GJ > 競馬ニュース > 「自爆」武豊もC.ルメールも横山武史も完全に空回り!? 「お手馬なし」でも春G1主役に名乗りを上げたあの騎手にビッグな朗報
NEW

JRA「自爆」武豊もC.ルメールも横山武史も完全に空回り!? 「お手馬なし」でも春G1主役に名乗りを上げたあの騎手にビッグな朗報

【この記事のキーワード】, ,

JRA「自爆」武豊もC.ルメールも横山武史も完全に空回り!? 「お手馬なし」でも春G1主役に名乗りを上げたあの騎手にビッグな朗報の画像1

 結果を残しているからこそ、有力馬の騎乗依頼が回って来る。

 全盛期には圧倒的な馬質を誇ったあの武豊騎手でさえ、近年では生産界の絶対王者であるノーザンファーム系の馬に騎乗する機会も減り、かつては毎年のように獲得していたリーディングジョッキーの座も明け渡すことになった。

 むしろそんな状況でも第一線で活躍し続けている姿に勇気をもらい、励まされているファンもいるのではないか。

 優勝劣敗の掟はC.ルメール騎手や横山武史騎手もまた例外ではない。前者は昨年12月のチャレンジC(G3)の勝利を最後に、年を跨いでここまで国内重賞を25連敗。後者は春G1を1番人気で3連敗し、4番人気キラーアビリティに騎乗した先週の皐月賞(G1)も13着に大敗したばかり。

 このまま不振が続くようだと、いずれは有力馬からの騎乗依頼も減ってしまうだろう。

JRA「自爆」武豊もC.ルメールも横山武史も完全に空回り!? 「お手馬なし」でも春G1主役に名乗りを上げたあの騎手にビッグな朗報の画像2
福永祐一騎手

「お手馬なし」でも春G1主役に名乗り

 その一方、今年上半期がまだ終わらない段階で存在感が光ったのは、福永祐一騎手で間違いない。フェブラリーS(G1)をカフェファラオで優勝し、皐月賞もジオグリフで優勝し、G1・2勝は勿論単独トップである。

 しかも、この2頭はいずれもルメール騎手が主戦を任されていた馬。初コンビで満点の回答を即座に出した手腕は見事というよりない。

 そしてこの勢いはまだまだ続きそうな気配がある。

 なぜなら昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)で2着のセリフォス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)が、新たな鞍上として福永騎手とのコンビでNHKマイルC(G1)に臨むことが分かったからだ。

 同じくNHKマイルCに出走を予定しているダノンスコーピオンの鞍上が未定とされていたこともあり、セリフォスの鞍上候補として川田将雅騎手やD.レーン騎手の名前も挙がっていたが、少々意外な組み合わせにも映った。

 しかし、福永騎手のG1・2勝は初コンビの上、他の騎手のお手馬で挙げた勝利だったことを考えれば、セリフォスもまたこれが初騎乗でもある。

 ある意味「棚ぼた」的に有力馬をゲットしてG1勝利をしたことにはなるが、ただ乗るだけではなく、1着という最高の結果で応えたのだから、関係者からの評価がうなぎ上りになったとて不思議ではない。

 もし、セリフォスで早くも3つ目のG1をも制するようなら、今春の主役は福永騎手が最有力といっても過言ではないだろう。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRA「自爆」武豊もC.ルメールも横山武史も完全に空回り!? 「お手馬なし」でも春G1主役に名乗りを上げたあの騎手にビッグな朗報のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス