GJ > 競馬ニュース > 「出禁」を噂された大物のほかにも意外な人物!?
NEW

「出禁」を噂された大物のほかにも意外な人物!?一見わからない名義の正体…昨年話題の「超大物ルーキー」が馬主業でも本気モード?

【この記事のキーワード】,

「出禁」を噂された大物のほかにも意外な人物!?一見わからない名義の正体…昨年話題の「超大物ルーキー」が馬主業でも本気モード?の画像1 8~9日の2日間にわたって苫小牧のノーザンホースパークで開催された国内最大のサラブレッドセリ市「セレクトセール2024」も無事閉幕。もはや風物詩といえそうな“札束の殴り合い”が見られたように今年も大盛況だった。

 2日間の合計で455頭が取引され、落札総額は4年連続で歴代最高を更新する289億1800万円。世間では物価の高騰と賃金の低下が嘆かれる中、セレクトセールにおいては“バブル”がまだ続いているかのような感覚である。

 また、同セールといえば常連の大物オーナーたちに交じり、見慣れない参加者の正体が注目を集めることも珍しくはない。

超大物ルーキー馬主がセレクトセールで2頭を落札

 購買者の中に昨年のセレクトセールで不評を買い、「出禁」の噂もあった人物の名前が含まれていたことも一部で話題となったが、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が初日に2頭を落札した。

 柳田選手は昨年、サラブレッド1歳市場の「セレクションセール2023」において、2日間で3頭(税別合計9200万円)を購買しており、超大物ルーキー馬主の誕生というニュースで注目を集めていた。

 実際、プロ野球出身者の馬主は、G1馬のオーナーとして有名な佐々木主浩氏を筆頭に新庄剛志氏、三浦大輔氏、吉井理人氏、田中将大氏、山本昌氏など意外と多い。柳田選手も現役引退後は精力的に動くかもしれない。

「昨年のセレクションセールから馬を買い出しましたが、今年はついにセレクトセールにも顔を出しましたね。つい先日もお忍びで函館競馬場に来場していて、愛馬のセイフウサツキの走りを見たらしいですよ。現在は怪我でリハビリ中ということもあり、マスコミやファンに見つかって、おかしな噂を拡散されても困るということで本当に近しい人にしか言ってなかったみたい。

初勝利は次回に持ち越されましたが、その足で北海道の牧場を巡ったり、セレクトセールに出る馬たちの下見をするなど、ポッと出の成り上がり馬主と違ってかなりの本気モードで取り組んでいますね。この後のセールでも見合った値段なら購買する意向のようですし、これからも注目の存在になると思います」(競馬記者)

 ちなみに柳田選手は、サントシャの2023 (牝、父キズナ)を4100万円、セットプレイの2023 (牝、父オルフェーヴル)を4800万円でそれぞれ落札した。馬主の名義は「Y’sレーシング」となっている。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「出禁」を噂された大物のほかにも意外な人物!?一見わからない名義の正体…昨年話題の「超大物ルーキー」が馬主業でも本気モード?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?