GJ > 競馬ニュース > 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー!
NEW

名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 今月からスタートしている2歳新馬戦。新種牡馬の中ではナダルがここまで3勝と、実に快調な滑り出しを決めた。

 またシスキンにサートゥルナーリア、モズアスコットといった期待の新種牡馬たちも、順調にJRA初白星を挙げていっている。

 そんな中、産駒がまだ初勝利を決められていないのがタワーオブロンドンである。

 同馬は現役時代、名門・藤沢和雄厩舎に所属していた名スプリンター。早い時期から重賞を複数勝利するなど頭角を現していたが、2019年のスプリンターズS(G1)を優勝するなど短距離戦線で活躍し種牡馬入りを果たした。

 そんなスピード自慢だったタワーオブロンドンの産駒は、ここまで勝利こそ挙げられていないものの、5戦して2着3回と決して成績が悪いわけではない。同期に後れを取っているとはいえ、そう遠くないうちに白星を掴み取るだろう。

武豊騎手とのコンビでデビュー予定のラパンチュール

ラパンチュールに騎乗予定の武豊騎手 撮影:Ruriko.I
ラパンチュールに騎乗予定の武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 特に、今週土曜の函館・芝1200mで武豊騎手とともにデビューを予定しているラパンチュール(牝2歳、美浦・蛯名正義厩舎)は、初勝利が期待できる1頭だ。

 最終追い切りでは併せ馬で同じ2歳馬を1馬身追走し、2馬身先着。跨ったレジェンドも軽快な動きを見せたパートナーに「性格が素直な馬。動きも悪くない」と上々の評価だ。武豊騎手と蛯名師の同期タッグは、新馬戦で3着内率66.6%というハイアベレージを誇っている。

「ラパンチュールは父タワーオブロンドンだけでなく、母父スピルバーグも藤沢和厩舎の管理馬ですね。スピルバーグは現役時代に天皇賞・秋(G1)を優勝。ブルードメアとしてはまだ白星を挙げられていません。

本馬を管理する蛯名師はジョッキー時代の1996年、藤沢和厩舎のバブルガムフェローで天皇賞・秋を勝利しG1初制覇。武豊騎手もダンスインザムードで桜花賞(G1)を勝つなど、藤沢和師が手掛けた有力馬に数多く騎乗してきました。

そんな2人が一昨年2月をもって定年となった名門の結晶的な配合馬といえるラパンチュールで白星を挙げられるかどうか注目です」(競馬記者)

 ちなみに武豊騎手は、ラパンチュールの母キャッツアイにも騎乗した経験がある。母は2022年に本馬を出産する際、残念ながら5歳という若さでこの世を去った。

 そのため、ラパンチュールは母の初仔にして最後の産駒となる。父に初白星をもたらすと同時に、ゆくゆくは牝馬路線で活躍する1頭となれるかどうか注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に