GJ > 競馬ニュース > 「私は引退をするつもりはない」キャプテン渡辺の気分転換とは?
NEW

「私は引退をするつもりはない」キャプテン渡辺の気分転換とは?泣きながらステーキ食べた宝塚記念、夏競馬は「○○産駒を狙え」【徒然なる神のくず競馬トーク】

徒然なる神のくず競馬トーク
徒然なる神のくず競馬トーク

 私は昨日泣きながらステーキを食べました(笑)。はい。以前にも書いたと思いますが、負けたときこそ美味しい物を食べなければいけません。負けたときにショボイ物を食べていると、よりマイナスの気に支配されるからです。辛気臭い人間にツキは回って来ないのですよ!そうですとも!! つらい時こそ、皆さんもとびきり美味いものを食べてください!!

 さて、しつこいようですけどもう一度だけ言わせてください。いや、この先も何度も言う事になると思いますが……。宝塚記念(G1)、あの結果であの配当は安すぎる。3連複と3連単の配当は昔なら倍は付いているでしょう。何というおそろしい時代なのか!

夏競馬に向けた3つの戦略

 こんな時代に私達に出来ることは3つだけです。一つは嘆く。もう一つはとにかく予想も買い方も精度を上げる。最後の一つは引退です(笑)。私は引退をするつもりはないので、とりあえず嘆くことにしました。夏競馬は嘆いている間に終わることでしょう。

 そんな嘆きの夏競馬ですが、そういえば夏はシニスターミニスター産駒を買っておけばいいと聞いたことがあります。調べてみると、確かに夏のシニスターミニスター産駒はめちゃくちゃいいんですよね。馬鹿の一つ覚えでそういう戦略に出るのもいい。

 とにかく、夏競馬が終わる前に早めに夏競馬の傾向に気づきたいですよね。所謂「今年の夏競馬は◯◯産駒がめちゃくちゃ来るなあ」みたいなヤツ。こういう血統的な傾向は特に早めに気づいた者が大儲けチャンスを得ます。

 私にとって血統馬券の難点は、自分の中で買い材料が血統だけのときに張りづらいところ。どうしても金額は控え目になりがちです。私は少ない点数でドン!と張って儲けるタイプなので、血統穴馬券とは相性が悪い。

 自分が他の要素で買おうと思っていた馬が「血統的にもドンピシャだった!」なら張れますけど、そういう馬は血統以外の理由で人気になっていたりするものですから。血統馬券こそ、穴で獲りたいですからねえ。なかなか楽はさせてもらえません。

 「自分が他の要素で買う気満々だった馬が、血統的にもドンピシャだった上に人気も6番人気以下」この夏はこんな馬の登場を待ちます。泣きながら待ちましょう。何だったら人気は8番人気以下が望ましい。何も二桁人気とは言いません。

 とりあえず、夏競馬のスタートは恐々シニスターミニスター産駒を買うところから始めましょうかね(笑)。ああ、夏競馬といえば小倉の開催後半外差ししか来ない芝のレースとか、すごく好きです。そして新潟競馬は大好きです。当たる当たらないは置いといて、ですけど(笑)。

 楽しみになって来ました。皆さんも何か馬券的な楽しみを見つけて、夏競馬を満喫しましょう〜!

キャプテン渡辺

キャプテン渡辺

お笑い芸人。1975年10月20日生まれ、静岡県静岡市出身。A型。放送芸術学院卒業。2005年にお笑いトリオ・キラッキラーズを結成。現在はピン芸人として活躍中。土曜の競馬中継「ウイニング競馬」(テレビ東京)レギュラー。競馬予想術の粋を集めた自著「神の馬券術」(KADOKAWA)が好評発売中

【YouTube】くず競馬チャンネル

Twitter:@captain1975

「私は引退をするつもりはない」キャプテン渡辺の気分転換とは?泣きながらステーキ食べた宝塚記念、夏競馬は「○○産駒を狙え」【徒然なる神のくず競馬トーク】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体