GJ > 競馬ニュース > 【東大式必勝馬券予想】
NEW

【七夕賞】29年前にリリースされた「名曲」と大器晩成フジヤマケンザンの記憶。今年の狙い目は「2戦2勝」のコース巧者【東大式必勝馬券予想】

【この記事のキーワード】, ,
【東大式必勝馬券予想】
【東大式必勝馬券予想】

夢のトリプルスリー当日にリリースされた名曲

 今週末7日は夏の福島名物レース、3歳以上ハンデ戦の七夕賞(G3・芝2000m)。今年はドンズバ!七夕当日だ。今から29年前は金曜で開催日ではなかったが、平成7年7月7日で夢のトリプルスリー!!この日にリリースされたのがスピッツの『涙がキラリ☆』。

 サビの歌詞「星を待っている二人 せつなさにキュッとなる」は、まもなく夕空に現れる織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)を待っている恋人同士で「心と心をつないでる かすかな光」は鵲(かささぎ)が渡すとされる天の川だろうか。

『ロビンソン』もドラマ『白線流し』(フジテレビ)の主題歌だった『空も飛べるはず』もすっかり懐メロとなってしまったが、皆様も今一度ネットなどで聴いておよそ30年前の恋を思い出されてはいかがだろう。

 競馬の話に戻るが、その平成7年の七夕賞を制したのが名馬フジヤマケンザン。父ラッキーキャストは内国産としては珍しく未出走で種牡馬となったが、母ワカスズランは伯父にテンポイント、兄にワカテンザンらがいる名家のお嬢様。

 初仔のフジヤマケンザンはスパルタ調教で名高い戸山為夫師の元、4歳1月にデビューし(馬齢は当時)2戦目で勝ち上がり。右前脚の骨膜炎で休養明けとなった10月の復帰戦で2勝目を挙げる。血統と素質を見込まれクラシック最終戦・菊花賞(G1)に敢然と挑戦し3着と好走。勢いあまって条件馬の身でジャパンC(G1)、有馬記念(G1)にも挑むがさすがに8着、10着と家賃は高かった。

 翌年の5歳、中日新聞杯(G3)で初重賞制覇など3勝、6歳は0勝ながら7歳にオープン特別2勝、8歳の中山記念(G2)でサクラチトセオーやホクトベガらを下し快勝し、クイーンエリザベス2世C(現G1)10着、宝塚記念(G1)11着を経て駒を進めたのがこの七夕賞。58.5キロのトップハンデが嫌われたか実績上位だったものの2番人気。1番人気を5歳のインタークレバーに譲り稍重、曇り空の下14頭のゲートは開く。

 テンジンショウグンがハナを奪いインタークレバーも先行集団、フジヤマケンザンは中団外を選択。この隊列が6ハロン続くが3コーナー過ぎ残り600mでフジヤマケンザンが仕掛け、インタークレバーも先頭へ。3、4コーナー中間で早くも人気2頭のマッチレースとなり直線に入ってもデッドヒートは続くが、酷量を問題にせず老獪フジヤマケンザンが若武者インタークレバーをねじ伏せ3/4馬身前に出たところがゴールだった。

 フジヤマケンザンはその年の冬、3度目の香港遠征を敢行、香港C(G1)の前身となる国際G2・香港国際Cを8番人気ながらレコードで快勝、1959年ハクチカラ以来36年ぶり日本馬の海外重賞(平地)優勝馬となる。9歳となった翌年も金鯱賞(G2)を制覇、宝塚記念5着を最後に国内外通算38戦12勝でターフを去った。まさに“大器晩成”のお手本のような名馬を諸兄も七夕の空を見上げ「涙がキラリ☆」とともに思い出してほしい。

 ここらで「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

 夏のローカル・小回り・ハンデ戦と荒れる要素が揃っているが、ここ10年で1~3番人気が7勝と頭は案外順当。しかし3着以内に6番人気以下が必ず突っ込み3連単は最低でも2万円台(2017年)、100万円以上が2度出ている難解なレース。首位には東大式鉄則“福島はコース適性がモノを言う”から同コース同距離の福島2000mを2戦2勝のリフレーミングを推す。

 待ったをかけるのはフェーングロッテン。同馬は3歳時ラジオNIKKEI賞(G3)を快勝しており更に鉄則“騙馬は復讐する”。ジャパンCを制したレガシーワールドもマーベラスクラウンも騙馬になってから強くなった。そして日本ダービー(G1)5着のノッキングポイント。 “弱い4歳世代”と揶揄されながらも先週はダービー6着のホウオウビスケッツが巴賞(OP)を快勝、2着ソールオリエンスと4着ベラジオオペラも先日の宝塚記念で2、3着となり逆襲の波が来ているのかも知れない。

 以上3頭を1着欄に2着は8戦連続連対中のレッドラディエンスで決まり!3着は低人気馬と決めつけ高配当を狙いたい。腐ってもセントライト記念(G2)勝ち馬のバビット、アサマノイタズラ両頭にも要注意。

 先週のラジオNIKKEI賞は2着に推したオフトレイルが勝ってしまった。「涙がキラリ☆」とならぬよう心して3連複も押さえたい。(一部敬称略)

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の元敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

【七夕賞】29年前にリリースされた「名曲」と大器晩成フジヤマケンザンの記憶。今年の狙い目は「2戦2勝」のコース巧者【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?