GJ > 競馬ニュース > 北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
NEW

JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償

【この記事のキーワード】, ,
JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償の画像1
北村友一騎手 撮影:Ruriko.I

 昨年5月の落馬負傷により、長らく戦列を離れていた北村友一騎手が17日、栗東トレセンで約1年ぶりとなる調教騎乗を再開したことが分かった。

 よもやのアクシデントが発生したのは、クロノジェネシスに騎乗を予定していた宝塚記念(G1)前のタイミング。最愛のパートナーとも事実上のコンビ解消となり、元恋人にはO.マーフィーやC.ルメールら外国人騎手が跨った。

 3着に敗れた昨年の有馬記念(G1)を最後に現役引退したクロノジェネシスは、今後も繁殖牝馬として期待の大きい馬。いずれ生まれてくる産駒たちの騎乗を任されることもあるだろう。

 2006年にデビューした北村友騎手は、今年で17年目の中堅。今から3年前、2019年の大阪杯を9番人気アルアインで制したのが、G1初勝利とやや遅めのブレイクだった。これを契機にその後もクロノジェネシスやレシステンシアとの出会いもあり、G1勝利も5勝を数えるまでに成長したが、落馬で長期休養してしまったことは、大きな代償となりかねない。

浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償

 なぜなら北村友騎手が不在の間に、少なからず立ち位置の変化があったからだ。

 例えば、先週末のヴィクトリアマイル(G1)で3着に入ったレシステンシアには、高松宮記念(G1)から横山武史騎手が騎乗。自身が乗れない間は、外国人騎手らが手綱を取ったが、ブレイク中の若手が関係者からの信頼を勝ち取ってのコンビだった。これまではトップジョッキーの2番手的なポジションといえる扱いだったものの、日本人の若手に騎乗依頼が回ったということは、再び騎乗するチャンスが遠のく意味となる。

JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償の画像2
横山和生騎手 撮影:Ruriko.I

 さらに痛恨となるのは、北村友騎手と親密な関係にある安田隆行厩舎の管理馬で、横山和生騎手が結果を残していることである。落馬負傷前には同厩舎の管理馬で主力級の好成績を残していたものの、落馬以降は横山和生騎手や岩田康誠騎手が、代わりのポジションに落ち着きつつある。

 また、安田翔伍厩舎においても親子で北村友一騎手を重用していたが、今年ここまで同厩舎が挙げた15勝の内訳は、横山典弘騎手が最多の6勝、和生騎手が5勝のワンツー状態となっている。

 横山典騎手は昨年、26年間続いていた重賞勝利がついに途絶える不調もありながら、栗東に本拠地を替えてから復調著しい。今年は既に重賞3勝を挙げ、NHKマイルC(G1)もマテンロウオリオンでクビ差の2着と存在感を見せたように、現役トップクラスの手腕はまだまだ健在だ。

 となると、復帰した北村友騎手としても、かねてからの付き合いで騎乗依頼をもらえたとて、新たなライバルの登場で以前ほどの騎乗数は得られないだろう。

 もはや浦島状態ともいえそうな立ち位置の変化もあっただけに、新たな得意先を見つけるなり、横山一家と全面戦争をしてでも、もう一度地盤を固めていく必要が出て来るかもしれない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?