GJ > 競馬ニュース > 会心の天皇賞制覇もC.ルメールを待ち受ける苦難…「勝率19.5%」でも自己ワーストの危機
NEW

会心の天皇賞制覇もC.ルメールを待ち受ける苦難…「勝率19.5%」でも自己ワーストの危機

【この記事のキーワード】, ,
会心の天皇賞制覇もC.ルメールを待ち受ける苦難…「勝率19.5%」でも自己ワーストの危機の画像1
イクイノックス

 30日、東京競馬場で行われた天皇賞・秋(G1)。勝ったのはこれがキャリア5戦目という若き有望株・イクイノックス(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)だった。

 今春の皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)は惜しくも2着。どちらのレースも18頭立ての18番枠という厳しい初期条件の中、あと一歩届かなかったG1タイトルを伝統の天皇賞で掴み取った。

「これがG1初勝利ですが、最後ではありません」と語ったのは、デビューから5戦続けて手綱を取ったC.ルメール騎手。「ジャパンカップ(G1)や有馬記念(G1)に行っても大きなチャンスがある」と今後の活躍にも期待を寄せた。

 レースはパンサラッサが単騎で飛ばす展開となり、これにはルメール騎手も「直線に向いて彼を見たら15馬身くらいあって心配しました」と正直な感想を吐露。

 それでも、4角9番手から上がり最速32秒7の豪脚で追い上げ、ゴール手前で図ったように差し切り勝ち。大逃げにもペースを乱されることなく、相棒の末脚を信じた冷静な騎乗ぶりには各所から賞賛の声があがった。

 ルメール騎手といえば言わずと知れたJRA屈指の名手だが、G1タイトルは5月のオークス(G1)以来で今年2つ目。2016年と2017年は4勝、2018年には8勝を挙げ、2019年は5勝、2020年が8勝、そして昨年も5勝と毎年のようにG1勝利を量産してきただけに、今年の苦戦ぶりには早くから心配の声も聞こえていた。

 10月を終えた段階で、リーディング争いは88勝で第5位。トップの川田将雅騎手とは41勝の差をつけられており、5年連続で守り続けてきた騎手リーディングからの陥落も濃厚となっている。

 ただし、この点に関しては、6月末から8月の頭まで母国フランスで過ごしていたこともあって、今年はトップの座を明け渡す可能性が高いというのは明白だった。しかし、一方で気になるのが、「率」の面でも苦戦の跡が見られることだ。

 まずは、ルメール騎手がJRAの通年免許を取得した2015年以降の年間勝率を見てみよう。

▼C.ルメール騎手・年度別勝率

※通年免許取得(2015年)以降

2015年:19.5%(112勝/573回騎乗)
2016年:23.7%(186勝/786回騎乗)
2017年:24.6%(199勝/809回騎乗)
2018年:27.8%(215勝/772回騎乗)
2019年:25.2%(164勝/650回騎乗)
2020年:26.1%(204勝/781回騎乗)
2021年:24.8%(199勝/802回騎乗)
2022年:19.5%(88勝/452回騎乗)☆10月30日終了時点


 今年の勝率「19.5%」というのは、100回以上に騎乗した騎手の中で川田騎手に次ぐ2番目の成績ではあるものの、こうして並べて見るとルメール騎手のキャリアの中では低い水準であることがよく分かる。

 通年免許を取得して今年が8年目のシーズンとなるが、勝率20%切りとなれば初年度以来で2度目。当時とは立場も違い、回ってくる馬の質が向上していることも踏まえれば、この不振の深刻さが垣間見えてくる。

 つづいて、複勝率も見てみよう。

▼C.ルメール騎手・年度別複勝率

※通年免許取得(2015年)以降

2015年:47.5%(272/573回騎乗)
2016年:50.3%(395/786回騎乗)
2017年:54.8%(443/809回騎乗)
2018年:58.0%(448/772回騎乗)
2019年:56.2%(365/650回騎乗)
2020年:54.5%(426/781回騎乗)
2021年:51.2%(411/802回騎乗)
2022年:48.9%(221/452回騎乗)☆10月30日終了時点


 こちらも勝率と同様で、2015年を最後に複勝率が50%を下回った年はない。変わらずハイレベルではあるものの、その中での苦しみが見て取れる結果となっている。

 この成績の低下は大舞台での存在感にも影響を及ぼしており、今年はここまで国内の重賞勝ちがわずかに3つ。2月にはサウジアラビアでG3のレースを1日に4勝、その後のドバイでもG2のレースを制しているが、それを含めても8勝止まり。昨年は17勝、一昨年も17勝をマークしていただけに、その差は歴然だ。

 2022年も残すところ2カ月。久々のスカッとするG1勝ちをキッカケに逆襲へと転じていきたいところだが、そんなルメール騎手に立ちはだかるのが、大挙してやってくる外国人騎手たちの存在である。

 すでにC.デムーロ騎手やT.マーカンド騎手、H.ドイル騎手が来日してレースに参加しているところに、11月12日からはR.ムーア騎手にD.レーン騎手という世界的な名手が参戦。彼らを倒さなければ、ここからの白星量産は叶わない。

 来日以来最悪クラスの不振に加え、強大なライバルたちも襲来。ルメール騎手はもがき苦しんできた2022年をどう締めくくるのか。苦境に立ち向かう名手の戦いぶりに注目だ。

会心の天皇賞制覇もC.ルメールを待ち受ける苦難…「勝率19.5%」でも自己ワーストの危機のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客