GJ > 競馬ニュース > 【日本ダービー】7勝目狙う武豊にダブルパンチ!? 「テン乗りNGと12戦全敗」の大幅割引が痛恨…C.ルメールの“おこぼれ”騎乗も期待薄か
NEW

【日本ダービー】7勝目狙う武豊にダブルパンチ!? 「テン乗りNGと12戦全敗」の大幅割引が痛恨…C.ルメールの“おこぼれ”騎乗も期待薄か

【この記事のキーワード】, ,
【日本ダービー】7勝目狙う武豊にダブルパンチ!? 「テン乗りNGと12戦全敗」の大幅割引が痛恨…C.ルメールのおこぼれ騎乗も期待薄かの画像1
ファントムシーフ 撮影:Ruriko.I

「ファントムシーフの騎乗依頼を受けたことで、気分はガラリと変わってダービーらしく盛り上がっています」

 17日、自身のオフィシャルサイトでそう記したのは競馬界のレジェンド武豊騎手だ。

 武騎手は28日に東京競馬場で行われる第90回日本ダービー(G1)でファントムシーフ(牡3歳、栗東・西村真幸厩舎)と新コンビを結成。目指すのは昨年のドウデュースに続く、自身7度目のダービー制覇だ。

 ドウデュースとファントムシーフには吉兆といえる共通点がある。それは1番人気に支持された皐月賞(G1)で3着に敗れていたことである。実はドウデュース以外にも、スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、タニノギムレットの3頭が皐月賞で1番人気を裏切った後にダービーで巻き返しに成功している。誰よりもダービーの勝ち方を知る武騎手にとってまさに“理想の臨戦過程”といっていいだろう。

 ただし、これまでと大きく違うのが騎乗経験の有無である。

 武騎手が挙げたダービー6勝は全て継続騎乗でのもの。テン乗りどころか、前走から乗り替わっての戴冠は一度もない。

「そもそもダービーというレース自体、乗り替わりが鬼門ということは広く知られています。2年前に福永祐一騎手(現調教師)がシャフリヤールを勝利に導きましたが、騎乗は3度目でした。今回の武騎手のように全くの初騎乗でダービー制覇となると、1954年ゴールデンウエーブの岩下密政騎手が最後。70年近くもテン乗り騎手による勝利はありません。

さらにC.ルメール騎手がファントムシーフに乗っていたことも見過ごせません。皐月賞はソールオリエンスの強さだけが際立ち、2着以下の馬とは勝負付けが済んだ印象もあります。ルメール騎手は青葉賞(G2)を勝ち、ソールオリエンスと未対戦のスキルヴィングを選んだのも、そういう考え(スキルヴィングにより勝利の可能性がある)があってのことでしょう」(競馬誌ライター)

 つまり、武騎手にとってファントムシーフは、ルメール騎手がスキルヴィングを選んだため巡ってきた“おこぼれ”と言ってもいいかもしれない。

 2人はエージェント(豊沢信夫氏)が同じとあって、両者間で乗り替わりが発生するケースも少なくない。今年に入ってからルメール騎手から武騎手への乗り替わりは重賞で2度あったが、どちらも勝利を収めている(シンザン記念=ライトクオンタム、アーリントンC=オオバンブルマイ)。

【前走ルメール騎手→今回武豊騎手のG1全成績】

2022年安田記念/ファインルージュ(3番人気/5着)
2021年宝塚記念/アリストテレス(4番人気/9着)
2021年オークス/クールキャット(6番人気/14着)
2020年朝日杯FS/ドゥラモンド(5番人気/7着)
2020年日本ダービー/サトノフラッグ(4番人気/11着)
2020年ヴィクトリアマイル/コントラチェック(8番人気/14着)
2019年朝日杯FS/タイセイビジョン(2番人気/2着)
2019年高松宮記念/モズスーパーフレア(2番人気/15着)
2018年天皇賞・秋/マカヒキ(3番人気/7着)
2018年秋華賞/カンタービレ(3番人気/3着)
2017年皐月賞/ダンビュライト(12番人気/3着)
2015年エリザベス女王杯/ノボリディアーナ(9番人気/12着)

 とはいえ、上記のようにG1となると、話は別だ。過去12回の騎乗で勝利はなく、馬券に絡んだのも3回(2着1回、3着2回)だけという結果が残っている。果たして13回目となるルメール騎手からの“おこぼれ”でダービー7度目Vはなるか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【日本ダービー】7勝目狙う武豊にダブルパンチ!? 「テン乗りNGと12戦全敗」の大幅割引が痛恨…C.ルメールの“おこぼれ”騎乗も期待薄かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”