GJ > 競馬ニュース > オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
NEW

オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り

【この記事のキーワード】, , ,

オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴りの画像1

 22日、東京競馬場で行われた牝馬クラシック第2弾・オークス(G1)は、C.ルメール騎手の3番人気スターズオンアースが前走の桜花賞(G1)に続く二冠を達成。テン乗りで臨んだ鞍上にとっても、国内では昨年12月のチャレンジC(G3)以来となる待望の重賞勝ちとなった。

 その舞台裏で、もう一つ大きな注目が集まったのはレース直前だった。

 発走前の輪乗り中に、石橋脩騎手のサウンドビバーチェが放馬するアクシデント。結果的に同馬は競走除外となり、この一幕がグレード制導入後のG1では最長だった2011年スプリンターズS(G1)の13分(ビービーガルダンが放馬)を超える15分の遅延を引き起こした。

 これに対し、競馬界のご意見番こと元JRA騎手の安藤勝己氏は、自身の公式Twitterを通じて「JRAは今日のオークスを教訓に競走除外の見直ししたほうがいい。スピード面ね。テレビ中継、レースの結果としてもファンに迷惑かけたと思うよ」とJRAの対応の遅さに苦言を呈した。

 事実、出走時間が大幅に遅れたことが影響して、関西テレビの中継ではレース映像を流している最中にCMへと切り替わってしまい、最後までレースを放送できない事態に……。テレビの前でかじりついていた競馬ファンにとっては、実にモヤモヤが残るレースでもあった。

オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴りの画像2
野中悠太郎騎手 撮影:Ruriko.I

 競走除外となったサウンドビバーチェや鞍上の石橋騎手には、非常に残念な結果となったが、シンガリ人気のラブパイロー(牝3、美浦・大和田成厩舎)と共にオークスでG1初騎乗となった野中悠太郎騎手にとっても、後味の悪いレースであったに違いない。

G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り

 なぜならJRAが「サウンドビバーチェ号は,発走地点で他の馬に蹴られ放馬」と発表した「他の馬」というのは、まさにラブパイローであったからだ。

 レース直前の輪乗りの際、ラブパイローの後ろ蹴りをもろに顔面に浴びたサウンドビバーチェは、石橋騎手を振り落としてそのまま放馬。その後、検査により「疾病〔顔部挫創〕を発症したため競走除外」という結末を生んでしまったのだ。

 故意的ではないにしろサウンドビバーチェ陣営の生涯一度のオークス出走を奪ってしまった事が、野中騎手にとっては何より心苦しかっただろう。

 前週のヴィクトリアマイル(G1)では、逃げたシンガリ人気のローザノワールがあわやの4着に激走したことで、オークスでも同じ逃げ馬でシンガリ人気のラブパイローに密かな前残りへの期待感があった。

 しかし、レース前にもはや「顔面蒼白」の事態となったG1初騎乗の鞍上には、冷静に立ち振る舞うことは極めて難しかったはずだ。

「逃げた方がよさそうなので、極端な競馬をイメージしています」

 レース前には『サンケイスポーツ』の取材に対して力強く語っていた鞍上だったが、スタートを決めて前に押し出すも、外からニシノラブウインクが果敢にハナを奪ったことで意外にも道中は4番手に控える形に。そのまま持ち味を発揮することなく最後の4コーナーで早々に手応えが怪しくなると、直線ではズルズルと後退し最終的にほぼ人気通りの15着に敗れた。

 本来であれば、野中騎手にとっては2019年のホープフルS(G1)でガロアクリークと共にG1初騎乗の予定だったが、自身のインフルエンザで騎乗が叶わず今回はそれから2年半越しの初挑戦。やっとの思いで掴んだ大舞台ではあったものの、予想外の苦い思い出となってしまった。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴りのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”