GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「楽勝」マカヒキ2世を大絶賛! 友道康夫厩舎からワグネリアン、ドウデュースに続くダービー候補出現
NEW

C.ルメール「楽勝」マカヒキ2世を大絶賛! 友道康夫厩舎からワグネリアン、ドウデュースに続くダービー候補出現

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール「楽勝」マカヒキ2世を大絶賛! 友道康夫厩舎からワグネリアン、ドウデュースに続くダービー候補出現の画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 16日、阪神競馬場で行われた5Rの2歳新馬は1番人気ルモンドブリエ(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が優勝。秋華賞(G1)当日ということもあって普段より大きな盛り上がりをみせる中、嬉しいデビュー勝ちを決めた。

 8頭立て芝2000mのレース。無難にスタートを決めたルモンドブリエは、道中で内ラチ沿いの4番手を追走。前半1000m通過1分4秒9と緩い流れだったものの、特に折り合いを欠くこともなく最後の直線を迎える。

 直線では、鞍上のC.ルメール騎手が「馬の間でいい反応をしてくれた」と振り返った通り、逃げ切りを図ろうとしたニシノオスマンと、外から差し切りを狙ったワレハウミノコの間を縫うように力強い末脚で差し切った。

C.ルメール騎手「楽勝」マカヒキ2世を大絶賛!

「ルモンドブリエは、母に仏G1・2勝のラクレソニエールを持つ重厚な血統です。その影響もあってか、戦前には追い切りに跨っていたルメール騎手も『反応が遅い』とやや辛口評価でした。

ですが、レースでは最後までルメール騎手はムチを使っていなかったようにも見えましたし、ゴール前は流す余裕すらありましたからね。着差こそ僅かでしたが、ルメール騎手も『楽な勝利でした』と話していましたし、今後が楽しみです」(競馬誌ライター)

 この時期の新馬戦といえば、翌週に行われる菊花賞(G1)デーの新馬戦が、毎年大きな注目を集めることで有名だ。

 それもそのはず、過去の勝ち馬の中には皐月賞馬アンライバルド、ジャパンC(G1)を制したローズキングダム、昨年のダービー馬シャフリヤールなどG1馬がズラリと並ぶ。ファンの間で「伝説の新馬戦」と語られるほどの大物を、幾つも生み出してきた出世レースである。

 ただ、実は秋華賞デーの新馬戦を勝った中にも、のちに大物が誕生していることをご存じだろうか。

C.ルメール「楽勝」マカヒキ2世を大絶賛! 友道康夫厩舎からワグネリアン、ドウデュースに続くダービー候補出現の画像2
マカヒキ

 2015年に同レースを制したマカヒキが、翌年に日本ダービー(G1)を制覇。近年でも、昨年の富士S(G2)で2着したサトノウィザードや、今年のアンタレスS(G3)で2着に入ったグロリアムンディなどの素質馬が勝ち馬に名を連ねている。秋華賞デーの新馬戦を快勝したルモンドブリエも、将来が楽しみな存在と言えるかもしれない。

 レース後、ルメール騎手が「距離を延ばしても大丈夫」と語っていたようにデビューが芝2000mだったことから、陣営が描く青写真はやはり来年のクラシック、そして日本ダービー制覇だろう。

 同馬は、マカヒキをはじめワグネリアンやドウデュースなどのダービー馬を育てた友道厩舎ということもあって、自然と周囲の期待は高まる。来年のクラシックへ向け覚えておきたい1頭だ。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

C.ルメール「楽勝」マカヒキ2世を大絶賛! 友道康夫厩舎からワグネリアン、ドウデュースに続くダービー候補出現のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ