GJ > 競馬ニュース > G1の壁と産駒の早熟説が課題も皐月賞(G1)に3頭出しの大攻勢…ポスト・ディープインパクト候補に安藤勝己氏も熱視線
NEW

G1の壁と産駒の早熟説が課題も皐月賞(G1)に3頭出しの大攻勢…ポスト・ディープインパクト候補に安藤勝己氏も熱視線

【この記事のキーワード】, ,
G1の壁と産駒の早熟説が課題も皐月賞(G1)に3頭出しの大攻勢…ポスト・ディープインパクト候補に安藤勝己氏も熱視線の画像1
撮影:Ruriko.I

 春競馬を彩るビッグイベントと言えば、次代を担う3歳馬たちによるクラシックレース抜きでは語れない。先日の桜花賞(G1)では、2歳女王のリバティアイランドが単勝1.6倍の支持に応える快勝を収めたが、今週末に行われる牡馬三冠の初戦・皐月賞(G1)は、能力の拮抗した馬が複数出走を予定している混戦模様だ。

 それもそのはず。朝日杯フューチュリティS(G1)を制した2歳王者のドルチェモアはマイル路線に矛先を向け、ホープフルS(G1)を制したもう一頭の2歳王者・ドゥラエレーデの姿もない。トライアルレースの勝ち馬が目まぐるしく変わったように、どの馬にも初G1制覇のチャンスがあるだろう。

 また、2歳王者の不在に加えて、今年は日本が世界に誇る大種牡馬・ディープインパクトの産駒がいないことも大きな注目ポイントとなる。ラストクロップとなった現3歳世代はJRAの登録馬自体が6頭だけと少ないものの、それでも牝馬路線ではライトクオンタムが桜花賞に駒を進めたが、今のところ牡馬にはこれといった有力馬が出ていない。

 出馬表の父名の欄に「ディープインパクト」の文字がない新時代の戦いの中で、将来の大種牡馬候補となる新星の登場が待たれるわけだが、皐月賞に向けたトライアルレースの結果を振り返ってみると、ひと際目を引く1頭の種牡馬が浮かび上がってきた。


▼弥生賞ディープインパクト記念(G2)
1着 タスティエーラ(父:サトノクラウン)
2着 トップナイフ(父:デクラレーションオブウォー)
3着 ワンダイレクト(父:ハービンジャー)

▼若葉S(L)
1着 ショウナンバシット(父:シルバーステート)
2着 ラスハンメル(父:シルバーステート)

▼スプリングS(G2)
1着 ベラジオオペラ(父:ロードカナロア)
2着 ホウオウビスケッツ(父:マインドユアビスケッツ)
3着 メタルスピード(父:シルバーステート)


 ご覧の通り、トライアルから皐月賞の優先出走権を掴んだ8頭のうち、実に3頭がシルバーステートの産駒だった。ちなみに、今年の皐月賞において産駒の3頭出しを成し遂げた種牡馬は、ロードカナロアとシルバーステートのみ。デビュー2世代目にして、すでに種牡馬として実績を残しているロードカナロアと肩を並べたことは見逃せない。

ポスト・ディープインパクト候補に安藤勝己氏も熱視線

 さらに皐月賞路線に限らず、8日に中山競馬場で行われたニュージーランドT(G2)では、シルバーステート産駒のエエヤンが快勝。レース後には、元JRA騎手の安藤勝己氏が自身のTwitterで「シルバーステート産駒がG1の壁も破るのか注目」とつぶやくなど、産駒の大暴れに熱視線を送っている。

 今年デビューを控える2歳世代からはついに「ディープインパクト産駒」がいなくなるだけに、その偉大な父の血を引く“未完の大器”が種牡馬として大成することを願う声も多い。それだけに、求められるのは大舞台での存在感であり、安藤氏も指摘した「G1の壁」を越えることだ。

 初年度産駒では、牝馬のウォーターナビレラが無傷の3連勝でファンタジーS(G3)を制し、産駒として一番乗りでJRA重賞勝利を達成。その後は阪神ジュベナイルF(G1)で3着、桜花賞でも2着と健闘を見せたが、G1タイトルにはあと一歩手が届かなかった。

 さらに同じく初年度産駒の牝馬では、2戦2勝で出世レース・野路菊S(OP)を快勝したロンという大物候補も輩出したが、明け3歳の1月に右前脚に屈腱炎を発症したことが判明したため、クラシックシーズンを前に長期休養を余儀なくされてしまう。

 こうした不運もあって、ここまでのシルバーステート産駒のG1戦績は【0-1-1-6/8】となっている。今年はウォーターナビレラが高松宮記念(G1)に挑むも16着と大敗を喫し、これで同馬はオークス(G1)から5戦連続の2ケタ着順となってしまった。

 ロンも昨年12月に復帰を果たしたが、2勝クラスで3戦足踏みが続くなど、2歳時の勢いは影を潜めている。早くから頭角を現したスター候補に早くも燃え尽き症候群のような兆候が見られ、巷では“早熟説”も囁かれ始めている。

 それでも、こうした嫌な流れを断ち切るべく、デビュー2世代目では牡馬たちが続々と台頭してきた。上述したように皐月賞には3頭が出走するほか、NHKマイルC(G1)もトライアルを快勝したエエヤンに加え、出世レースとして近年注目を集める宝塚記念(G1)当日の新馬戦を完勝している大物候補・カルロヴェローチェも参戦を表明している。

「トライアルの鬼」に留まることなく、今年こそもうひとつ殻を破ることができるか。この春はシルバーステート産駒の奮闘に注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

G1の壁と産駒の早熟説が課題も皐月賞(G1)に3頭出しの大攻勢…ポスト・ディープインパクト候補に安藤勝己氏も熱視線のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光