GJ > 競馬ニュース > ドウデュース回避の武豊に吉報!? 「神騎乗」で導いた逸材がジャパンC視野
NEW

ドウデュース回避の武豊に吉報!? 「神騎乗」で導いた逸材がジャパンC視野

【この記事のキーワード】, ,
ドウデュース回避の武豊に吉報!? 「神騎乗」で導いた逸材がジャパンC視野の画像1
武豊騎手

 先週6日のアルゼンチン共和国杯(G2)で2着のハーツイストワール(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎)が、今月27日に東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)を視野に調整を進めることが分かった。

 武豊騎手とのコンビで出走した前走は、最後の直線で内ラチに激突したキングオブドラゴンの煽りを受けると、大きくバランスを崩すとともに外側へと膨らんでしまうロスもあった。

 だが、すぐに態勢を立て直すと、鞍上がとっさの判断でぽっかりと空いたインを突いて再加速。勝ち馬ブレークアップには1馬身1/4差及ばなかったものの、2着に食い込んで連対を確保している。

 アクシデントの影響を受けながらの見事な盛り返しに、SNSやネット掲示板にはレース後「さすがレジェンド」「神騎乗だった」といった称賛の声が集まったのは言うまでもないだろう。

「武豊騎手はレース後、『直線でブレーキを踏んだのが痛かった』とも話していることから、不利がなければさらに際どかったようにも思えます。

ハーツイストワールは10戦9連対の東京巧者ですから、ジャパンCに出てきたとしても、面白い存在になりそうですね」(競馬誌ライター)

 管理する国枝師は『サンケイスポーツ』の取材に「これからオーナーともいろいろ相談しますが、登録はする予定です」とコメント。言葉のニュアンスとしては、それほど前向きではないようにも感じられるが、出走しても不思議ではない事情もあった。

 なぜなら前走で手綱を取った武豊騎手の騎乗に期待できるからである。

 同ジョッキーはもともとジャパンCにドウデュースとともに参戦を予定していたが、今月上旬に出走を自重することが決定。今後は来年3月のドバイターフ(G1)を目標にするとともに、今秋の全休が発表されている。

ブルームも2年連続での参戦を視野に…

 前走の凱旋門賞(G1)は道悪のコンディションにも苦戦し19着の大敗を喫したが、陣営の想像以上にダメージが残っていたということだろう。

 もしかしたら、そういったこともジャパンCを視野に入れた理由の1つとなった可能性も考えられる。

 ただ、ブルームも2年連続での参戦を視野に入れているだけに、松島正昭オーナーとの仲を優先するかもしれない。

「両馬ともに現時点で出走は不透明ですが、武豊騎手にしてみればジャパンC見学という憂き目を回避できる可能性がより高まったという意味においても、ハーツイストワールの登録は歓迎なのではないでしょうか」(同)

 ちなみにレジェンドは公式サイトの日記において、ハーツイストワールの左回り巧者ぶりを絶賛。「またの騎乗依頼をお待ちしています」とも綴った逸材だけに、今後の動向に注目してみたい。

冨樫某

冨樫某

キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

ドウデュース回避の武豊に吉報!? 「神騎乗」で導いた逸材がジャパンC視野のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  4. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  5. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  6. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  7. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  8. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  9. 川須栄彦騎手の初重賞制覇を飾った逃げ馬!保護猫30匹と暮らす“猫ざんまい”の余生
  10. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?