GJ > 競馬ニュース > 的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…
NEW

大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

大井の帝王・的場文男騎手に騎乗変更命令…

 TCK特別区競馬組合が9日、的場文男騎手に対し「競馬開催期間外の不適切な行為により、同騎手による騎乗が競走の公正を害する恐れがある」ため、12日までの騎乗変更を命じた。

 今年9月に68歳となる「大井の帝王」こと的場文騎手といえば、今月8日の大井3Rで左膝のケガから5ヶ月ぶりに復帰。以前と変わらない豪快なフォームで3着に善戦。「久々で息切れした」と苦笑しながらも、「追い出してからも普段通りだった。明日また頑張ります」と復活を遂げたばかりだった。

 同組合は「処分委員会が調査中のため詳細はお答えできない」と説明しているが、どうやら騎手間でトラブルが発生していた様子。的場文騎手にのみ非があったとして今回の処分が下ったようだ。

 現役生活50年を超える的場文騎手だが、2017年には緊急性を要する親族との面会を目的とした外出許可願を提出して外出したものの、酒酔い状態で帰所したことにより2日間の騎乗停止処分を受けたこともある。

 今回の件もこれから真相が公になると思われるが、ジョッキー同士のトラブルということもあってか、現在とある動画が一部で話題となっているという。

大先輩の人間性を後輩騎手たちが大暴露!?

 それはYouTubeチャンネル『TCK 東京シティ競馬【公式】』が今からおよそ5年前に投稿した『【2019TCKお客様感謝デー】 ジョッキートークショー③ 的場騎手とゆかいな後輩騎手たち篇』という動画。的場文騎手、石川駿介騎手、千田洋騎手、早田功駿騎手(当時)、和田譲治騎手が登場し、概要欄には「的場騎手の人間性を後輩騎手たちが大暴露!?」とある。

 この中で若手ジョッキーたちが的場文騎手の「見習いたいところ、見習いたくないところ」を答えていくこととなるのだが、早田功騎手は見習いたくないところについて「人のコーヒーを飲んだりするところ」と回答。「冷蔵庫に入れていて減ってたら大体的場さんです」と話すと、「前に一回、オロナミンCを全部飲まれた」と過去のエピソードについて話した。

 また、石川駿騎手は「人の合羽もとるんですよ」と指摘。「雨の日の調教で人の合羽勝手に着て乗って行っちゃうんです」とクレームをつけていた。当の的場文騎手はそんなことはしないと否定するも「なんか泥棒扱いされてますね」と困り顔だった。

 その後も「半端なくケチです」などと言われていた的場文騎手だが、これらはもちろん後輩騎手たちからの大先輩に対する愛のあるイジリであり、本気で抗議していたわけではなかったかもしれない。

 見習いたい部分に関しては「貪欲さ」「後輩から愛されて素晴らしいところ」「レースでの位置取り」「ストイックなところ」などが挙がっており、騎手としてはもちろんのこと、人としても多大なリスペクトを受けていることが窺えた。

 多くの後輩ジョッキーたちから慕われるとともに、ファンからも長年愛され続けている地方のレジェンド・的場文騎手。それだけに、今回の乗り替わりを残念に思ったファンは少なくなかったのではないか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?