GJ > 競馬ニュース > 牝馬ダート路線に「遅れてきた大器」
NEW

単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

 先月の日本ダービー(G1)を9番人気で制したダノンデサイルは、今年初戦の京成杯(G3)でアーバンシックを一蹴した実力馬だったが、皐月賞(G1)で「競走除外」だったことが盲点の一つになっていた。

 そのダービーから約1か月。22日の京都競馬でも「競走除外」明けの馬が好走した。それが2R・3歳未勝利戦(ダート1800m)を制したシンコーナホチャン(牝3歳、栗東・畑端省吾厩舎)だ。

 初勝利を目指す3歳牝馬16頭によって争われた一戦で、シンコーナホチャンは単勝95.1倍の11番人気。1月の3歳新馬戦にエントリーしていたが、発走直前に右前肢跛行を発症し、競走から除外されており、今回が実質的な初陣だった。

 幻のデビュー戦から5か月半。陣営がしっかり立て直しを図り、改めて迎えた初の実戦。国分優作騎手を背にしたシンコーナホチャンは14番枠からスタートでやや立ち遅れると、ダッシュもつかず後方からの競馬を強いられた。

 最初のコーナーを過ぎたところでは逃げ馬から約20馬身、すぐ前を走る馬からも約10馬身遅れての追走で、ポツンと後方2番手を進んだ。

 レース後の国分優騎手が「気を使っていてリズムを取れなかった」と振り返ったように、レース中盤までは馬群についていくこともできない有様だった。

「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!?

 ところが、残り1000mの標識を通過した時は、先行集団から約4秒(約24馬身)遅れていたシンコーナホチャンが3コーナーから4コーナーにかけて鞍上のムチに応えて徐々に進出を開始。序盤に馬群で揉まれなかったことも功を奏したのかもしれない。

 外々を通って直線を向いた時には先頭から約10馬身差まで迫っていたシンコーナホチャン。残り200mからはもう1段ギアを上げ、まるで他馬が止まっているかのような豪脚を披露した。ゴール前は流す余裕を見せて3馬身半差の勝利。上がり3ハロン時計の37秒1は、同2位ジューンナデシコの39秒3を2秒2も上回った。

「追ってからはいい脚を使ってくれたし、能力があればこそだと思います」

 単勝オッズ95.1倍の伏兵馬の激走をそう評価した国分優騎手。粗削りながら既走馬相手に発揮した走りは将来の活躍を予感させるのに十分だった。

 今後レースを重ねて競馬を覚えていけば、さらに上のクラスで活躍してもおかしくない。牝馬ダート路線に現れた新星候補に要注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に