GJ > 競馬ニュース > 【マーメイドS(G3)展望】コンビ無敗「川田将雅×ソフトフルート」が重賞初Vへ必勝態勢!? 大ケガから復帰の北村友一はクラヴェルと初コンビ!
NEW

JRA【マーメイドS(G3)展望】コンビ無敗「川田将雅×ソフトフルート」が重賞初Vへ必勝態勢!? 大ケガから復帰の北村友一はクラヴェルと初コンビ!

JRA【マーメイドS(G3)展望】コンビ無敗「川田将雅×ソフトフルート」が重賞初Vへ必勝態勢!? 大ケガから復帰の北村友一はクラヴェルと初コンビ!の画像1
ソフトフルート

 19日、阪神競馬場では荒れる牝馬限定のハンデ戦、マーメイドS(G3)が行われる。

 過去10年で1番人気馬は「2-1-1-6」と苦戦する一方で、7番人気馬が「3-2-0-5」の好成績、10番人気馬も「2-2-2-4」と、下位人気馬の活躍が目立つレースだ。穴をあけているのは斤量50~51kgの軽ハンデ馬で、単勝複勝ともに回収率は100%超え。条件馬でも決して侮れない重賞となっている。

 それでも、今年の主役候補はG1好走実績のある馬たちか。2年前の秋華賞(G1)でデアリングタクトの3着に好走したソフトフルート(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)に主役の期待が懸かる。

 秋華賞後のエリザベス女王杯(G1)でも6着に善戦したソフトフルートだったが、3勝クラスを勝ち上がったのは、半年後の昨年5月。そして昇級初戦で迎えたのが1年前の当レースだった。

 54kgとやや見込まれたハンデながら1番人気に支持されたソフトフルート。好位追走から4角では2番手まで押し上げたが、直線は思ったほど伸びずに8着に敗れた。

 秋は新潟牝馬S(OP)から始動し、マリアエレーナの2着。続くエリザベス女王杯では、上がり2位の末脚を駆使して4着と健闘した。

 今年に入ってからはすでに3走しているが、いずれも馬券圏外とやや期待外れの結果が続く。ただし、前走の都大路S(L)は4着に敗れたが、直線での不利がなければあるいはという内容だった。実際に鞍上を務めた岩田望来騎手は「悔いが残るのは直線だけです」とコメントしており、スムーズにさばけていれば、突き抜けていてもおかしくなかった。

 悔いが残る一戦を経て、陣営は鞍上にコンビ通算2戦2勝の好相性を誇る川田将雅騎手を指名。大目標になるであろう3度目のエリザベス女王杯に向けて、必勝態勢で臨む。

 昨年のエリザベス女王杯でソフトフルートにクビ差先着の3着に食い込んでいたクラヴェル(牝5歳、栗東・安田翔伍厩舎)も実績上位の1頭だ。

 昨年の当レースでは51kgの軽量を生かして、5番人気で2着に追い込み、ここでもソフトフルートに先着していた。その後も中京記念(G3)、新潟記念(G3)、そしてエリザベス女王杯と、3戦連続3着を確保する安定感を発揮。

 前走・日経新春杯(G2)では強豪牡馬の中に入って、4番人気に推されたが、勝ったヨーホーレイクから1秒1差の8着に敗れた。その前走はレース中に鼻出血を発症しており、敗因は明確。約5か月ぶりの実戦となるが、実績がある阪神が舞台なら好勝負に持ち込めるだろう。

 鞍上は前走まで10戦連続で手綱を取っていた横山典弘騎手から北村友一騎手に乗り替わる。約1年1か月ぶりに大ケガから復帰したばかりの北村友騎手。久々の重賞で快気祝いの勝利を挙げたいところだ。

 マリアエレーナ(牝4歳、栗東・吉田直弘厩舎)は、格上挑戦で臨んだ昨秋の新潟牝馬Sを勝利。続く愛知杯(G3)でも2着した実力馬だ。しかし、5番人気で臨んだ前走・京都記念(G2)は自己ワースト着順となる8着に大敗している。

 今回で4戦連続騎乗となる坂井瑠星騎手は、2200mの前走後に「距離が1ハロン長いのかも知れません」とコメント。2000mに戻る今回は巻き返しに燃えているだろう。

 牝馬限定戦では、通算「3-2-1-1」という好成績のマリアエレーナ。唯一の馬券圏外もエルフィンS(L)の4着なら、ここでも大崩れはないはず。前走後は外傷などもあって予定を延ばしての一戦となるが、重賞初制覇のチャンスは大いにあるだろう。

JRA【マーメイドS(G3)展望】コンビ無敗「川田将雅×ソフトフルート」が重賞初Vへ必勝態勢!? 大ケガから復帰の北村友一はクラヴェルと初コンビ!の画像2
ルビーカサブランカ 撮影:Ruriko.I

 愛知杯でマリアエレーナに競り勝ったルビーカサブランカ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)も展開次第では最有力候補に躍り出る可能性がある。

 直近の2走は中山牝馬S(G3)と福島牝馬S(G3)でいずれも2番人気に推されたが、6着と5着に敗れた。敗因はやはり1800mという距離か。2000mに距離が延びる今回は改めて見直す必要があるだろう。

JRA【マーメイドS(G3)展望】コンビ無敗「川田将雅×ソフトフルート」が重賞初Vへ必勝態勢!? 大ケガから復帰の北村友一はクラヴェルと初コンビ!の画像3
リアアメリア 撮影:Ruriko.I

 衝撃のデビューから3年、リアアメリア(牝5歳、栗東・中内田充正厩舎)は、世代牝馬の中心的存在だったが、3戦目の阪神JF(G1)で敗れて以降はローズS(G2)での勝利があるだけ。他はことごとく馬券圏外に消えている。8か月ぶりの実戦で、さすがに失地回復は厳しいか。

 3勝クラスの身で軽ハンデが見込めるイズジョーノキセキ(牝5歳、栗東・石坂公一厩舎)にも注意が必要だ。条件馬といっても、チューリップ賞(G2)4着、昨年のエリザベス女王杯では5着と、重賞での好走実績もある。昨年の当レースでは2番人気に推されたが7着に敗れており、1年越しのリベンジを狙う。

 この他には、前走・新潟大賞典(G3)で1番人気に支持されるも、9着に敗れたアイコンテーラー(牝4歳、栗東・河内洋厩舎)、ラヴズオンリーユーの全妹、ラヴユーライヴ(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)、昨年の当レース5着馬、ホウオウエミーズ(牝5歳、美浦・池上昌和厩舎)なども上位をうかがう。

 今年も波乱ムードが漂う一戦は、各馬のハンデにも要注目。発走は19日、15時35分予定となっている。

JRA【マーメイドS(G3)展望】コンビ無敗「川田将雅×ソフトフルート」が重賞初Vへ必勝態勢!? 大ケガから復帰の北村友一はクラヴェルと初コンビ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  3. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  4. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  5. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  8. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  9. JRAジャパンC(G1)「史上最高」アーモンドアイ参戦もまさかの低レベル!? コントレイル、デアリングタクトでもない…… 下馬評1番人気はあの馬
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】