GJ > 競馬ニュース > 大物馬主の「神対応」にインフルエンサーも顔面蒼白…懲りない穴党の結論はガイアフォース斬り【セントライト記念(G2)予想】
NEW

JRA大物馬主の「神対応」にインフルエンサーも顔面蒼白…懲りない穴党の結論はガイアフォース斬り【セントライト記念(G2)予想】

JRA大物馬主の「神対応」にインフルエンサーも顔面蒼白…懲りない穴党の結論はガイアフォース斬り【セントライト記念(G2)予想】の画像1

 先週末に中京競馬場で行われたセントウルS(G2)は、池添謙一騎手とメイケイエールのコンビが、芝1200mを1分6秒2(良)のレコード勝ち。秋の目標であるスプリンターズS(G1)に向けて幸先のいいスタートを決めた。

 本企画は一応、編集部きっての穴党・黒井零と逆神の中川大河による「独断と偏券」の予想対決だ。

 そろそろ的中しなければと浅い考えでセントウルSを選択したはいいが、絶対に当たると豪語した中川は、メイケイエールとソングラインの2頭軸で空回り。黒井が単騎で逃げたらあるいはと望みを懸けたジャスパープリンスも、ハナすら奪えない最下位という無残な結果に終わってしまった。

 やまない雨はないというが、2人の頭上では集中豪雨といった有様である。

黒井零(以下、黒井):大穴狙いのこっちはまだしも、穴党なのに恥も外聞もないくらいの堅い予想をしたヤツまでこれだもんなあ。

中川大河(以下、中川):ギクッ……、終わったことをいつまでも引き摺ったって仕方がないですよ。何のために1週間のクールダウンがあると思っているんですか(笑)。そんなことよりもいいんですか?私が京成杯AH(G3)で1着2着のワイドをボックスで的中していたことに触れなくて。

黒井:でも◎シュリだったねえ確か。やっぱり逆神じゃないか(笑)。こっちがTwitterで大物馬主から返信いただいてガチでビビっていたのに比べれば、まだまだ。

中川:それって某西山茂行オーナーのことですよね?私もフォローさせていただいているので、顔面蒼白になっている黒井さんの顔が容易に想像できました(笑)。だってフリー素材のアレ、見れば見るほど西山オーナーにそっくりでしたもんね。

黒井:そうそう。紺のスーツに水色のネクタイした馬主さんが、口取りしているイラストだったんだけど、同じ格好の写真を披露してもらえてさ。これぞまさに「神対応」って思った。ちょうど紫苑S(G3)当日だったものだから、馬券もニシノラブウインクから買っちゃった。結果は残念だったけど、セントライト記念に出てくるセイウンハーデスも印をつけるか迷ったよ。

中川:プリンシパルS(L)を勝っているから侮れないですが、今回私が「◎」に選んだのはオニャンコポン。人気は実績で上回るアスクビクターモアでしょうけど、この馬も負けず劣らずの中山巧者です。同じ中山の皐月賞(G1)でクビ差なら、展開次第で何とかなるはずです。実はこの馬G1以外では負けなし。ということは勝ったも同然でしょう。

黒井:某人気漫画の影響もあってファンの多い馬だよね。菅原明良騎手も若手らしからぬ度胸の良さで好調だもんね。面白いんじゃない。こっちの「◎」はローシャムパークにした。2勝馬だけど前走の山藤賞(1勝クラス・芝2000m)が圧巻だった。7馬身差の楽勝もなかなかだけど、強調したいのは稍重の馬場で後半5Fを58秒8でまとめているところ。

 これって良馬場だった皐月賞の59秒5より0秒7も速い。前進気勢が強くてデビュー2戦は、馬と喧嘩しながら押さえていたんだけど、馬の気分を損なわずに行かせたらまるで別馬みたいに変わった。ここも好戦したら菊花賞(G1)でも買いたい。

中川:ローシャムパークは私も目をつけていました。C.ルメール騎手が乗るのも心強いですよね。ちなみに私の「○」はこの馬です。「▲」は前走の新潟で復調気配を感じたラーグルフ。ホープフルS(G1)3着以降は苦戦続きでしたが、ようやく調子も上向いてきました。

懲りない穴党の結論はガイアフォース斬り

黒井:こっちのラーグルフは「△」の評価。「▲」はアスクビクターモアだけど、この馬については今更説明するほどでもないか。小倉でレコード勝ちしたガイアフォースは、意外にも2人とも無印か。7月の小倉って異常な前残りとレコード連発があったから、過大評価したくないな。

中川:でもデビュー戦で、あのドウデュースとクビ差の接戦をしているんですよねえ。坂のある阪神でも楽勝していますから、あっさり勝たれても驚けないかも。まあ私は人気馬だから消しただけなんですが。

黒井:そういうとこだゾ。お互い残りは、あわよくば配当が付けばいいなといった感じの馬だね。今回はどっちも上位人気を推しているのもあって、そろそろ連敗ストップもありそうだな。

中川:まあ任せてくださいって。今週こそ本当の実力をお見せしますよ。絶対に当たりますから。

黒井:そこまで言うなら、もしハズレたら罰ゲームでもする?ほら今流行りの○○○○確定とかさ。

中川:痛い、やだ。

黒井:とはいえ、人のこと言えないからお互い頑張ろう。

中川:おえおう。

黒井:はいしか言っちゃダメ。

■中川の予想
◎オニャンコポン
○ローシャムパーク
▲ラーグルフ
△アスクビクターモア
×ボーンディスウェイ
※◎1頭軸の3連複で印の4頭に流して6点。

■黒井の予想
◎ローシャムパーク
○アスクビクターモア
▲ラーグルフ
△キングズパレス
×ショウナンマグマ
※◎○2頭軸3連単マルチの18点。

JRA大物馬主の「神対応」にインフルエンサーも顔面蒼白…懲りない穴党の結論はガイアフォース斬り【セントライト記念(G2)予想】のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内