GJ > 競馬ニュース > ネクラ女医の競馬日記No.31
NEW

【ゼンノロブロイ】ヨーク競馬場に行きました。〜ネクラ女医の競馬日記No.31〜

ネクラ女医の競馬日記
ネクラ女医の競馬日記

 ヨーク競馬場は、イギリス北部のヨーク市にある、歴史の長い競馬場です。日本人にとっては、2005年にゼンノロブロイがインターナショナルS(GⅠ)に出走したことで、印象深い競馬場なのではないでしょうか。ロンドンから北へ300km、スコットランドにほど近いこの地を、スコットランドの義賊ロバート・ルイ・マクレガーの通称を冠したゼンノロブロイが駆け抜けたわけです。

ネクラ女医の競馬日記No.31
ネクラ女医の競馬日記No.31

 インターナショナルSでは惜しくも2着だったゼンノロブロイでしたが、同日、「ベストターンドアウト賞」の対象となりました。これは、「最も美しく手入れされている馬」の担当厩務員へ送られるもので、日本人厩務員が受賞したのは、当時ゼンノロブロイを担当していた厩務員・川越靖幸さんが初めてのことでした。

 漫画では「ゼンノロブロイも孤独だったのかな」なんて書きましたが、それだけ丹念な愛情を注いでくれる川越さんが一緒にいてくれたのならば、遥かな異国での挑戦も、全く寂しくなかったのかもしれませんね。

さかた

さかた

英国在住の競馬好きアラサー女医。学生時代はWINS場内スタッフのアルバイトをしながら、ウオダス世代の火花散るレースに脳を焼かれた。好きな競馬場メシは「梅屋」のモツ煮込み。鉄火場であおるビールは人生の道標。

【ゼンノロブロイ】ヨーク競馬場に行きました。〜ネクラ女医の競馬日記No.31〜のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に