GJ > 競馬ニュース > 金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の“着拾い”にガッカリ感否めず
NEW

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の“着拾い”にガッカリ感否めず

【この記事のキーワード】, ,
JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の着拾いにガッカリ感否めずの画像1
藤岡佑介騎手

 13日、中京競馬場で行われた古馬の中距離重賞・金鯱賞(G2)は、連戦連勝でこの舞台に挑んだジャックドールが見事な逃げ切り勝ち。2着のレイパパレに2馬身半の差をつける快勝だった。

「ラスト1ハロンも追っていて凄い馬だと……。あまり他の馬では感じたことがないストライドです」

 レースを振り返った藤岡佑介騎手もパートナーの予想以上の強さに舌を巻いた。

 開幕週となる絶好の馬場で好時計が出たのは不思議ではないものの、従来のレコードを1秒1も塗り替える“圧逃”で5連勝。大阪杯(G1)で予想されるエフフォーリアとの対決が非常に楽しみになる結果となった。

 ただ、レースラップ的には前半1000m通過59秒9に対し、後半57秒9だったことには注目したい。

 逃げ切り勝ちという点では、1998年の勝ち馬サイレンススズカに重なるところもあるが、ジャックドールはスピードが武器というよりも、ロングスパートに耐えうるだけの持久力が魅力の馬だ。

 4コーナーでハナに立つ戦法に替えてから、レースラップの上がり3ハロンでも34秒台をコンスタントにマークしている。昨年の浜名湖特別(2勝クラス・芝2000m)では逃げて33秒2の“切れ味”を披露したほどである。

 本格化前とはいえ、2着の続いたデビュー2戦の上がり3ハロンは、いずれも35秒台と平凡。物理的には後ろから行った方が上がり3ハロンは速くなるはずだが、おそらく自分のリズムで走ることでパフォーマンスも上昇したのだろう。

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の着拾いにガッカリ感否めずの画像2
岩田康誠騎手

 そして、そんな勝ち馬の存在が、逃げ馬候補だった岩田康誠騎手とショウナンバルディ(牡6、栗東・松下武士厩舎)のコンビにも心理的プレッシャーを掛けていたのかもしれない。

 昨年の鳴尾記念(G3)2着や中日新聞杯(G3)優勝もある中京は大の得意コース。いずれも前々で競馬をする積極策で結果を残してきた。

 昨年の金鯱賞で10頭中最低人気だったギベオンが単勝227.3倍で、同1.4倍のデアリングタクト相手に大金星を挙げた舞台。ショウナンバルディがたとえ13頭中の11番人気だったとしても、昨年のギベオンが227.3倍ならチャンスはあったはずだ。

 また、ジャックドールの藤岡健一調教師が今後を考えると「控える競馬」も視野に入れているというコメントを出していたことも注目されていた。それだけにショウナンバルディの「逃げ」に期待した穴党から熱視線が集まったのも無理はなかったか。

 しかし、いざレースが始まってみると、特にスタートでアクシデントがあった訳でもないのに岩田康騎手の行く気は全くなし。あまりにもあっさりとジャックドールにハナを譲ると、先行するどころかまさかの後方待機策で後ろから2番手の位置まで下げた。

 結果はご存じの通り、ハナに立ったジャックドールがそのまま先頭でゴール。ショウナンバルディは上がり3ハロン34秒6の末脚で6着に追い上げたものの、馬券に絡むことは出来なかった。

 この突然にも思える作戦変更は何だったのだろうか。

「陣営が『リズムが大事』というコメントを戦前に出していたように、ショウナンバルディにとって逃げが絶対という訳ではなかったように思います。過去、逃げて自らがハイペースを演出したレースでは好結果を残せていませんでした。

今年の金鯱賞はただでさえ、ジャックドールやレイパパレなど、『逃げて』好走した馬が他にも出走していました。近走で好走しているレースもスローペースだから前にいただけで、岩田康騎手にしても結果的に逃げていたということでしょう。今回はレコードも出たくらいですし、後ろからの競馬も悪くなかったように感じます」(競馬記者)

 その一方、ネットの掲示板やSNSなどで、ファンの賛否が分かれることとなった。

「逃げたらもっとダメだったのでは?」「これは想定内」と擁護する声もあれば、ショウナンバルディがハナを主張することによって、ハイペースになるようなら後の馬にも出番があると期待していたファンからは「行かなきゃ意味ないよ」「役割を分かっていない」「着拾いしてもなあ」と、よもやの後方待機にガッカリしている意見もチラホラ……。

 いずれにしてもジャックドールが強過ぎただけに、今回ばかりは勝ち馬に脱帽するしかなさそうだ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA金鯱賞(G2)「逃げない」岩田康誠に期待ハズレの声!? ショウナンバルディ得意舞台で奇襲失敗、突然の“着拾い”にガッカリ感否めずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安