GJ > 競馬ニュース > ソダシ「降板」の中堅騎手が挑む2度目の日本ダービー! 姉に海外G1馬を持つ好素材で因縁の川田将雅、D.レーン斬りなるか
NEW

ソダシ「降板」の中堅騎手が挑む2度目の日本ダービー! 姉に海外G1馬を持つ好素材で因縁の川田将雅、D.レーン斬りなるか

【この記事のキーワード】, ,
ソダシ「降板」の中堅騎手が挑む2度目の日本ダービー! 姉に海外G1馬を持つ好素材で因縁の川田将雅、D.レーン斬りなるかの画像1
吉田隼人騎手 撮影:Ruriko.I

 D.レーン騎手との新コンビで14日のヴィクトリアマイル(G1)に挑み、2着に好戦したソダシ。次走に予定している安田記念(G1)では同騎手がセリフォスに騎乗予定のため、新たに川田将雅騎手とコンビを組むことが発表された。

 ソダシを手掛ける須貝尚介調教師は「使った後も変わりなくきている」と、順調さをアピールしている。前走は約半年の休み明けだった上、過去最高となる488キロの馬体重でもあった。1度使われたことで上積みが見込めるだけに、前走以上の着順も十分期待できるだろう。

 一方、この発表を受けてソダシからの降板が確定的となってしまったのが吉田隼人騎手である。

 2020年7月のデビュー戦からコンビを組み続け、G1・3勝を飾るなど同馬とは苦楽をともにしてきた。しかし、昨夏の札幌記念(G2)以降は3走連続で人気を下回る着順に敗れていたこともあってか、先日のヴィクトリアマイルでついに他のジョッキーに手綱を譲ることになってしまった。

 譲った相手であるレーン騎手は先述の通り、安田記念では既に騎乗予定馬がいた。一方の吉田隼騎手は同レースの騎乗予定馬も見当たらなかったため、一部のファンからコンビ再結成を望む声も聞かれたが、結果的に手綱が戻ってくることはなかった。

「ソダシと新コンビが決まった川田騎手は、他にもお手馬のダノンスコーピオンが安田記念にエントリーしていました。

陣営もそれは承知していたと思いますが、それでも空いている吉田隼騎手ではなく川田騎手に依頼したということは、事実上のコンビ解消ということになりそうです」(競馬誌ライター)

ソダシ「降板」の中堅騎手が挑む2度目の日本ダービー! 姉に海外G1馬を持つ好素材で因縁の川田将雅、D.レーン斬りなるかの画像2
フリームファクシ 撮影:Ruriko.I

 このままソダシからはお役御免となりそうな吉田隼騎手だが、今週末に開催される競馬の祭典・日本ダービー(G1)には、初コンビのフリームファクシ(牡3歳、栗東・須貝尚介厩舎)と挑む予定だ。

 今年のきさらぎ賞(G3)を勝っている同馬は、姉に英国のナッソーS(G1)などG1・2勝をあげたディアドラがいる良血だ。皐月賞(G1)では9着に敗れたが、手綱を務めたレーン騎手は「重馬場に脚を取られた」とレース後に話しただけに、良馬場でダービーが開催されれば見直す手もあるか。

 ちなみに同馬は、ソダシと同じ須貝厩舎の管理馬で金子真人オーナーの所有馬である。このことを考えると吉田隼騎手はソダシを乗り替わりになったものの、陣営と完全に仲違いしたというわけではなさそうだ。

 しかもフリームファクシは、ソダシの件で因縁のある川田騎手とレーン騎手がこれまで跨ってきた馬。両騎手も他の馬でダービーに参戦を予定しているだけに、吉田隼騎手としてもこの馬で2人を上回る好騎乗を見せることで陣営に対するアピールにも繋がりそうだ。

 失った信頼を取り戻すことで再びソダシに乗るチャンスも巡ってくるかもしれない。出走が確定すれば吉田隼騎手にとって2度目のダービー騎乗となる今回は、より気合いの入る一戦になりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ソダシ「降板」の中堅騎手が挑む2度目の日本ダービー! 姉に海外G1馬を持つ好素材で因縁の川田将雅、D.レーン斬りなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想