GJ > 競馬ニュース > 安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる“嫌な予感”
NEW

JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる“嫌な予感”

【この記事のキーワード】, ,
JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる嫌な予感の画像1
C.ルメール騎手

 今週もまた名手の前に立ちはだかるのは“あの騎手”なのだろうか。

 29日、東京競馬場で行われた日本ダービー(G1)は武豊騎手の3番人気ドウデュースが後方から鮮やかな差し切り勝ち。「4強」と呼ばれた一戦を制し、大観衆の前で競馬界のレジェンドが大いに存在感を示した。

 その一方で、直線ではその背中をがむしゃらに追いながらも、わずかクビ差で栄光を掴み損ねたのが2番人気イクイノックスに騎乗したC.ルメール騎手だ。

「直線でドウデュースの外へ出した時は勝てると思いましたが、ドウデュースもまた伸びました。18番枠もありました……」

 レース後にはそう語っていた鞍上。枠・展開・道中の位置取りなど、ダービーという大舞台でのほんの少しの差が2人の「明暗」を分けた。

 しかし、トップジョッキーだけに、いつまでも過去の敗戦を引きずるわけにはいかないはず。

JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる嫌な予感の画像2
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 今週末6月5日に行われる安田記念(G1)には、シュネルマイスター(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗を予定しているルメール騎手。パートナーは『netkeiba.com』で公開されている現在の予想オッズで想定1番人気となっている。手痛い惜敗から気持ちを切り替えて、改めて大一番へ臨みたいところだ。

 そんなルメール騎手にとって、気になるライバルに朗報が飛び込んだ。

「先週の25日に、ダービー馬ドウデュースなどを所有するキーファーズの公式サイト『キーファーズサロン』にて、シャランガーナを管理する清水久詞調教師が『豊さんは安田記念ですので』とのコメントが見受けられました。

ですが、その時点では安田記念登録馬の想定騎手に武豊騎手の名前はなく、ファンの間では『一体どの馬に乗るのか』という考察がネットの掲示板やSNS等で始まっていました。

候補は複数いましたが、なかでもファンが最も切望していたのが前走のヴィクトリアマイル(G1)で2着したファインルージュ。どうやらその可能性が高そうですよ」(競馬誌ライター)

ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?

 そのファインルージュの前走に騎乗したのはルメール騎手だが、今回は自身とのコンビで昨年のNHKマイルC(G1)を制したシュネルマイスターへの先約があったためコンビを組むことは出来ず。

JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる嫌な予感の画像3
ファインルージュ 撮影:Ruriko.I

 また過去にコンビを組んで桜花賞(G1)3着や紫苑S(G3)で勝利に導いた福永祐一騎手もフェブラリーS(G1)を勝ったカフェファラオに騎乗予定のため、2頭に遅れて参戦を決めたファインルージュにぽっかりと空きがある形になっていたのだ。

 その流れもあって、元々安田記念にお手馬との出走予定がなかった武豊騎手に思わぬチャンスが舞い込んできたということだろう。

 シュネルマイスターとファインルージュの比較をするわけではないが、どちらの主戦でもあるルメール騎手にとっては少々複雑な気持ちかもしれない。何と言っても思い出すのは2年前の2020年にアーモンドアイとのコンビで敗れた安田記念だ。

 当時は、単勝1.3倍の断然人気に推された同馬。前走のヴィクトリアマイルは牝馬同士ではあったものの、ノームコアやダノンファンタジー、ラヴズオンリーユーといった強力なG1馬達を全く問題にせず、終始楽な手応えのまま2着に4馬身差をつける圧勝を決めていた。

 それもあって、戦前にはルメール騎手とアーモンドアイは「勝利濃厚」というのが大半の見立てだった。だが、その絶対的な存在を打ち破ったのは自身が主戦を務めていたグランアレグリア。代役として騎乗した池添謙一騎手にまんまと勝利を奪われた苦い思い出がある。

 今回においても、主戦だったファインルージュに武豊騎手が跨り、自身が選んだシュネルマイスターより先着を許すなんてことは想像もしたくないだろう。ましてや先週のダービーでもあと一歩のところで勝利を奪われた武豊騎手ならなおさらの話だ。

 ルメール騎手にとって脅威となるのは、今週もまた武豊騎手なのかもしれない。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
 ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる“嫌な予感”のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬