GJ > 競馬ニュース > 「7馬身差」大楽勝の大器、C.ルメールで連勝へ
NEW

「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ

画像はイメージ
画像はイメージ

 19日のさきたま杯(G1)は単勝1.2倍の圧倒的1番人気に応えてレモンポップが優勝。サウジC(G1)12着からの巻き返しに成功し、4つめのG1タイトルを手中に収めた。

 管理する田中博康調教師は「正直小回りコースというのは心配していたところでしたが、これだけの支持を得られて感謝しています」と、G1制覇に感無量といった様子だった。

 大本命に相応しい貫録勝ちを決めたレモンポップだが、中間の追い切りでそのレモンポップと併せ馬で互角の動きを披露していたこともあり、ネットの掲示板やSNSなどで「第2のレモンポップになれる」と期待する声を寄せられている3歳馬がいる。

 それが同じく田中博厩舎が管理するアッシュルバニパル(牡3歳、美浦・田中博康厩舎)だ。

 アロゲート産駒の同馬は、全兄に米国のG1・2勝ケイヴロックがいる良血。ここまでキャリア3戦ながら、2勝2着1回というほぼ完璧な成績。前走は東京ダート1600mの1勝クラスに出走し、単勝1.1倍の圧倒的支持を集めると、その期待通りに7馬身差の大楽勝。4角を2番手で回り最後の直線で早め先頭に立つと、メンバー最速の上がり3ハロン35秒5を繰り出したのだから後続はなす術がなかった。

勝ちタイムはラムジェットも凌駕

 しかも勝ちタイムの1分36秒2は、良馬場で行われた同コースの1勝クラスにおいて過去5年間で最速。開催時期こそ違えど、今年2月に行われた3歳オープンクラスの出世レース・ヒヤシンスS(L)の勝ち時計すらも0秒1上回っていた。

 ちなみにヒヤシンスSを勝ったのがラムジェットだ。同馬は続くユニコーンS(G3)を2馬身半差で楽勝すると、今月5日の東京ダービー(G1)でも6馬身差の圧勝劇を演じた大物だったのだから、アッシュルバニパルへの期待も必然的に大きくなる。

アッシュルバニパルに騎乗するC.ルメール騎手
アッシュルバニパルに騎乗するC.ルメール騎手

 そんな期待馬が、22日の日野特別(2勝クラス・ダート1600m)に東京で圧倒的な好成績を誇るC.ルメール騎手とのコンビで出走を予定しているのだから、注目するなというのが無理な話だ。

「(アッシュルバニパルを管理する)田中博師も『夢を持って戦っていける馬』と話すなど、相当の期待を抱いているようです。ルメール騎手と田中博厩舎の組み合わせは9日のエプソムC(G3)をレーベンスティールで制するなど、今年7戦6勝というハイアベレージ。新たな名コンビ誕生の予感もします」(競馬記者)

 ここも難なく突破すれば、10月に開催される3歳ダート三冠の最終戦、ジャパンダートクラシック(G1)も視野に入ってくるだろう。このレースには先述したラムジェットや、ケンタッキーダービー(米G1)3着フォーエバーヤングなども出走を予定している。

 今週末は宝塚記念(G1)にローシャムパークも出走を予定している田中博厩舎だが、その前に大器アッシュルバニパルがレモンポップに続くような走りを見せてくれるか注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に