GJ > 競馬ニュース > 【京都新聞杯(G2)展望】
NEW

JRA【京都新聞杯(G2)展望】武豊ディープモンスターVS福永祐一ルペルカーリア! 日本ダービーでエフフォーリアに挑戦状を叩きつけるのは

JRA【京都新聞杯(G2)展望】武豊ディープモンスターVS福永祐一ルペルカーリア! 日本ダービーでエフフォーリアに挑戦状を叩きつけるのはの画像1

 8日には、中京競馬場で京都新聞杯(G2)が行われる。例年と違い、ダービーと同じ左回りコースでの開催だけに、本番へ直結する可能性が高そうだ。

 ディープモンスター(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)は7着に敗れた皐月賞(G1)から中2週での参戦を表明。快勝したすみれS(L)と同じ距離で巻き返しを図る。

 その皐月賞は上位3着までを道中インを走った3頭が独占。ディープモンスターは終始外を回っての7着だった。手綱を取った戸崎圭太騎手もレース後、「前残りで厳しかったです」と話したように、結果的には位置・コース取りが致命傷となった。

 それでも2着のタイトルホルダーとは0秒3差なら、着順以上の評価を与えるべきだろう。当然、今回は相手関係も楽になり、1ハロンの距離延長もこの馬にはプラス。1番人気に支持されることは間違いない。

 鞍上は1か月半ぶりに戦列復帰した武豊騎手に戻る。武騎手は骨折からの復帰初日の1Rでいきなり勝利を飾るなど、“休養明け”でもしっかり存在感を発揮。菊花賞の前哨戦だった時代も含め、このレースを通算6勝しているのも頼もしい。

 直近の勝利はキズナで制した2013年。その後にダービーを制覇したのは記憶に新しいはずだ。ディープモンスターと8年前の再現はあるか。

 ルペルカーリア(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)は父モーリス、母シーザリオ、兄にエピファネイアとサートゥルナーリアなどがいる超良血馬だ。

 1月に2戦目で勝ち上がると、毎日杯(G3)に挑戦。3番人気に推されたが、シャフリヤールから0秒5差の4着に敗れ、皐月賞出走は叶わなかった。

 福永祐一騎手は前走後、「馬場が硬いのがそれほど得意ではありません」と話したように、当日の馬場状態がカギを握る。重馬場で行われた未勝利戦で強い勝ち方をしており、馬場が渋れば逆転の可能性も出てくるだろう。

 リオンディーズを含め兄3頭が出走したダービーに向け、狙うのは1着だけだ。

JRA【京都新聞杯(G2)展望】武豊ディープモンスターVS福永祐一ルペルカーリア! 日本ダービーでエフフォーリアに挑戦状を叩きつけるのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬