GJ > 競馬ニュース > ダービー2着10回の鉄人が「23馬身差」大敗の屈辱!事実上のラストチャンス「40回目ダービー騎乗」は絶望的?
NEW

ダービー2着10回の鉄人が「23馬身差」大敗の屈辱!事実上のラストチャンス「40回目ダービー騎乗」は絶望的?

【この記事のキーワード】, ,
ダービー2着10回の鉄人が「23馬身差」大敗の屈辱!事実上のラストチャンス「40回目ダービー騎乗」は絶望的?の画像1
撮影:Ruriko.I

 2020年に生まれたサラブレッド7708頭の頂点を決める日本ダービー(G1)が今週日曜に迫っている。

 今年は皐月賞(G1)を快勝したソールオリエンスを中心に、同レース1番人気3着のファントムシーフや青葉賞(G2)を優勝のスキルヴィングなど、世代王者を決めるに相応しい好メンバーがそろった。

 ダービーはダービーでも日本ダービーから10日後の6月7日に行われるのが、南関東競馬の3歳クラシック第二関門、東京ダービー(S1)である。大井競馬場のダート2000mを舞台にこれまで様々なドラマが繰り広げられ、数々の名馬が誕生してきた。

 そんな東京ダービーの出走権を懸けた最後の戦いが22日、大井のメイン11Rで行われた。レース名はその名の通り、東京ダービートライアル競走(OP)である。

 レースは断然の1番人気を背負ったナンセイホワイトが好位追走から最後の直線で抜け出すと、逃げたキングオブザナイルをクビ差とらえて勝利。2年前の東京ダービー覇者アランバローズを兄に持つ良血馬が兄弟ダービー制覇に向けて、1着馬だけに与えられる優先出走権を手中に収めた。

 ナンセイホワイトが期待に応えた一方で、勝ち馬から3秒9差、約23馬身離れた11着でゴールしたのはシテイタイケツ(牡3歳、大井・上杉昌宏厩舎)だった。

 シテイタイケツの個性的な馬名を聞いて思い出したファンもいるだろう。こちらの記事に詳しいが、同馬は昨年6月の大井でデビューすると、直線だけで先行馬をごぼう抜き。その衝撃的なレースぶりは、国内はもちろん海外でも報じられるなど、その将来が嘱望された存在だ。

 その後は中央の芝に2度挑戦するも、いずれも惨敗。昨年10月に改めて大井に戻ると2番手から抜け出す横綱相撲で危なげなく2勝目を挙げていた。しかし、レース後に骨折が判明。今回は7か月半ぶりの実戦とあって、厳しいレースになることも予想されたが、ファンは同馬を3番人気に支持した。

 骨折明けにもかかわらず、多くのファンから支持されたのは、ダートで2戦2勝と底を見せていなかったことに加え、鞍上の存在もあったかもしれない。2勝目を挙げた昨秋のレースに続き2度目のコンビを組んだのが“大井の帝王”こと66歳の大ベテラン、的場文男騎手だった。

 今年で騎手生活51年目を迎えた的場騎手。これまで東京大賞典(G1)や帝王賞(G1)など数々のビッグレースを制し、今年3月には前人未到の地方通算7400勝も達成した。

 ところが、そんな的場騎手も東京ダービーには縁がなく、過去39回の挑戦で2着が10回を数えるも未勝利。これは「大井競馬の七不思議のひとつ」としてすっかり定着している。

 悲願を達成するために勝つしかなかったトライアルで後方のまま見せ場なく敗れた的場騎手。自身40回目となる東京ダービー騎乗はほぼ絶望的となった。

「まだ来年があるじゃないか」というファンもいるだろう。しかし、来年はダート路線変革の年である。東京ダービーは、ダート競走の体系整備の影響でJRA所属馬にも門戸が開かれるため、地方馬はより厳しい状況に置かれることになる。

 的場騎手の“ダービー制覇”の夢は夢のままで終わってしまうのだろうか―――。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ダービー2着10回の鉄人が「23馬身差」大敗の屈辱!事実上のラストチャンス「40回目ダービー騎乗」は絶望的?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か