GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「自作自演」の配当アップ再び!? 朝日杯FSで4度目の恩返しに挑む
NEW

川田将雅「自作自演」の配当アップ再び!? 朝日杯FSで4度目の恩返しに挑む

川田将雅「自作自演」の配当アップ再び!? 朝日杯FSで4度目の恩返しに挑むの画像1

 先週末に行われた阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)は、1番人気に推されたリバティアイランドがライバルを寄せ付けない強さを見せて圧勝。メンバーが強化されたG1が舞台とはいえ、2.6倍の単勝オッズはデビュー3戦目で最も高い配当だった。

 JRA史上最速タイとなる上がり3ハロン31秒4をマークして話題となった7月新潟のデビュー戦を快勝した当時から、一部のファンから早くも世代最強と評価する声も出ていた逸材だけに、この勝利は驚くほどでもなかったのかもしれない。

 その一方で、当初はリバティアイランドの一強でもおかしくなかったこのレースが一転して混戦模様となった背景に、前走のアルテミスS(G3)で2着に敗れたことが大きく影響していたのも事実だ。先に抜け出したラヴェルをゴール前で猛追した姿に「負けて強し」の印象を残したものの、ファンの間に不覚を取った単勝1.4倍の大本命馬に対する不信感も芽生えたのだろう。

川田将雅「自作自演」の配当アップ再び!? 朝日杯FSで4度目の恩返しに挑むの画像2
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 敗戦について、「進路の無い競馬になってしまい、直線も待たないといけなくなりました」と振り返っていたのが主戦の川田将雅騎手だ。

 内枠からスタートしたこともあり、道中は他馬から蓋をされるような格好となったため、最後の直線でもスムーズな進路取りが出来ない状況。馬群からの抜け出しに四苦八苦しているコンビを尻目に、大外から伸び伸びと抜け出した相手がスタートで出遅れたラヴェルだったのだから、一部のファンから川田騎手の騎乗内容を責める声が出たのも止むを得なかったか。

 前走の借りを本番で返すことに成功した川田騎手だが、今週末の朝日杯フューチュリティS(G1)はダノンタッチダウン(牡2、栗東・安田隆行厩舎)に騎乗を予定。そして偶然とはいえ、この馬も前哨戦のデイリー杯2歳S(G2)を2着に敗れる臨戦過程からのG1出走となった。

 10月中京のデビュー戦を快勝したダノンタッチダウンは、2戦目の初重賞勝ちを懸けてデイリー杯2歳Sに挑んだ。

 しかし、スタートで後手を踏んだこともあり、10頭立ての芝1600m戦を先団から離れた後方3番手の追走を強いられる苦しい展開となってしまった。大外枠から先手を取り切ったオールパルフェがマイペースの逃げに持ち込んだため、道中の隊列に大きな入れ替わりもなく、川田騎手としても不本意だっただろうが、最後の直線は最後方に近い位置から大外に持ち出すしかなかった。

 だが、他馬を大きく上回る上がり3ハロン33秒1の豪脚を繰り出したものの、時すでに遅し。まんまと逃げ切り勝ちを決めたオールパルフェを半馬身差まで追い詰めたところでゴール。結果的に脚を余すような格好で惜敗してしまった。

「自作自演」の配当アップ再び!?

「リバティアイランドもダノンタッチダウンも川田騎手の乗り方次第では、勝っていたかもしれないと思えた内容だったことは確かです。応援していたファンが不満を漏らしたのも分かりますが、それは悔しい思いをした川田騎手も同じです。

阪神JFでリベンジに成功したのと同じく、朝日杯でも先週の再現があっても不思議ではないでしょう。むしろ前走の2着で配当が上がるようなら、絶好の狙い目かもしれませんよ。まあ勝ったら勝ったで結果的に川田騎手の“自作自演”と言われそうですけど(笑)」(競馬記者)

 また、2週連続でリベンジとG1勝利を目論む川田騎手にとっては、絶対に落としたくない理由もある。

 阪神JFを制したリバティアイランドは、プライベートでも昵懇の仲である中内田充正調教師の管理馬だったが、朝日杯FSに出走するダノンタッチダウンは、師匠の安田隆調教師が管理している馬だ。

 2年前のホープフルS(G1)をダノンザキッドで制したときには、「師匠とともにやっとG1を取れて嬉しく思います。オーナーさんからもたくさん依頼をいただいて、何よりも先生に一番迷惑をかけて……」と涙も見せ、勝利騎手インタビューで言葉を詰まらせた。

 現在69歳の名伯楽に残された調教師生活もあとわずか。その後、高松宮記念(G1)のダノンスマッシュ、NHKマイルC(G1)のダノンスコーピオンで3度の恩返しにも成功しているだけに、4度目の恩返しを狙う今回も力が入るに違いない。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

川田将雅「自作自演」の配当アップ再び!? 朝日杯FSで4度目の恩返しに挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”