GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】「4勝27敗」でもソールオリエンスの二冠は濃厚? 33年ぶりの珍事に現実味、「内弁慶」の春G1も後押しとなるか
NEW

【日本ダービー】「4勝27敗」でもソールオリエンスの二冠は濃厚? 33年ぶりの珍事に現実味、「内弁慶」の春G1も後押しとなるか

【この記事のキーワード】, ,
【日本ダービー】「4勝27敗」でもソールオリエンスの二冠は濃厚? 33年ぶりの珍事に現実味、「内弁慶」の春G1も後押しとなるかの画像1
ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

 先週末のオークス(G1)は、最後の直線で異次元の末脚を繰り出したリバティアイランドがライバルを圧倒。昨年のスターズオンアースに続く二冠を達成し、もはや同世代の牝馬にライバルがいないことを印象付けた。このまま無事に秋を迎えることができれば、秋の牝馬三冠はほぼ手中に収めたといえそうだ。

 これに対し、今週末の日本ダービー(G1)で牡馬の春二冠を目論むのは、ソールオリエンス(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)だ。2戦2勝というキャリアで挑んだ皐月賞(G1)を4コーナー17番手の後方から突き抜けて勝利。直線だけで16頭を差し切るという離れ業に度肝を抜かれたファンも多かったはずだ。

 その一方で今春のG1は、密かに「内弁慶状態」だったことも一部で話題となった。

 実はオークスをリバティアイランドが勝利するまで、開催場所に所属している馬が全勝していたのである。以下はその一覧だ。

■上半期G1の勝ち馬と所属

フェブラリーS レモンポップ(美浦)
高松宮記念 ファストフォース(栗東)
大阪杯 ジャックドール(栗東)
桜花賞 リバティアイランド(栗東)
皐月賞 ソールオリエンス(美浦)
天皇賞・春 ジャスティンパレス(栗東)
NHKマイルC シャンパンカラー(美浦)
ヴィクトリアマイル ソングライン(美浦)
オークス リバティアイランド(栗東)

 ご覧の通り、オークスで途切れるまで関西のレースは関西馬、関東のレースは関東馬が勝利。モノが違い過ぎた怪物牝馬がこれまでの流れを一蹴してみせたが、関東馬のソールオリエンスを後押しする傾向といえる。

 ただ、過去の日本ダービーにおいて関東馬が苦戦続きだったこともまた事実だ。1992年からフルゲート18頭立てが採用されたのだが、昨年までの31年で関西馬が27勝を挙げているのに対し、関東馬はわずか4勝のみ。「西高東低」が叫ばれて久しいが、これは数字の上でも証明されている。ちなみに20頭以上で行われた最後のダービーは1991年で、この年は大外20番枠に入ったトウカイテイオーが優勝。本馬もまた関西馬だった。

 ただ少し異変が起きているとしたら、今年の日本ダービーにおける関東馬の数が優勢であることだろう。

 現在19頭が登録しており、除外対象のトーセントラムを省いても関東馬は10頭で関西馬は8頭。ダービー出走馬で関東が関西を上回ったのは、フルゲート18頭になってから初のこと。既に皐月賞で関東馬ソールオリエンスとタスティエーラがワンツーを決めたことを考えれば、日本ダービーでも再び関東馬によるワンツーがあっても不思議ではない。

 もしそうなると、アイネスフウジンが優勝して2着にメジロライアンの入った1990年以来33年ぶりの珍事となることもありそうだ。ちなみに当時は関東馬がワンツーどころかワンツースリーを3年連続で決めていた。今年のダービーでも関東馬が3着以内を独占すれば、同じく33年ぶりとなる。

 27対4という数字は苦戦をイメージさせるが、今年は皐月賞で掲示板に入った5頭中3頭が関東馬だったように「東高西低」という可能性もありそうだ。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

【日本ダービー】「4勝27敗」でもソールオリエンスの二冠は濃厚? 33年ぶりの珍事に現実味、「内弁慶」の春G1も後押しとなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想