GJ > 競馬ニュース > 武豊×レシステンシアでヴィクトリアMへ
NEW

JRA 武豊「逆襲チャンス」到来、レシステンシアでヴィクトリアマイル(G1)へ! 主戦・北村友一「落馬骨折」で宝塚記念(G1)クロノジェネシスに不安

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊「逆襲チャンス到来」レシステンシアでヴィクトリアマイル(G1)へ! 主戦・北村友一「落馬骨折」で宝塚記念(G1)クロノジェネシスも不安の画像1

2日、阪神競馬場で行われた2R・3歳未勝利は、1番人気のロードサージュ(牡3歳、栗東・庄野靖志厩舎)が優勝。鞍上のC.ルメール騎手は1Rに続く連勝で、この日は騎乗機会5連勝を飾るなど絶好調の1日だった。

一方で、残念な1日となってしまったのが、このレースで落馬負傷した北村友一騎手だ。

8番人気のジャグリングに騎乗していた北村友騎手は、1枠1番の最内枠を活かして中団やや後方のインで脚を溜めていたが、突如前の馬が内側へ斜行。進路を塞がれる形になったジャグリングの脚が接触して大きくバランスを崩すと、北村友騎手は受け身が取れない態勢のまま、前方に放り出される形で落馬してしまった。

幸い後続馬に巻き込まれることはなかったものの、その場で起き上がることができなかった北村友騎手。駆け付けた担架で救護車に乗せられ、尼崎市内の病院に搬送された。JRAの公式ホームページによると検査の結果、椎体骨折・右肩甲骨々折と診断された模様。なお、全治などはまだ明らかにされていない。

この負傷により、北村友騎手はこの日の騎乗をすべて取りやめ。天皇賞・春(G1)で騎乗予定だったディアスティマは、坂井瑠星騎手に乗り替わって6着だった。

「落馬の原因になったサンマルレジェンドは、この日が初のレースでした。向正面で馬が何かに驚いたのか、突然内側に斜行して鞍上の幸(英明)騎手としても、手の打ちようがなかったようにも見えます。なお、JRAからはサンマルレジェンドに平地調教再審査、幸騎手には5月15日(土)の騎乗停止処分が下っています。

天皇賞・春のディアスティマなども、もちろん残念でしたが、北村友騎手は多くの有力馬を抱えているトップジョッキーだけに、場合によっては今後にも大きな影響が出そうです。特に来週のヴィクトリアマイル(G1)に出走予定のレシステンシアは、最有力候補の1頭だけに本人にとっても大きな痛手になるかもしれません。

(現時点では)まだ全治は未定のようですが、最低でもクロノジェネシスが予定している6月の宝塚記念(G1)までには復帰しておきたいでしょうね」(競馬記者)

北村友騎手がヴィクトリアマイルで騎乗予定だったレシステンシアは、一昨年の2歳女王。今年2月の阪急杯(G3)で重賞3勝目を挙げると、1番人気に支持された高松宮記念(G1)では惜しくもクビ差の2着だった。マイル実績も十分だけに、ヴィクトリアマイルでも有力視されている。

この事態に素早い対応を見せたのが、レシステンシアが所属するキャロットファームだ。

JRA 武豊「逆襲チャンス」到来、レシステンシアでヴィクトリアマイル(G1)へ! 主戦・北村友一「落馬骨折」で宝塚記念(G1)クロノジェネシスに不安のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?