GJ > 競馬ニュース > 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が“一発回答”……弟デビューで示したい兄の貫禄
NEW

JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が“一発回答”……弟デビューで示したい兄の貫禄

【この記事のキーワード】, ,
JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が一発回答……弟デビューで示したい兄の貫禄の画像1
角田大和騎手

 競馬界における2月・3月は別れの季節であり、新たな出会いの季節でもある。2月いっぱいで定年を迎えて引退する調教師がいる一方、3月からは新規開業の厩舎が動き出した。

 蛯名正厩舎開業も中身は藤沢和雄厩舎!?

 また、3月最初の開催から新人騎手がデビュー。今年は10人のルーキーが騎手人生のスタートラインに立った中、初週は障害専門の小牧加矢太騎手を除く9名がキャリアの第一歩を踏み出す予定だ。

 競馬学校を経ていない小牧騎手以外のJRA騎手課程38期生の9名の中で、成績優秀者に贈られる「アイルランド大使特別賞」を受賞したのが角田大河騎手(栗東・石橋守厩舎所属)。初週の乗鞍は8頭でいきなりの勝利にも期待がかかる。

 名前を見たときにピンと来た方もいるかもしれないが、父は2001年にジャングルポケットで日本ダービー(G1)を制すなど、JRA通算713勝を挙げた元騎手で、現在は調教師として通算238勝を記録している角田晃一師。すなわち、昨年デビューした角田大和騎手の弟ということになる。

 名前の3文字目までが「角田大」で一緒なので、今週から角田大和騎手は「角田和」、角田大河騎手は「角田河」の表記で出馬表に名前が掲載されることに。土曜の阪神2Rでは初の直接対決も予定されており、兄の大和騎手は所属する角田厩舎のシンギングロードに騎乗。自厩舎の馬で、父が手掛ける馬で弟に負けるわけにはいかない。「角田和=兄」という印象を競馬ファンの中に浸透させていくためにも、より一層の活躍が求められる。


先週、騎手として屈辱的な出来事が……

 プロ2年目にして早くも重要な局面がやってきた角田和騎手だが、実は先週のレースで大きな挫折を味わっている。

 先週土曜の小倉3Rを勝ち上がった角田厩舎のデアリングウーマンだが、直近4戦の成績が「3」→「3」→「2」→「2」とクラス卒業にメドを立てながらもなかなか勝ち上がれなかった。その4戦の人気も「2」→「1」→「1」→「1」と、人気を裏切り続ける結果が続いていた。

 このデアリングウーマンの主戦だったのが角田和騎手である。昨年4月から手綱を取り続け、6月には未勝利勝ちへと導いたものの、昇級後は壁にぶつかり、昨年12月以降は馬券圏内にこそ食い込みながら1着が遠い。先月13日のレースでは単勝1.8倍の支持を集めながら2着に終わっていた。

JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が一発回答……弟デビューで示したい兄の貫禄の画像2
小沢大仁騎手

 こうして迎えた先週のレースで、陣営はひとつの決断を下す。10戦続けて騎乗してきた角田和騎手ではなく、小沢大仁騎手を鞍上に手配したのだ。

 勝負事に家族の絆や情を持ち込むのは禁物だが、主戦を降ろすという選択、それも同期への乗り替わりというのは、角田和騎手にとっても、そして角田調教師にとっても、複雑な心境であったことは容易に想像できる。

 そんな中、勝利を託された小沢騎手は単勝1.8倍の支持に応える“一発回答”。一方の角田和騎手は、8着に終わったメイショウデージーの背中で勝負の世界の厳しさを改めて突き付けられた。

 小沢騎手はルーキーイヤーの昨年31勝を挙げ、JRA賞最多勝利新人騎手にも選出された有望株。角田和騎手も昨年20勝を挙げているが、その差は「11」と大きく水をあけられた。今年に入っても小沢騎手は7勝を挙げてリーディング33位に対し、角田和騎手は3勝で同48位。さらに突き放されている状況だ。

 しかし、1月終了時で見ると小沢騎手の4勝に対して、角田和騎手は3勝と食らいついていた。逆に言えば、ライバルが2月も3勝を積み上げた中、1勝も挙げることができなかったということ。角田和騎手にとってはデアリングウーマンの件も含め、流れに見放された2月だったと言える。

 月が変われば、ツキも変わるか。噛み締めた勝負の世界の厳しさ、味わった悔しさに加え、今週からは弟が注目を浴びながら同じ土俵に上がってくる。闘志に火をつけるための燃料は揃っているはずだ。

 3月戦線は競馬界に新風を吹き込む新人騎手だけでなく、後輩が入ってくる2年目騎手の意地にも注目。中でも苦しんだ2月を経て、逆襲に燃える角田和騎手に期待したい。

(文=木場七也)

<著者プロフィール>
29歳・右投右打。
本業は野球関係ながら土日は9時から17時までグリーンチャンネル固定の競馬狂。
ヘニーヒューズ産駒で天下を獲ることを夢見て一口馬主にも挑戦中。

JRA 2年目「新人2世騎手」に早くも正念場!? 無念の主戦降板から同期新人王が“一発回答”……弟デビューで示したい兄の貫禄のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは