完全に一致した。ファンからしたら「早く言ってよ」と言いたくもなる。

 それだけに、ダービー後は2400m以上の距離を使われなかったのは、痛恨といえるかもしれない。

 今週末の競馬で定年引退を迎える藤沢和師。27日の中山記念(G2)には、ゴーフォザサミット、レッドサイオン、そしてコントラチェックの3頭出しで臨む(コントラチェックは阪急杯にも登録)。正真正銘のラスト重賞で、再び“藤沢マジック”を披露することはできるだろうか。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA波乱起こした藤沢和雄師にファンの怒りが飛び火!? 三連単「30万円超」のダイヤモンドS(G3)引退間際の路線変更発言に「早く言ってよ」の恨み節のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内