GJ > 競馬ニュース > 武豊とベラジオオペラ彷彿の「遅咲き」が新コンビ
NEW

武豊とベラジオオペラ彷彿の「遅咲き」が新コンビ結成! 早逝のロジャーバローズに捧げる白星へ

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場 撮影:Ruriko.I
東京競馬場 撮影:Ruriko.I

ロジャーバローズが8歳の若さで他界…

 2019年の日本ダービー(G1)でダノンキングリーやサートゥルナーリアらを下し、世代の頂点に立ったロジャーバローズが25日、この世を去った。8歳という若さだった。

 現役を引退してからは種牡馬生活を送っており、初年度産駒のオーキッドロマンスが先日のパラダイスS(L)を勝ったばかり。関係者によるとロジャーバローズは1ヶ月ほど前から疝痛により入院していたが、24日夜に容体が急変。25日未明に息を引き取ったという。

 ファンの間でもSNSやネット掲示板を中心に「この若さで亡くなってしまうとは……」「これは辛すぎる」「ダービーの走りは一生忘れられない」と悲しみの声が上がっている。

 その早逝したロジャーバローズと同じ猪熊広次オーナーの所有馬、デビットバローズ(牡5歳、栗東・上村洋行厩舎)が30日、函館の巴賞(OP)に出走する。

 2歳秋にデビューし、初勝利こそ3歳5月と遅かったデビットバローズだが、そこから3連勝。その後、二桁着順に敗れるスランプも経験したものの、今年1月に3勝クラスを勝って完全復活。オープン入りを果たした遅咲きである。

デビットバローズと新コンビを組む武豊騎手 撮影:Ruriko.I
デビットバローズと新コンビを組む武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 5歳馬とはいえ、休みを挟みながら使われていることもあり、キャリアはまだ11戦。3月の大阪城S(L)で古豪ステラヴェローチェ相手にアタマ差の接戦を演じ、重賞初挑戦となった前走の新潟大賞典(G3)で4着に好走した。相手関係が楽になるオープン特別なら勝機は十分。鞍上には新コンビとなる武豊騎手を予定している。

G1馬ベラジオオペラと多くの共通点

「デビットバローズは先週終了時点で26勝をマークし、全国リーディング3位と好調の上村厩舎の管理馬。上村師といえば今春の大阪杯(G1)を制したベラジオオペラを手掛けている注目のトレーナーですね。

そのベラジオオペラとデビットバローズは同じロードカナロア産駒で中距離を中心に使われており、両馬ともに社台ファーム生産で千葉サラブレッドセール出身と、2頭には重なる部分も多いんですよ。

デビットバローズの方が1世代上になりますが、出世の妨げになっていた気性面の課題も解消しつつあり、5歳にしていよいよ本格化の兆し。夏競馬で注目の1頭となりそうです」(競馬記者)

 函館のウッドコースで行われた最終追い切りでも、デビットバローズは馬なりのまま僚馬に3馬身先着。騎乗した武豊騎手も「めちゃくちゃ乗りやすいね。いいイメージでレースに行けます」と好感触を口にしていた。

 自身初となるオープンクラスでの勝利を挙げるとともに、亡くなったロジャーバローズに捧げる白星を決めてくれることに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊とベラジオオペラ彷彿の「遅咲き」が新コンビ結成! 早逝のロジャーバローズに捧げる白星へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体