GJ > 競馬ニュース > 東京ダービー「16戦0勝」出走決定に賛否両論!?
NEW

東京ダービー「16戦0勝」出走決定に賛否両論!? JRA開放元年「異例」の挑戦を主催者サイドが歓迎するワケ

【この記事のキーワード】, ,
ダノンデサイル 撮影:Ruriko.I
日本ダービーで芝の頂点に立ったダノンデサイル 撮影:Ruriko.I

砂の3歳頂点を決める東京ダービーに16戦0勝馬が出走

 芝の3歳頂点を決める日本ダービー(G1)がダノンデサイルの勝利で幕を閉じてから10日後、今度は砂の3歳頂点を決める東京ダービー(G1)が5日に大井競馬場で開催される。

 特に今年からはJRAのトップホースが参戦と注目度もアップ。残念ながら芝の皐月賞にあたる羽田盃(G1)を勝ったアマンテビアンコこそ回避したが2着アンモシエラや、ユニコーンS(G3)の覇者ラムジェットらJRA勢の強豪に対して、イモノソーダワリデやマコトロクサノホコといった地元馬、そして6戦無敗の金沢の刺客シンメデージーら地方勢がどう立ち向かっていくのか――。ダート革命元年のダービーは、すでに歴史に残ることが決まっている戦いとも言えるだろう。

 そんな中、ファンから早くも一際注目を集めているのが、イチニチショチョウ(牡3歳、大井・嶋田幸晴厩舎)だ。

 これがデビュー17戦目と豊富なキャリアを誇るイチニチショチョウだが、なんと通算【0.4.4.8】とレースを勝った経験がない。もしも初勝利がダービーということになれば、日本だけでなく海外でも話題になりそうだ。

イチニチショチョウの挑戦が”歓迎”されるワケ

「羽田盃が8頭立てという寂しいメンバーとなったこともあって、東京ダービーもまずは出走馬が集まるのか心配されていましたが、蓋を開けてみれば16頭のフルゲートでレースを迎えることができそうです。

(未勝利馬の)イチニチショチョウの出走はファンの間でも賛否両論あると思いますが、羽田盃のこともあるので、主催者サイドからすればむしろありがたい存在だと思いますよ。レースにとってフルゲートになるということは、1つの目標でありステータス。まずは少しでも多くのファンと関係者の間でレースが盛り上がることが一番ですから。

イチニチショチョウにしても、確かに勝ち星こそありませんが2着4回、3着4回で通算16戦の3着以内率50%と相手なりに走れる馬。3月のレースでは後に東京プリンセス賞(JRAでいうオークス)を勝つフェルディナンドの2着に善戦しているように、決して大きく力の劣る馬ではありません。もちろん相手は強いですが、陣営は選択の正しさを証明したいところでしょう」(競馬記者)

 一方でSNSや掲示板などでは「笑ってしまった」「名前で買いたくなる」「イモノソーダワリ、イチニチショチョウで決まったら面白い」など、概ね好評な様子。ファンの間では、早くもその珍名ぶりが愛されているようだ。

 舞台は世代の頂点を決めるダービー。さすがに人気を集めることはなさそうだが、当然目指すは1着。今回で一気に知名度が上がったイチニチショチョウだが、「1日署長」を務めるのは6月5日になるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

東京ダービー「16戦0勝」出走決定に賛否両論!? JRA開放元年「異例」の挑戦を主催者サイドが歓迎するワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り