GJ > 競馬ニュース > 「史上ワースト」菊花賞と秋華賞で明暗クッキリ!? 「嫌われ者」の起死回生に浮上する延命策の是非
NEW

「史上ワースト」菊花賞と秋華賞で明暗クッキリ!? 「嫌われ者」の起死回生に浮上する延命策の是非

【この記事のキーワード】, ,

「史上ワースト」菊花賞と秋華賞で明暗クッキリ!? 「嫌われ者」の起死回生に浮上する延命策の是非の画像1

 秋のG1シリーズがいよいよ今週末のスプリンターズS(G1)で幕を開ける。その後は1週空いて、10月16日の秋華賞(G1)、そして23日の菊花賞(G1)へと続いていく。

 そこでフライング気味ではあるが、今年の牡馬と牝馬それぞれの三冠目の想定メンバーと出走ボーダーラインをざっくりと展望しておきたい。

 先に行われる秋華賞は2歳女王のサークルオブライフが紫苑S(G3)4着後に屈腱炎を発症し、戦線を離脱。早々とスプリント路線に舵を切った桜花賞(G1)3着馬のナムラクレアとともに不在となる。

 ただしこの2頭以外は春の牝馬二冠で上位に入った馬がほぼ揃いそうだ。二冠牝馬のスターズオンアースを筆頭に、桜花賞2着馬のウォーターナビレラ、オークス(G1)2~3着馬のスタニングローズとナミュール、さらにローズS(G2)を制したアートハウスなどが再び一戦を交える。

 このように春の実績馬が多数参戦するため、出走ボーダーラインはやや高め。現時点で2勝クラス勝ち、つまり収得賞金1500万円組による抽選が確実視されている。阪神芝2000mのコースはフルゲート16頭ということもあって、夏の上がり馬には狭き門となりそうだ。

「史上ワースト」菊花賞と秋華賞で明暗クッキリ!?

 豪華メンバーの集結する秋華賞に比べると、やや“寒い”メンバーと言わざるを得ないのが菊花賞の方である。

 神戸新聞杯(G2)を終え、重賞勝ち馬が7頭ほど出走を予定しているが、G1馬は皆無。しかも春の牡馬クラシック二冠で馬券に絡んだ4頭のうち菊花賞に向かうのはダービー3着馬のアスクビクターモアのみ。さらに皐月賞(G1)とダービーで4着に入ったダノンベルーガも天皇賞・秋(G1)への直行が濃厚で、春の脇役と夏の上がり馬が相まみえる構図となりそう。

 また、菊花賞はフルゲート18頭ということもあって、ボーダーラインも低め。今週末の結果次第ではあるが、場合によっては1勝馬の出走も叶うかもしれない。まさに史上“ワーストレベル”の様相を呈している。

「思い起こせば昨年(の菊花賞)も春のクラシックホース(エフフォーリア、シャフリヤール)が不在でした。2年前もコントレイルに三冠が懸かっていなければ出走していなかったでしょう。

ただし、ここ10年ほどの菊花賞馬は、古馬になっても活躍しています。昨年のタイトルホルダー以外にもオルフェーヴル、ゴールドシップ、キタサンブラック、フィエールマンという顔触れ。むしろダービーを勝って燃え尽きてしまう馬の方が多いくらいです」(競馬誌ライター)

 もちろん今年の菊花賞から昨年のタイトルホルダーのような存在が出てくる可能性もあるが、春の活躍馬が続々と回避する最大の理由はやはり3000mという距離がネックになっているからか。

 かつては天皇賞制覇を目標に掲げ、多くの長距離ランナーを輩出したメジロ軍団などの存在もあったが、大種牡馬サンデーサイレンスが導入されて以降はスタミナよりもスピード、持続力よりも瞬発力を重視する風潮が高まった。マイルから中距離に対応できる馬づくりが進み、ステイヤーと呼ばれる存在は絶滅危機にある。

 実際に3000m以上の条件で行われるレースは数も少なく、あっても少頭数になることが多い。今後はさらに“スピード化”が進む可能性もあり、そうなるといずれ浮上しかねないのが菊花賞の距離変更もしくは古馬開放という議論である。

 距離に関しては、JRAにも前例がある。かつて牝馬三冠目のエリザベス女王杯(G1)はオークスと同じ2400mで施行されていた。秋華賞新設時に距離が2200mに短縮された過去はあるが、牡馬路線に関してはあまり現実的ではない。

 一方で、海外にも多くの事例があるように三冠目の古馬開放は議論の余地がありそう。アイルランドでは1983年に3歳限定から3歳以上に、ドイツでも2007年に古馬に開放されている。ただし、両国ともそれが三冠目の質向上にはつながっていないという現実もある。

 仮に菊花賞を古馬に開放すれば、“三冠馬”の重みがこれまでとは大きく変わってしまうのは間違いない。それでも“スピード化”の流れの中で、そんな議論が巻き起こっても何ら不思議はないだろう。

中川大河

中川大河

競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

「史上ワースト」菊花賞と秋華賞で明暗クッキリ!? 「嫌われ者」の起死回生に浮上する延命策の是非のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感