GJ > 競馬ニュース > 武豊、福永祐一厩舎所属「良血牝馬」とのコンビ結成は幻に?
NEW

武豊、福永祐一厩舎所属「良血牝馬」とのコンビ結成は幻に? NHKマイルC3番人気馬と日程がバッティング

【この記事のキーワード】, ,
北海道で活躍中の武豊騎手 撮影:Ruriko.I
北海道で活躍中の武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 数年前から夏競馬の拠点を北海道に置いている武豊騎手。6週にわたる函館開催に続き、今月20日に開幕する札幌開催にもほぼフル参戦する見込みだ。

 その函館開催では、横山武史騎手ら若手に交じって白熱のリーディング争いを展開中。7日はプロキオンS(G3)でヤマニンウルスに騎乗するため、いったん北海道を離れるが、最終週まで盛り上げてほしいところ。自身の口から函館リーディングを意識するコメントもたびたび出ており、楽しみは尽きない。

 そんな武騎手がこの夏初めて函館を離れたのが、2週前の宝塚記念(G1)当日だった。もちろんドウデュースに騎乗するため、京都競馬場に参戦していたのだが、同日の5R・2歳新馬も楽しみにしていたはずだ。

 同レースでは、騎手として長年しのぎを削った福永祐一調教師が手掛けるルージュレアリーズ(牝2歳、栗東・福永祐一厩舎)に騎乗を予定していた。

 祖母が女傑エアグルーヴという超がつく良血馬のルージュレアリーズだが、レースに向けた最終追い切り後に跛行を発症。デビュー戦は直前で無念の回避となってしまった。

「川田将雅騎手騎乗のエリキングが快勝したレースですね。2着に入ったサラコスティも含めて好メンバーがそろった一戦でした。ルージュレアリーズも出走していれば、上位人気に支持されていたと思います。

残念ながらデビュー戦は回避となってしまいましたが、早期治療の甲斐もあって、大事には至りませんでした。1週間も経たないうちに放牧先のノーザンファームしがらきで乗り出しているようですよ」(競馬記者)

武豊騎手とのコンビ結成は幻に?

 そしてルージュレアリーズにとって仕切り直しのデビュー戦が早くも決まったという。

「今月28日の新潟芝1600mの2歳新馬に向けて調整を進めていくようです。420kg台の小柄な牝馬だけに新潟への輸送はやや心配ですが、直線が長く軽い芝はいかにもマッチしそう。ただ、鞍上は現時点で未定となっており、武騎手とのコンビは幻となりそうです」(同)

 冒頭でも触れた通り、今夏も基本的に北海道で騎乗している武騎手。ルージュレアリーズが出走予定の28日は、札幌のクイーンS(G3)にボンドガールで参戦を予定している。

 武騎手とボンドガールは4月のニュージーランドT(G2)で初コンビを結成。2着に入り、NHKマイルC(G1)の優先出走権を獲得。本番でも3番人気に推された。しかし、最後の直線で行き場をなくす致命的な不利もあって17着に惨敗している。

 ただ、ルージュレアリーズも福永厩舎の馬だけに、いずれ騎乗する機会が巡ってきてもおかしくない。まずはルージュレアリーズが初陣を飾れるかに注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊、福永祐一厩舎所属「良血牝馬」とのコンビ結成は幻に? NHKマイルC3番人気馬と日程がバッティングのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?