GJ > 競馬ニュース > 【安田記念】ソングライン、ソダシ、ジャックドール、シャンパンカラー…史上稀に見る大混戦だからこそ、信頼できるこの道42年「スペシャリスト」の出番?
NEW

【安田記念】ソングライン、ソダシ、ジャックドール、シャンパンカラー…史上稀に見る大混戦だからこそ、信頼できるこの道42年「スペシャリスト」の出番?

【この記事のキーワード】, ,
【安田記念】ソングライン、ソダシ、ジャックドール、シャンパンカラー…史上稀に見る大混戦だからこそ、信頼できるこの道42年「スペシャリスト」の出番?の画像1
ヴィクトリアマイルの1着ソングライン、2着ソダシも参戦!

 来月4日に東京競馬場で行われる安田記念(G1)。今年は例年以上に多士済々なメンバーが揃った印象だ。

 昨年の覇者であり、この春はヴィクトリアマイル(G1)を制したソングライン、2着だったソダシは川田将雅騎手との新コンビが注目される。昨年のマイルCS(G1)を勝ったセリフォスは、例年であれば抜けた1番人気になってもおかしくない存在だ。

 そこにマイラーズC(G2)で復活の勝利を挙げたシュネルマイスター、王道トライアル京王杯スプリングC(G2)を勝ったレッドモンレーヴ、ダービー卿チャレンジT(G3)で重賞初制覇を飾ったインダストリアなど、勢いのある馬たちにも十分に上位進出の余地がありそうだ。

 さらにデビューから一貫して2000mを使われてきた大阪杯(G1)の覇者ジャックドールに加え、NHKマイルC(G1)を勝ったシャンパンカラー、朝日杯フューチュリティS(G1)の覇者ドルチェモアら3歳馬と、“別路線”からも3頭のG1馬が参戦してきた。

 これだけバラエティに富んだメンバーは記憶にないが、実力伯仲の興味深いレースになることは間違いないだろう。もしかしたら10回やれば、10回とも異なる馬が勝つかもしれない――。今年は、それだけの実力馬が顔を揃えた印象だ。

 しかし、スポーツとしては興味深いレースでも、「予想」する人からすれば本命馬を決めることさえ一苦労……この上なく難解なレースではないだろうか。今回ばかりは本命馬を絞ることを諦めてボックス買いを試みる人も少なくなさそうだが、点数を絞るのも難しいレースになりそうだ。

 そこで今回は、競馬予想のプロの方に実力拮抗の難しいレースを当てるコツを教えてもらった。取材に応じてくれたのは、今年で創業42年を誇る競馬情報サイトの老舗『ホースメン会議』の関係者の方だ。

 馬券派の競馬ファンならご存知の通り、自らの予想を売り物とする予想家や競馬情報サイトは今の競馬界にも山のように存在し、新しいものが出てきてはすぐに消えてしまうような業界だ。

 そんな弱肉強食の世界で42年間も業界のトップランナーを務めてきたのは、『ホースメン会議』が多くの人々の支持を集めている証。一体、どんな方法でここまでの地位を築いてきたのか――。さっそく聞いてみた。

――今週の安田記念ですが、各馬の実力が拮抗して非常に難解なレースだと思います。『ホースメン会議』さんは、こういう時にどうやって予想しているのですか?

ホースメン会議・関係者のSさん(以下、Sさん):予想という点では、皆さんと同じですよ。出走馬の過去を振り返りながら、ジョッキーや調教師・厩務員の方々の話を聞いたり、追い切りをチェックしたりして本命馬を決めています。

――確かに、我々と大差ないですね。しかし、結果は天と地ほどの差があります。ぶっちゃけて聞きますが、何故『ホースメン会議』さんの予想はあんなにポンポン当たっているのですか?

Sさん:その辺りは企業秘密になってしまいますので……。

――そこをなんとか、言える範囲で構いませんので!

Sさん:……そうですね。確かに皆さんとやっていることは同じかもしれませんが、その「濃度」に差があると思います。例えば、一般の人が得られるジョッキーや調教師の話というのは、大抵どこかの新聞の記事だと思うんですよね。

 ただ、それだと書いてあること以上の情報を得ることはできませんよね? 例えば、ある調教師が「今回は追い切りの動きも良かったですし、自信を持って挑めます」と話している記事があったとして、記事だけならそこで終わりです。

 でも、彼らと直接コンタクトが取れる我々なら「では、前走が100として今回は?」ということを聞くこともできる。ジョッキーが「今回は逃げます!」という記事を受けて、よく「逃げ宣言」というフレーズを見かけますが、我々は「〇〇陣営も逃げ宣言していますけど、仮に競ってきたら、どうします?」と、さらに一歩も二歩も踏み込んだ質問ができるわけです。

【安田記念】ソングライン、ソダシ、ジャックドール、シャンパンカラー…史上稀に見る大混戦だからこそ、信頼できるこの道42年「スペシャリスト」の出番?の画像2
関係者から集めた情報は、すべて首脳陣の元に……

――うわっ、それだけでも全然違いますね……。よく逃げ馬が揃って「ハイペースになる」という話を見かけますが、実際にレースが始まってみると意外と落ち着いたり……。そういうのも、予めすべての陣営に質問して直接聞いておけばハイペースなのか、そうならないのかが正確にわかるわけですし。

Sさん:作戦面は特に大きいですね。レースは生き物なんて言われていますが、各馬がどういった競馬をするのかはジョッキー次第。つまりは言葉を話せない馬ではなく、「人の思惑」が大きく絡んでいるというわけです。

 単純に逃げ、先行、差し、追い込みというだけの話ではなくて、例えば「逃げだけど、ハナより2番手が理想」「本来はじっくり溜めたいけど、今回は○○をマークするように言われてるから早めの競馬になる」「今の東京は内が悪いから皆外を回ると思うけど、実は内から2頭分だけはあまり荒れてない。ここを狙うつもり」といった細部まで把握できると、展開予想の精度が大きく向上します。

――展開予想って、よく競馬番組とかでも見かけますけど、なかなか当たらないですよね。先日のオークス(G1)でもリバティアイランドがあんなに前で競馬するなんて、テレビでは全然言ってませんでした(笑)

 ちなみに、追い切りを見るコツとかはあるんですか? 最近だとネットでチェックすることもできるようになりましたが、見てもなかなか分からなくて……。解説の人が「いいですね」と言ったら「そうなのかな」と思ってしまいます。

Sさん:基本的に解説の方の話を参考にされていいと思いますよ。ただ、追い切りの映像だけではわからないこともあります。例えば、追い切りの後の状態はどうでしょうか?

――確かに、記事ではあまり触れられない部分ですね。

Sさん:強めの追い切り、軽めの追い切りといったことを記事などで目にすると思いますが「追い切りを行った馬が、その後どういう状態なのか」が意外に肝心なんですよね。最近では心拍数を測定して数値化しているところも増えました。

――コントレイルやディープインパクトの心肺機能が凄いという話は聞いたことがあります。

Sさん:意外に注目されていませんが、追い切りの前も実は重要だったりします。馬は頭の良い生き物ですから、これから追い切り……つまりは強い運動を行うことがわかる馬もいるんですよね。それで馬場入りを嫌ったり、必要以上に興奮する馬もいます。

――なるほど。それで現状のコンディションだけでなく、メンタル面もチェックできるわけですね。確かに疲れが溜まっている状態だと、人でもこれ以上走りたくないって思いますもんね。

Sさん:そうですね。馬は生き物ですから仮に追い切りの時計が優秀でも、それがイヤイヤだったり、その後にバテバテだったら、追い切りの動きがそのままレースに繋がるとは言えませんから。

――間違いないですね! いやあ、まさに目から鱗が落ちるお話ですが、日頃トレセンまで調教を見に行くこともできないし、ましてや騎手や調教師と直接話すことなどできるわけがない我々にとっては、聞けば聞くほど「どうしようもないなあ」と思ってしまいます。

Sさん:『ホースメン会議』は取材許可を持った記者や騎手のエージェント、元JRAジョッキー・調教師など、長年トレセンに出入りしている関係者の協力で成り立っています。

【安田記念】ソングライン、ソダシ、ジャックドール、シャンパンカラー…史上稀に見る大混戦だからこそ、信頼できるこの道42年「スペシャリスト」の出番?の画像3
『ホースメン会議』にはサクラスターオーで二冠制覇の東信二元騎手も

――競馬予想の神様・大川慶次郎さんが作られた情報社ですからね。最後になんとか『ホースメン会議』さんの方で、今週末の安田記念攻略のヒントのようなものを教えていただけませんか?

Sさん:直接的なお話はここではできませんが、今なら任意のメールアドレスに【安田記念・プロの3点勝負】の買い目を閲覧するためのメール配信を行っています。
――それってつまり『ホースメン会議』のプロの方の買い目が手に入るってことですよね!? でも、そういうのって“お高い”のでは?

Sさん:いえ、今回の【安田記念・プロの3点】に関しては「無料」でチェックできます。当社から届く無料公開メールを設定するだけなので、この記事をご覧の方もぜひチェックしてみてください。

――プロからもらえるヒントどころか、プロの買い目。しかも無料って……。いくら大手の情報社さんだからって、サービスしすぎじゃないですか!?

Sさん:我々にとっては、新しい会員様への名刺代わりのようなものです。当たり前の話ですが、競馬ファンの方々が情報社を利用するのは予想が当たるから。まずは、当サイトの実力を知ってもらわないことには利用するかどうかも決められませんからね。

――よく、デパートとかにある試食みたいなものですね! それにしては“美味し”過ぎるでしょ! 今回はありがとうございました、またぜひお話を聞かせてください!

Sさん:こちらこそ、ありがとうございました。我々も競馬関係者の立場であり、競馬人気の向上に協力できればと考えています。ぜひ、たくさんのご利用お待ちしております。

 取材前は業界トップクラスの大手情報社だけに「一体、どんな方法で」と色めきだったが、『ホースメン会議』の方々が行っている予想方法は、言ってしまえば我々が普段行っている競馬予想の延長線上にあるようだ。

 だが具体的な話を聞けば聞くほど、その「密度や深さの違い」を実感してもらったのではないだろうか。

【安田記念】ソングライン、ソダシ、ジャックドール、シャンパンカラー…史上稀に見る大混戦だからこそ、信頼できるこの道42年「スペシャリスト」の出番?の画像4
当たり前の話だが、予想が当たれば相応のお金も

 我々にも見様見真似で寿司を握ることくらいはできるが、職人のように美しく握ることはできない。プロ野球選手のようにホームランを打つこともできなければ、陸上選手のように速く走ることもできない。

 競馬予想に限らず、どんなジャンルにもその成功に日々を……いや、自身の人生を注ぎ込んでいるスペシャリストがいるのだ。読者の方々も、何かしらのプロであり、スペシャリストなのではないだろうか。

 だから我々は職人が握った寿司に舌鼓を打ち、プロ野球選手が打ったホームランに歓喜し、陸上選手の走りに驚愕する。競馬予想も予想のプロに任せて、我々は結果を楽しめばよいのではないだろうか。

CLICK→無料公開!【安田記念「馬連3点勝負!」】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

【安田記念】ソングライン、ソダシ、ジャックドール、シャンパンカラー…史上稀に見る大混戦だからこそ、信頼できるこの道42年「スペシャリスト」の出番?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想