GJ > 競馬ニュース > オークス15番人気3着ドゥーラの激走を見抜いた“必勝の法則”、JRA日本ダービーでも当てはまる穴馬の激走で波乱と万馬券
NEW

オークス15番人気3着ドゥーラの激走を見抜いた“必勝の法則”、JRA日本ダービーでも当てはまる穴馬の激走で波乱と万馬券

【この記事のキーワード】, ,
オークス15番人気3着ドゥーラの激走を見抜いた必勝の法則、JRA日本ダービーでも当てはまる穴馬の激走で波乱と万馬券の画像1
武豊騎手に乗り替わったファントムシーフ。日本ダービー7勝の大記録なるか?

■まさかの結果となったオークス

 いよいよ週末は日本ダービー(G1)。日本中がその話題で盛り上がっている。だがその前に先週行われたオークス(G1)を改めて振り返りたい。桜花賞(G1)に続き牝馬二冠を達成したリバティアイランドの強さには、日本だけでなく世界中が度肝を抜かれたことだろう。まさしく圧勝、そしてジェンティルドンナやアーモンドアイに続く牝馬三冠も目前と思える内容に、誰もが驚かされたはずだ。一方で、リバティアイランドの勝利とともに驚かされたのが、15番人気ながら3着に激走したドゥーラではなかろうか。

 勝ったリバティアイランド、そして2着ハーパーはほとんどのファンもマスコミも容易に的中できたはず。しかし出走馬18頭中15番人気のドゥーラの激走を見抜くことができたのは、ほんの一部でしかなかった。実際にほとんどのスポーツ紙や競馬専門紙の予想を見ても、ドゥーラは無印というのが大多数の見解。つまりほとんどのマスコミや記者は、トレセンで取材をしていながらドゥーラの激走を事前に掴むことができなかったのである。

 しかしそのドゥーラの激走を事前に把握し、衝撃の万馬券を的中させた最強のプロ集団がいる。それが「競馬セブン」だ。

 福永祐一現調教師ら競馬界を代表する騎手を育てた、元JRA競馬学校教官の徳吉一己が総監督となり、名馬タマモクロスを手掛けた小原伊佐美、関東の名伯楽として知られる嶋田潤、競馬界の名門に連なる二本柳俊一といった元JRA調教師、元社台スタリオンステーション荻伏の場長として、社台グループの礎を築いた林勲など、日本の競馬界を代表する大物関係者が数多く所属するのが競馬セブンだ。

 先週のオークスは、当然のことながらリバティアイランドを本命に指名。相手にハーパー、そして激走情報を独占的に把握していたドゥーラを抜擢。馬連は590円と低配当だったが、3連複1万6840円、3連単3万4140円の的中は見事と言えるだろう。これこそが本物の情報力であり、プロの仕事であった。

オークス15番人気3着ドゥーラの激走を見抜いた必勝の法則、JRA日本ダービーでも当てはまる穴馬の激走で波乱と万馬券の画像2
衝撃のオークス完全的中!日本ダービーも再現か?

 そんなドゥーラの激走を見抜いた競馬セブンの情報は、まさに“必勝の法則”と呼ぶに相応しく、今週末の日本ダービーでも期待される。果たして彼らはどんな情報を入手し、どんな結論に至ったのか、その答えを知ることは、日本ダービーを的中させてオークスの負けを取り戻すために必要不可欠なもの。競馬セブンに話を聞くと、やはり我々の想像を超える情報を独占的に入手していた。

「オークスは会心の的中でしたね。リバティアイランドの勝利はもちろんですが、ハーパーとドゥーラの激走は情報通りの結果。多くの競馬記者の方々はまったくドゥーラを評価していませんでしたが、それは仕方がない部分もあるでしょう。というのも、ドゥーラの陣営はマスコミの取材や会見に関して、本音は隠してカモフラージュしていましたから。実際にドゥーラの陣営からは

『桜花賞のマイルはちょっと忙しいし、右回りだと外に張ってしまう。オークスの左回りに替わるのも良いし、この距離も大歓迎。1頭強いのはいるが、状態は大きく上がっているし、鞍上も手の内に入れている。少なくとも桜花賞の差は大幅に縮められる。馬券圏内なら十分にあるから買っておくべきだぞ』

 との話をこっそり聞いており、絶対に押さえておくべき1頭として同馬の激走を狙っていました。マスコミの報道を見ると可もなく不可もなくといったコメントでしたが、競馬セブンはまったく異なる情報を把握していたのです。それが15番人気という低評価、そして3連複と3連単のダブル万馬券的中に繋がったといえるでしょう。

 さて注目の日本ダービーですが、今年は過去最高級の自信と手応えがあると断言します。前哨戦となる皐月賞(G1)、青葉賞(G2)、京都新聞杯(G2)を的中させていますし、何よりもオークスで推奨したドゥーラと同レベルの【隠れ穴馬】を把握しています。

 今年の日本ダービーはソールオリエンス、スキルヴィング、タスティエーラ、ファントムシーフの4強対決で盛り上がり、さらにサトノグランツ、ショウナンバシット、シーズンリッチ、ドゥラエレーデ、パクスオトマニカ、フリームファクシ、ベラジオオペラと好メンバーが揃いました。

 この中でマスコミの多くは4強に注目しており、我々が把握する【隠れ穴馬】は完全ノーマークの状況。つまりオークスのドゥーラのような人気薄穴馬の激走による波乱と万馬券が、この日本ダービーでも期待できるのです」

 オークスの結果からもわかるように、競馬セブンとマスコミの実力、情報力の差は歴然と言える。つまりこの日本ダービーで参考にすべきは、マスコミの情報や予想ではなく、競馬セブンが提供する情報なのは間違いない。

オークス15番人気3着ドゥーラの激走を見抜いた必勝の法則、JRA日本ダービーでも当てはまる穴馬の激走で波乱と万馬券の画像3
競馬セブンにとって日本ダービーは過去に何度も的中させている自信のレース

 ではどうすれば日本ダービーで競馬セブンが入手した【隠れ穴馬】の情報を知ることができるのか。その答えは容易に見つかった。なんと競馬セブンはその【隠れ穴馬】を含めた【馬連3点勝負買い目】を無料で提供すると発表したのである。

「この日本ダービーはより多くの人に注目していただき、実際に馬券を買って楽しんでもらいたいと思っています。多くの人が【隠れ穴馬】を購入してオッズが下がる懸念があるかもしれませんが、250億円以上の馬券が売れる日本ダービーでは、極端にオッズが低下することはありません。

 マスコミに情報が転載されるのを防ぐため、情報の公開はレース当日となってしまいますが、その分当日の情報や馬場状態、天候なども考慮した万全の買い目となります。ぜひこの無料情報を参考にしていただき、週末の日本ダービーを楽しんでください

 競馬ファンのみならず日本中が注目する日本ダービー。今年は4強対決、無敗の二冠馬誕生などで盛り上がっているが、必勝の法則といえる競馬セブンの無料情報によって一攫千金のチャンスがやってきた。同じレースは二度とないのだから、この大一番に参加しない手はない。

 なお競馬セブンでは日本ダービーの無料情報だけでなく、毎週さまざまな情報を無料で公開している。そのコンテンツは一見の価値ありといえるもので、社台グループ情報、馬主情報、騎手情報、トレセン情報など多彩。日本ダービー以外のレースも勝負するのなら、競馬セブンの無料コンテンツも必ずチェックしておこう。

 そして来週末にはソダシやジャックドール、セリフォス、シュネルマイスターなど10頭のG1馬が集結した安田記念(G1)が行われ、6月末にはイクイノックスの参戦が発表された、上半期のJRAを締めくくる宝塚記念(G1)も控えている。これらのビッグレースに向けても、今からしっかりと競馬セブンを使いこなしておこう。

CLICK→特別無料公開!【日本ダービー「馬連3点勝負(隠れ穴馬含む)」】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

オークス15番人気3着ドゥーラの激走を見抜いた“必勝の法則”、JRA日本ダービーでも当てはまる穴馬の激走で波乱と万馬券のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは