GJ > 競馬ニュース > 「控えてほしい」単勝1.6倍の横山武史さえ従った陣営の思惑…ゴールデンハインド「裏切り」ではない「必然」の逃げ切りオークス出走の裏側
NEW

「控えてほしい」単勝1.6倍の横山武史さえ従った陣営の思惑…ゴールデンハインド「裏切り」ではない「必然」の逃げ切りオークス出走の裏側

【この記事のキーワード】, ,
「控えてほしい」単勝1.6倍の横山武史さえ従った陣営の思惑…ゴールデンハインド「裏切り」ではない「必然」の逃げ切りオークス出走の裏側の画像1
大本命リバティアイランドも油断ならない伏兵の誕生秘話

「持ってるものは良い馬なので、自信を持って乗りました」

 今週末21日に東京競馬場で開催されるオークス(G1)。その最重要トライアルとなるフローラS(G2)は、7番人気の伏兵ゴールデンハインドが勝利。2着だった1番人気ソーダズリングに1馬身1/4差をつける完勝で、オークスの有力候補に浮上した。

 東京開幕週の逃げ切り勝利。終わってみれば「開幕週は逃げ馬を狙え」というセオリー通りの結果だったが、三連単は1番人気が2着だったにもかかわらず5万9120円という波乱だった。

 それもそのはず。ゴールデンハインドが逃げを見せたのは、昨年10月の芙蓉S(OP)以来、約半年ぶり。まさかの展開に「ここで逃げるとは!?」「(逃げるなんて)聞いてない」「ハナに立つって知ってたら本命だったのに」「まさか逃げるとは」とレース後にはSNS等でファンからの“嘆き”の声が溢れていた。

 これには今回が初騎乗だった菅原明良騎手も「逃げたら面白いと思ったので、思い切って逃げました」とケムに巻いたが……。

 実は「計画的で『必然』の逃げだった」というから驚きだ。

 そう話すのは競馬情報サイト『モーカル』の関係者だ。数ある競馬情報サイトの中でも「地方競馬特化型サイト」と銘打っているだけあって、地方競馬好きの一部のファンの間では有名なサイトだが、中央競馬の、それも芝の重賞レースでも結果を残していることには驚きだ。

 それにしても「計画的で『必然』の逃げ」とは、どういうことか。関係者に話を伺ったところ「話せる範囲なら」ということで特別に許可していただいた。

「控えてほしい」単勝1.6倍の横山武史さえ従った陣営の思惑…ゴールデンハインド「裏切り」ではない「必然」の逃げ切りオークス出走の裏側の画像2
菅原明良騎手のとっさの閃きの勝利にも見えたが…

「このフローラS後にも武市康男調教師が『ビッグレッドファームさんも期待している馬なので、ホッとしました』と胸を撫で下ろしていましたが、ゴールデンハインドはデビュー前から、ビッグレッドファーム(サラブレッドクラブ・ラフィアン)が所有するゴールドシップ産駒の牝馬ということでユーバーレーベン2世になれる器と期待されている存在です。

 そのため、デビューから3戦こそ気性に任せた逃げる競馬をしていましたが、それでは(オークスの)2400mを戦えないと、4戦目のアイビーS(L)以降は、あえて結果よりも内容を重視して控える競馬を教え込んでいます。

 しかし、控える競馬を試みたフラワーC(G3)で4着に敗れるなど、賞金加算に失敗して迎えたのがフローラSでした。ユーバーレーベンのようにオークスを戦うには、ここが最後の賞金加算のチャンスであり、優先出走権ゲットは必須。そこで陣営は、再び逃げる競馬を解禁したということです」(モーカル関係者)

 確かに、今年のフローラSでは「逃げ」という奇襲に打って出た菅原明騎手の閃きが称賛されたが、考えてみれば本騎手はまだ5年目の若手である。

 これが何度もゴールデンハインドに乗っているベテランの主戦騎手ならまだしも、菅原明騎手は今回が初騎乗。重賞、それもオークス出走が懸かった重要なレースで、テン乗りの若手が作戦を全面的に託されることは、さすがに考えにくいだろう。

 実際に、今年2月のデイジー賞(1勝クラス)で騎乗した横山武史騎手がレース後に「逃げることも考えた」と話している。しかし、陣営から「控えてほしい」と指示があったため、あえて好位から競馬したようだ。

 ちなみにこのレースで、ゴールデンハインドは単勝1.6倍の大本命だった。だが、そんな状況でも目先の勝ちよりも内容を重視していることからも、ビッグレッドファームを含む陣営の徹底ぶりがうかがえる。

 そして、それは同時に本馬に対する期待の高さの表れともいえるだろう。

「控えてほしい」単勝1.6倍の横山武史さえ従った陣営の思惑…ゴールデンハインド「裏切り」ではない「必然」の逃げ切りオークス出走の裏側の画像3
若手の代表格・横山武史騎手でも「陣営の意思」には従う他ない

「我々にとっては、ゴールデンハインドが3月のフラワーCで4着に敗れ、このフローラSに矛先を替えた時点から『勝負レースになる』と睨んでいました。言い換えれば、陣営が『なりふり構わず勝ちに行くだろう』と予測していたということです。

 さらに、新たな鞍上として菅原明騎手を指名したことも、我々にとってポイントが高かったですね。

 というのも関東所属の菅原明騎手は直線の長い左回りコースを得意にしていて、この条件に限ってはベテランも含めた全騎手の中でもトップクラスの1人と評価していたからです。彼がわざわざ2週前から熱心にゴールデンハインドとコンタクトを取っている姿を見て、我々はこの馬に本命を打つことを決めました」(同関係者)

『モーカル』の関係者が話す通り、菅原明騎手はこのフローラSだけでなく、翌週にはウヴァロヴァイトでもう1つのオークス・トライアルのスイートピーS(L)を勝利。さらに翌週の新潟大賞典(G3)もカラテで重賞制覇など、直線の長い左回りコースで水を得た魚のごとく絶好調だ。ここしばらく東京G1が続くだけに、要注意のジョッキーといえるだろう。

 それにしても注目すべきは、このフローラSで三連単5万9120円を的中させ、推奨の400円投資で合計23万6480円を難なく計上した『モーカル』の情報力だろう。

 半年以上も逃げていなかったゴールデンハインドが極めて高い確率で逃げることを把握していた情報力も然ることながら、7番人気の伏兵を本命にして三連単を的中させるなど、相当な自信……いや、確信がなければできないことだ。

「当サイトは地方競馬を中心に力を入れていましたが、多くの会員の方々から『中央競馬でもやってほしい』という熱い声を頂戴しまして……。

 時間をかけて精査を重ねた結果、中央競馬でも弊社独自の情報ルートの確立に成功し、会員の皆様へ提供しても恥ずかしくない、当サイトのブランドを傷付けない情報を提供できるに至りました。今では平日は地方競馬、週末は中央競馬として、毎日楽しんでいただいております」(同関係者)

 そんな『モーカル』だが、幸いなことに現在新規の会員募集を行っており、登録手続きが完了した即日から利用できるという。また、無料で閲覧できる情報も充実しており、そこには当然、今週末のオークスに関わるものも含まれているようだ。

 さすがに実績のある人気コンテンツは有料とのことだが、新規登録特典として「3万円分のポイント」が無償提供される。入会費や年会費といった諸経費も必要ないだけに、無料情報だけでなく、3万円分の厳選情報もノーリスクでお試しできるというわけだ。

 中央競馬のニュースを主に扱っているGJとしては、やはり今週末のオークスの行方が気になるところだが、関係者曰くゴールデンハインドはもちろん、大本命が予想されるリバティアイランドら出走馬の精査も、すでにほぼ完了しているという。

 あとは最終追い切りや輸送の状況を確認し、自信を確信に変えるだけというのだから、頼もしいことこの上ない。地方競馬好きはもちろん、競馬好きなら『モーカル』に会員登録しておいて損はないだろう。

 特にユーバーレーベンが勝った一昨年の三連単53万馬券、さらに昨年の11万馬券と荒れに荒れまくっているオークスこそ、「情報のプロ」の力で他の競馬ファンに差をつける大チャンスといえるのではないだろうか。

クリック←地方競馬特化型サイト『モーカル』新規会員登録はコチラから

※本稿はPR記事です。

「控えてほしい」単勝1.6倍の横山武史さえ従った陣営の思惑…ゴールデンハインド「裏切り」ではない「必然」の逃げ切りオークス出走の裏側のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着